初心者におすすめの人気の熱帯魚を紹介!値段が安くて入手しやすく、小型水槽でも飼いやすい種類は?

今回は熱帯魚に興味を持ったけど、どんな熱帯魚をしてみたらいいのか、悩んでいる!という方向けに、おすすめの熱帯魚についてまとめてみました。

ここでは飼育がしやすくて体色が綺麗な、基本的な熱帯魚しか紹介できておりませんが、最初のきっかけになると幸いです。

初心者におすすめの熱帯魚

熱帯魚の飼育

おすすめする条件としては、なによりも体色が美しいこと。次に安価で販売量が多くて入手しやすく、小型水槽でも飼育ができ、体が丈夫で飼育しやすいことで決めさせていただきました。

それでは以下の12種類について、それぞれ紹介していきますね。

・ネオンテトラ
・カージナルテトラ
・プラティ
・アカヒレ
・コリドラス
・プレコ
・ベタ
・ラスボラ
・グッピー
・プリステラ
・グラミー
・アベニーパファー

ネオンテトラ

alt=

分布
アマゾン川
体長
3cm
販売価格
100円
水槽
30cm水槽
飼育難易度
簡単

ネオンテトラは赤色と青色が美しい小型の熱帯魚を代表する種類です。

どこのペットショップでも販売されており、1匹あたりの値段は100円以下とダントツに安いです。販売されている個体は体色が薄いことが多いですが、3ヶ月ほど飼い込むとどんどん濃く綺麗になっていきます。

その体色は水草水槽にもぴったりです。穏やかな性格をしているので、混泳させやすく、群れが好きなので群泳もおすすめです。

ネオンテトラについてはネオンテトラとは?生態と飼育方法を紹介!水槽の立ち上げ方、適している水温は?で詳しく紹介していますよ。

カージネルテトラ

カージナルテトラ

分布
ネグロ川、アマゾン川
体長
4cm
販売価格
100円~200円
水槽
30cm水槽
飼育難易度
簡単

カージナルテトラはネオンテトラに似ていますが、一回り大きく、腹部全体が赤色になっています。値段は倍ほどになりますが、より派手な体色を求めている方におすすめです。

弱酸性の水質を好んでおり、維持することで体色をさらに濃くすることが出来ます。余裕が出てきたら、流木やph調整剤を水質管理にも挑戦していきましょう。

カージナルテトラについては初心者向け、カージナルテトラの特徴と飼育方法!繁殖や稚魚の育て方、混泳相性は?で詳しく紹介していますよ。

プラティ

プラティ

分布
メキシコ
体長
5cm
販売価格
100円~200円
水槽
30cm水槽
飼育難易度
簡単

プラティはオレンジ色や黄色、白色など単色でシンプルでありながら濃くてはっきりとした色合いをしており、水槽内でも際だって目立つ存在です。しかし、水槽内をせわしなく泳ぐので、落ち着いた水槽が好きな人には向きません。

繁殖も簡単なので、飼育になれてきたら、挑戦してみましょう。寿命は1年と長くはないので、大切に飼育してあげてくださいね。

プラティについては初心者向け熱帯魚、プラティで繁殖と飼育を楽しもう!人気の種類や混泳相性は?で詳しく紹介していますよ。

アカヒレ

アカヒレ

分布
中国
体長
3cm
販売価格
50円~100円
水槽
30cm水槽
飼育難易度
簡単

アカヒレは名前の通り赤色のヒレを持っている熱帯魚です。

酸素不足や水質悪化、水温の変化に強く、暖かい時期にはコップで飼育することもできるほどです。

値段は安いですが、長く飼育するほど発色が良くなり、健康的に育ったアカヒレは見違えるようになります。安価な熱帯魚を極限まで美しくするのは、とっても楽しいですよ。

アカヒレについてはアカヒレ(コッピー)とは?特徴と飼育方法を紹介!産卵や繁殖方法は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

コリドラス

コリドラス

分布
アマゾン川
体長
4cm
販売価格
100円~500円
水槽
30cm水槽
飼育難易度
簡単

コリドラスは水底に生息しており、餌の食べ残しを処理してくれので、混泳水槽の掃除役として人気の熱帯魚です。

主役となるカラフルな熱帯魚の邪魔もしないので、脇役として飼育されることが多いですが、観賞魚としてのコリドラスは数百種類もあり、コリドラスマニアも数多くいらっしゃいます。

餌を探して、底砂に口先を突っ込みながら、左右に動かしている姿はとってもかわいいですよ。

コリドラスについてはコリドラスの特徴と飼育方法!水槽の選び方や寿命、初心者でも繁殖できる?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

プレコ

プレコ

分布
南米
体長
7cm~50cm
販売価格
500円~3,000円
水槽
45cm水槽
飼育難易度
簡単

プレコは鋭い歯で流木や石、ガラス面に付着しているコケを食べてくれる熱帯魚です。種類数が豊富で体の大きさは様々ですが、小型水槽向けに5cm程度の小さなプレコもいますよ。

熱帯魚の水槽ではコケが発生しやすく、コケ取り能力がかなり高いので、重宝されています。

プレコについてはプレコってどんな熱帯魚?全9種類の生態と飼育方法を紹介!適している水温や寿命、混泳の注意点は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ベタ

ベタ

分布
タイ、インド
体長
7cm
販売価格
500円~3,000円
水槽
30cm水槽
飼育難易度
簡単

ベタはエラ以外にも補助呼吸器官を持っており、これで肺呼吸が出来るので、酸欠に強いです。

品種改良が盛んで美しい体色の種類が多く、ヒレも長く伸張するので、とても鑑賞価値が高い熱帯魚です。

雄同士を並べることでヒレを広げて威嚇をしあう姿はとても綺麗で、ベタ専用のコレクションケースなど小型水槽でインテリアとして飼育するのが人気です。

ベタについてはおしゃれなインテリア!熱帯魚ベタの特徴と飼い方!値段や寿命はどのくらい?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ラスボラ

ラスボラ

分布
東南アジア
体長
3cm~4cm
販売価格
100円~300円
水槽
30cm水槽
飼育難易度
普通

ラスボラはネオンテトラなどの小型カラシンには人気でおされています。

ペットショップで販売されている個体は体色の薄い個体が多く綺麗とは言いがたいですが、飼い込むことで色が濃く、長く大切に飼育していきたい人におすすめです。

ミクロラスボラハナビなど体色にきめ細かい黄色のスポット模様がある種類もおり、模様の美しさも楽しむことが出来ますよ。

体が小さい分、環境の変化には弱く、水温や水質の変化に注意してください。

ラスボラについては初心者向け、ラスボラの全6種類の特徴と飼育方法!混泳相性や繁殖方法は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

グッピー

グッピー

分布
南米
体長
5cm
販売価格
200円~1,000円
水槽
45cm水槽
飼育難易度
簡単

グッピーはもっとも飼育されている熱帯魚で、熱帯魚の飼育はグッピーに始まりグッピーに終わるとも言われるほどです。

最初は体の丈夫さと美しさから飼育を始め、一通りの熱帯魚を経験した後に、自分だけのオリジナルの品種を作りたくてグッピーに戻ってくるといういう話です。

熱帯魚を飼育する楽しさから、繁殖をさせ、稚魚を育てる楽しみまで一通りを経験することが出来ます。逆に増えすぎて困るケースもあるほど・・

グッピーについてはグッピーの飼育で大切なこと!飼育のコツや楽しみ方を詳しく紹介します!で詳しく紹介していますよ。

プリステラ

プリステラ

分布
ブラジル
体長
4cm
販売価格
200円~500円
水槽
30cm水槽
飼育難易度
簡単

プリステラはヒレにある黄色と黒色のアクセントが綺麗な熱帯魚です。

強く主張してくる見た目ではなく、ネオンテトラだけでは寂しいという時に、引き立て役として人気があります。

プリステラについてはプリステラの全5種類の特徴と飼育方法!繁殖の注意点や混泳相性、おすすめの水草は?で詳しく紹介していますよ。

グラミー

グラミー

分布
東南アジア
体長
4cm~6cm
販売価格
500円~1,000円
水槽
45cm水槽
飼育難易度
普通

グラミーは体が平らで、長くピンとしたヒレが特徴的な熱帯魚です。

大人しい性格をしており、小型熱帯魚よりも一回りだけ大きな種類が欲しいな~と思う時期に選ばれることが多いです。

体色や模様のバリエーションが豊富なので、さまざまな種類からお気に入りの一匹を見つけることが出来ますよ。

グラミーについては熱帯魚、グラミーの特徴と飼育方法!人気の6種類と混泳相性、おすすめの餌は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

アベニーパファー

アベニーパファー

分布
インド南西部
体長
4cm
販売価格
300円~500円
水槽
30cm水槽
飼育難易度
普通

アベニーパファーは世界最小の淡水フグとして人気があります。フグ特有のヒレをぱたぱたとしながらスーッと優雅に泳ぎ回る姿がとてもかわいいですよ。

偏食家で冷凍アカムシしか食べない個体が多く、気性が荒いので混泳向きではないのがデメリットです。

アベニーパファーについてはアベニーパファーの特徴と飼育方法!混泳できる魚や繁殖、水槽の立ち上げ方法は?で詳しく紹介していますよ。

基本的な熱帯魚の飼育方法

熱帯魚の飼育

飼育に必要なもの

熱帯魚の飼育には以下のものが必要になってきます。初心者の方は全てがセットになっている初心者向けセットなどもおすすめです。初期費用では1万円もあれば十分ですよ。

・水槽
・蛍光灯
・ろ過フィルター
・水槽の蓋
・底砂
・流木、石
・バケツ
・ホースホース
・網

水換え

熱帯魚の飼育で最も大切なのが水換えです。

水槽などの狭い環境ではフンなどの有害物質が蓄積されやすく、新鮮な水に交換しないとすぐに住めない環境になってしまいます。

水槽を立ち上げたばかりの頃は水質が安定しないので、毎週1回は水を交換して、1ヶ月ほどたったら2週間に1回まで減らしても良いですよ。

販売場所

熱帯魚はホームセンターや熱帯魚専門店、ネット通販で購入することが出来ます。

熱帯魚専門店は販売数が多いので、健康的な個体を選びつつも、安価に入手することが可能です。

珍しい種類を求めているときはネット通販がおすすめです。実際に見てから購入することは出来ませんが、最近では生体管理もしっかりとされており、安心して購入できるようになってきました。

おすすめの餌

熱帯魚の餌は栄養価が高い熱帯魚専用の人工飼料を使いましょう。

100均で販売されているメダカの餌も食べてはくれますが、栄養価が不足しているので短命になったり、発色が悪くなってしまいます。

餌のバリエーションを増やして、たくさんの餌を食べさせ、健康的に育ててくださいね。

スポンサーリンク

初心者におすすめの熱帯魚についてまとめ

熱帯魚の飼育

今回は安価で飼育しやすい、初心者におすすめの熱帯魚について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

飼育がしやすいと言っても、体が小さいので、水温の変化をさせない、酸素を供給するなど基本的なことを守らなければすぐに死んでしまうことも珍しくありません。

基本をしっかりとおさえた上で飼育に挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク