グッピーの飼育で大切なこと!飼育のコツや楽しみ方を詳しく紹介します!

熱帯魚の飼育はグッピーに始まり、グッピーに終わると言われています。熱帯魚を初めて飼育する多くの人は最初にグッピーを飼育し、いろいろな経験をしてからグッピーに帰ってくるということです。それほどにグッピーは飼育が簡単でありながら、奥深い魅力をもっている熱帯魚と言えるでしょう。

今回はそんなグッピーの飼育を楽しんでもらえるように、基本となる飼育方法を詳しく紹介していきます。

グッピーってどんな魚なの?

グッピー
グッピーはネオンテトラやエンゼルフィッシュに並ぶ、熱帯魚の代表種といわれている種類です。

卵胎生メダカの仲間で、子供を卵ではなく直接産むのが特徴です。このため繁殖が容易になり、世代交代も早いので、品種改良が積極的に行われるようになりました。

生み出された品種は数知れず、熱帯魚の中でも圧倒的な数を誇っています。その体色や模様の美しさは追求してもしきれることはありません。

このように様々な楽しみ方ができるので、鑑賞をする人、繁殖に挑戦する人、品種改良をする人、コンテストに出品する人など、多くの人を魅了している熱帯魚です。

グッピーの飼育の楽しみ方、魅力は?

まずグッピーはその見た目の美しさが他の魚と比較しても群を抜いています。カラーバリエーションが豊富でハッとするように鮮やかな原色やメタリックな輝くき、色のコントラスト、漆黒など美しい体色の種類がたくさんいます。また色の良さを引き出す模様も魅力的です。

もともと美しいグッピーがブリーダーの手によってさらに魅力的になるように品種改良が続けられています。

次に繁殖する楽しみがあります。グッピーは繁殖力が高く、元気に育った親がいれば簡単に子供を産んでくれるようになります。稚魚を成長させていく喜びは熱帯魚飼育の醍醐味ともいえるでしょう。

スポンサーリンク

国産グッピー、外国産グッピーってなにが違うの?

グッピー

国産グッピー

日本国内で選別と繁殖が繰り返されたグッピーで、非常に美しい種類が多いです。異形が生まれやすくなる同血統で繁殖を繰り返さないように管理されており、血統の品質も担保されています。品種もしっかりと固定されているので、子供が親と同じ姿で生まれてきてくれますよ。

外国産グッピー

東南アジアで大量に養殖され、輸入されてくるグッピーのことです。日本で多く流通しているのはこちらの種類です。価格が安く、派手な色彩をもっていて綺麗ですが、品種の固定がされていないので、親魚と異なる体色の子供が生まれてくることがよくあります。別種を掛け合わせているので、ミックスグッピーとも呼ばれています。

ワイルドグッピー

グッピーの原産地である南米のギアナ、ベネズエラ、トリニダード島の野生種がまれに輸入されることがあります。養殖された個体よりも水槽飼育に慣れていないので水質にうるさくなります。体が大きくで体色に深みを増すことが多いです。とても珍しいので、改良品種や交雑を行わずに大切に育ててあげてくださいね。

グッピーの名前はどうやって決めているの?

グッピーの名前は体色や尾びれ、模様などのバリエーションの組み合わせで決定しています。メジャーな組み合わせもありますし、なかなか見ることができない珍しい組み合わせも存在しています。

●体色のバリエーション
ノーマル、イエロー、レッド、ゴールデン、アルビノ(ルチノー)、リアルレッドアイアルビノ、タイガー、ブラオ(ブルー)、ヴァイス(ホワイト)、スーパーホワイト、プラチナ、メタリック、アクアマリン(ジャパンブルー)、メタル

●尾びれのバリエーション
ファンテール、ライアーテール(レース系)、ライアーテール(ソード系)、ダブルソード、トップソード、ラウンドテール、ピンテール、スピアテール

●各ヒレのバリエーション
リボン、スワロー、スーパーセルフィン、ロングフィン、ワイルドフォーム

●模様のバリエーション
モザイク、グラス、タキシード、コブラ、オールドファッション、タイガー、ソリッド

グッピーで人気の種類は?

ドイツ・イエロー・タキシード

分布:改良品種(ドイツ) 体長:5cm
販売価格:500円~2,000円程度
1969年にドイツから輸入された品種で、その色調が特徴的です。胸ビレから尾びれの付け根まで体の3/4が紺一色になっており、背びれと尾びれが絹を思わせるような白と黄色の中間といえる上品な色合いになっています。

アルビノ・レッドテール

分布:改良品種(日本) 体長:5cm
販売価格:500円~2,000円程度
外国産のゴールデンレッドテールからアルビノが強い個体と交配を繰り返して国産化しました。胴体は薄いオレンジで、尾びれに向かってはっきりとしたオレンジ色になっていきます。アルビノ特有の色素が抜けた白っぽさが人気です。

ブルーグラス

分布:改良品種(日本) 体長:5cm
販売価格:500円~2,000円程度
10年ほど前に作られてから、人気ランキング3位を維持している人気種です。尾びれにはブルーの地色に黒点が敷き詰められており、ここが均一なほど上質な魚とされています。体はメタリックに輝き、濃い紺色が入っています。

グッピーの飼育に必要なもの

グッピーの飼育には水槽や保温器具、照明、エアレーションが必要になってきます。他にも見た目をよくするために水草や流木、砂利をおくといいです。

水槽や飼育器具は、飼育の目的によって変わってきますので、どのように楽しんでいきたいか選ぶ必要があります。

最近ではオースドックスな飼育セットだけではなく、インテリアに向いているおしゃれな水槽や照明も出てきているので、選ぶのがとても楽しくなりました。

グッピーの飼育に必要な道具は?

