飼育水づくり

アクアリウム水槽の立ち上げ方!手順や流れ、早くするコツを紹介します。

2018年7月19日

水槽の立ち上げは水をいれればいいというものではなく、きちんとコツを掴んでおかないと、せっかく購入して来た魚が1週間もしないうちに死んでしまうということが起こります。熱帯魚に限らず、金魚やメダカなど初心者向けと言われている魚を飼育する時にも知っておいてほしい内容です。

それでは水槽の立ち上げ方法を詳しく紹介していきますね。

水槽の立ち上げのポイント

水槽の立ち上げ

水槽の立ち上げで最も重要なポイントは魚が住める環境を作ってあげることです。水槽の環境は自然とは大きく異なるため、なるべく近づけるための努力が必要です。意識しておいてほしいのは以下の3つです。

酸素を供給する

意外にも多いのが酸素不足です。フィルターは1つあればいいというわけではなく、飼育数を増やしすぎることで、エアレーションの酸素供給量が不足することが多々あります。

水質と水温を維持する

魚も人間と同じように気温差が激しいと風邪をひいたり体調が悪くなってしまいます。また空気が悪い場所では気分が悪くなったり病気にかかったりしますよね。魚も同様に安定して水質を維持する必要があります。

日々のメンテナンスを簡単にする

水質を維持していくためには水槽の掃除や水の交換が欠かせません。水換えをしやすいように水槽の置き場所は水道に近かったり、専用の道具を揃えて負担を軽くしておくことが大切です。

水槽の立ち上げに必要な器具

熱帯魚の飼育に必要となる基本的な器具を紹介します。水槽の立ち上げ前に準備しておきましょう。

水槽

水槽

熱帯魚の飼育では市販のアクリル水槽やガラス水槽を使います。ガラス水槽は透明度が高くて傷がつきにくいので鑑賞に優れています。最近ではインテリア重視のフレーム無しタイプや球形の水槽が販売されています。

基本的には水量が多いほど水質の水温の変化が小さくなるので、飼育が簡単になるため、可能な限り大きい水槽を選んでください。

メダカや金魚など日本の四季に適応した魚であれば、プラケースや金魚鉢でも飼育できますが、熱帯魚は水温の変化に敏感なので、専用のガラス水槽を用意してあげてくださいね。

ろ過フィルター

フィルター

ろ過フィルターは酸素の供給やゴミの除去、水の流れを作ることで淀みをなくす役割があります。

飼育数が多かったり水槽が大きい時には比例して大きなフィルターを用意してあげましょう。45cm以下なら外部式フィルター、90cm以下なら上部式フィルター、それ以上ならオーバーフロー式がおすすめです。

飼育が簡単な熱帯魚であればこだわらなくてもいいですが、水質に敏感な熱帯魚だと水質維持のためにワンランク上のフィルターを選んだり、サブで追加することがあります。

保温器具

熱帯魚は熱帯に生息している魚ですので、冬にはヒーターをつける必要があります。

飼育する熱帯魚によって設定温度の細かな調整が必要なため、汎用性が高い温度調整機能をもったヒーターがおすすめです。魚が火傷しないように安全カバーがついたものがあるといいですよ。

水槽の蓋

水槽の蓋は魚の飛び出しやホコリの侵入、水の蒸発を防ぐ役割があります。隙間なく蓋をできるように、ぴったりのものを選びましょう。

水温計

水温計

水温計は水温を計測するために使います。

魚の体調が悪くなる大きな原因として水温と水質の変化があり、それを迅速に察知する必要があります。毎日欠かさずにチェックしましょう。

蛍光灯

蛍光灯は鑑賞用だけではなく、水草の成長や熱帯魚の発色をよくするためにも大切です。

1日8時間以上を目安に、決めた時間に点灯、消灯をすることで魚の体調をよくして、コケの発生を防ぐことができます。魚だけの水槽だと1灯式、水草水槽では光量が強い2灯式を選びます。

水槽の立ち上げの手順

器具が揃ってきたらいよいよ水槽の立ち上げです。魚を購入する前に立ち上げておくことで、導入してからの生存率が大きく変わりますよ。

詳しく手順を紹介していきますね。

1.水槽の設置場所を決める

水槽の置き場所を決めるときは、電源が近くにあるか、水槽の重さに耐えられるか、水道が近くにあるか、土台は安定しているかが大切になります。

特に水を入れた水槽はそれなりの重量になります。30cm水槽で重さ25kg、45cm水槽で重さ40kg、60cm水槽で重さ60kg、90cm水槽で重さ200kg程度になります。水槽を置く台や床の耐荷重は事前に確認しておきましょう。

2.水槽をセットする

水槽を簡単に水洗いして、タオルで拭き、水槽台の上に置きます。

3.底砂をひいて、石や流木をおく

砂にはゴミが入っていることが多いため、一度バケツにいれて水道水でゴミが出なくなるまで洗い流します。その後水槽に底砂を入れます。砂の量は2〜4cmが目安です。

4.ろ過フィルターをセットする

フィルターにバクテリア繁殖用のろ材をいれて水槽に取り付けます。kの時に水槽の隅においたり、電源コードをすっきりさせておくことで見た目も綺麗になります。

5.水を入れる

カルキ抜き剤で水道水のカルキを抜いて、レイアウトを崩さないように水槽にゆっくりといれていきます。水を入れ終えたらヒーターを設置しましょう。

水道水のカルキについてはカルキ(塩素)とは?水槽飼育に必要な水道水のカルキ抜きの方法を紹介!かかる時間は?で詳しく紹介しています。

6.器具の電源を入れる

ろ過フィルター、蛍光灯、ヒーターを稼働させます。この時に濾過フィルターから水漏れしていないか確認してください。ヒーターは空気中で電源を入れると発火する危険性があるため、必ず水につけてから電源を入れてくださいね。

7.濁りが取れるまで待つ

最初は水草や砂、フィルターに含まれているゴミが水中をまっており、水が白く濁りますが、2時間ほどフィルターを回しておけば落ち着いて透明な水にかわります。早く綺麗にしたいときは、フィルターのスポンジを細かいものに交換するか、水を半分ほど変えてください。水はゆっくり入れてくださいね。

綺麗になった後に砂を掘り返すとまたゴミが舞って白く濁るので注意しましょう。

8.水槽に魚を入れる

水の濁りが取れたら魚を入れることができます。最初は2〜3匹程度におさえて、徐々に飼育数を増やしていきます。

水槽立ち上げで最も注意してほしいこと

プラティ

立ち上げた水槽に魚をいれたときに、1週間もしないうちに魚が死んでしまうことがあります。原因の一つとして立ち上げたばかりの水槽にはバクテリアが十分におらず、急激に水質の悪化が進むからです。

通常、魚を飼育しているとフンや餌の食べ残し、死骸などから魚にとって有害なアンモニアが発生します。バクテリアには2種類いて、アンモニアを害の少ない亜硝酸に分解するバクテリアと亜硝酸を無害な硝酸塩に分解するバクテリアがいます。

この2つのバクテリアがいないと有害なアンモニアがたまり続けるので、水槽の水はまたたくまに魚が生活できない環境になってしまいます。

ちなみに水草はバクテリアとは関わりが少ないので、いついれても問題ありません。水をいれてすぐに植えてしまってもいいですよ。

バクテリアの増やし方

ネオンテトラ

バクテリアは魚のフンや餌の食べ残しを餌にして自然と増えていきます。ですので、バクテリアを増やすためには実際に魚を飼育する必要があります。しかし、バクテリアがいない水槽は水質悪化がはやいため、普通の熱帯魚は生活できません。

立ち上げたばかりの水槽でバクテリアを増やす方法は2つあります。

1つは別の水槽でバクテリアが生息しているフィルターのろ材や底砂、飼育水を新しい水槽にもってくることです。2つめはバクテリアを繁殖させるために、本命の魚を入れる前に、パイロットフィッシュとしてネオンテトラなどの安価で丈夫な魚を実際に飼育することです。

パイロットフィッシュについてはパイロットフィッシュとは?おすすめの魚や入れるタイミング、期間はどのくらい?で詳しく紹介しています。

どちらにせよ最初は飼育数と餌の量を減らしてフンが大量に溜まるのを防ぎつつ、水換えの頻度を週に2回、1/3ほど行うことで、新鮮な水を維持します。そうすることで自然とバクテリアがたまっていきますよ。

生体を投入するタイミング

生体を投入できるタイミングは、バクテリアの数が十分になっていると判断できる、亜硝酸を計測して、0になっていることを確認してからです。

しかし、亜硝酸計測器は1,500円ほどするので、購入する人は少ないかと思います。その時の目安としてパイロットフィッシュを飼育し初めてから1ヶ月が生体を投入していいタイミングとなります。

1ヶ月経過しても、多くの飼育数に対応できるほどバクテリアはいませんので、1週間に2〜3匹ずつ丈夫な魚から増やしていくのがベストです。

水槽の立ち上げについてまとめ

レインボーフィッシュ

私も最初は購入してきた熱帯魚が次々に死んでしまうということを経験しており、知識不足で申し訳ないことをしてしまったと反省しています。

原因がバクテリアの数が不足しているということを知ってから、最初の導入で死んでしまうことはほとんどなくなりました。魚をすぐに飼育したい!という気持ちをぐっと抑えて、いい環境を作るためにしっかりと準備してあげてくださいね。

    -飼育水づくり

    Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.