水槽の蓋

水の蒸発を防いだり、ゴミがはいるのを防ぎます。グッピーの飛び出しも予防できますよ。

あみ

あみ
グッピーをすくう時に使います。体を傷つけないように柔らかくて網目が細かいものを選びましょう。

ホース

ホース
水換えの時に使います。水換え専用のホースを使うと、水を吸い込む力が弱く調整されているので、砂を吸い込むことなく、砂中のゴミがとれますよ。

バケツ

水槽の水をバケツに捨てたり、バケツで新しい飼育水をつくったりします。この作業は同時に行うことが多いので2つあると便利です。水槽の同じ容量の水が入るものを用意しましょう。

コケ掃除用スポンジ

コケ掃除用スポンジ
手を水に濡らすと手間なので、取って付きがおすすめです。水槽のガラス面に付着したコケを掃除しましょう。

グッピーに適している水温と水質

グッピーの飼育が簡単といわれる理由の一つは水質の適応力が高いことです。多少水質が悪化しても元気に泳ぎ回っていることが多いです。

しかし、水が悪くなると体色の艶がなくなり、本来の美しさを引き出すことができません。水について重要なポイントを紹介していきます。

適している水温

適温は22度〜25度になります。最低の水温は15度でなので冬はヒーターをいれてあげます。ヒーターなしで飼育することはできません。

耐えられる最高の水温は30度です。夏は涼しい場所に置いて、冷却ファンを用意してください。他にも照明の高さをあげたり、水槽を大きくすることで温度を下げることができます。コップでの飼育はやめておきましょう。

水質

適している水質は外国産グッピーだと中性〜弱アルカリ性、国産グッピーだと弱酸性〜中性になります。しかし、適応力が高いのであまり気にする必要はありません。適正な水質を保つと元気になって発色が良くなったりしますので、余裕があれば合わせてあげてください。

グッピーの値段と販売場所は?

グッピー
外国産グッピーの値段は安く、200円〜300円前後で販売されています。ミックスグッピーという多種の品種を掛け合わせているため、様々な色が混ざっている種類です。輸入量も多いので、ホームセンターなど多くの場所で見つけることができます。

国産グッピーは基本的にはペアで販売されており、1,500円〜6,000円くらいの種類が多いです。こちらは熱帯魚専門店やネット通販で探すといいですよ。

グッピーにおすすめの餌は?

テトラミン
グッピーは餌の好き嫌いがなく、どのような餌でもしっかりと食べてくれます。

おすすめの餌は熱帯魚専用餌のテトラミンやおとひめ、グッピー用の人工飼料などです。メダカの餌も食べてくれますが、栄養価が低いのでメイン餌としては力不足です。

たくさん食べてくれるからといって、餌のあげすぎには注意しましょう。食べ過ぎると短命になってしまいます。餌の回数は1回2回、1〜2分ほどで食べきれる量を与えてください。

旅行中はどうする?

成魚であれば1週間は餌をあげなくても大丈夫です。必要な餌の量を減らすために、水温を22度くらいまで落としておきましょう。

水草をたくさん入れておけば、餌になる微生物が発生しやすくなります。餌不足になると稚魚を食べてしまうので、注意してください。

グッピーの繁殖方法は?

グッピー
グッピーは繁殖がとても簡単な熱帯魚です。健康な親魚をペアで混泳をさせていれば1ヶ月もしないうちに稚魚が水槽内を泳ぎ回る姿を観察できますよ。

稚魚は食べられてしまうことがあるので、専用の産卵箱を使うか、隠れ家になる水草をたくさん植えてあげましょう。

グッピーの稚魚の育て方

グッピーの飼育
グッピーの稚魚は生まれて数時間で泳ぎ始めるので、すぐに餌をあげてください。餌は親魚のものを小さくすりつぶしたもので大丈夫です。

生後3ヶ月で成魚になって繁殖できるようになりますよ。

グッピーと混泳できる魚は?

コリドラス
グッピーは温和な性格で多くの小型熱帯魚と混泳が可能です。

グッピーがメインになると思うので、生活スペースが異なるオトシンクルスやコリドラス、ヤマトヌマエビなどがおすすめです。

グッピーはどんな病気にかかるの?治療方法は?

グッピーの病気で代表的なものはカラムナリス病と白点病です。

カラムナリス病

カラムナリス菌の寄生によって口腐れ、えら腐れを引き起こします。水質が悪化することで、菌が発生して病気にかかります。症状を確認したらすぐに全換水を行いましょう。病気の個体は別の水槽に隔離して規定量のメチレンブルーで薬浴しましょう。

白点病

白点病は繊毛虫の一種が寄生して発生する病気で体表やヒレに小さな白点が発生します。購入して1週間ほどはかかりやすいので、注意して観察しましょう。発症した個体は別の水槽に隔離してメチレンブルーで薬浴してくださいね。

メダカと同じ病気にかかることがあるので、こちらで詳しく紹介しています。

グッピーの寿命はどれくらい?

グッピーの寿命は1年〜2年と言われています。生後3ヶ月で成魚になり、ほとんどのグッピーは成魚で販売されています。

飼育状況でも変わり、輸入状況が悪い外国産のグッピーだと半年くらいで死んでしまうこともあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク