熱帯魚

スマトラとはどんな熱帯魚なの?特徴や飼育方法、混泳、種類、寿命について紹介!

2018年5月28日

スマトラは黒と白のストライプがはっきりと出ており、ヒレと鼻先が赤色になるとても綺麗な熱帯魚です。その美しさとは裏腹に、気性の荒い性格で、他の魚を攻撃することがよくあります。

今回はそんなスマトラについて生態や特徴、寿命、繁殖、種類、混泳相性など詳しい飼育方法について紹介していきます。

スマトラってどんな熱帯魚なの?

熱帯魚スマトラの飼育

スマトラは東南アジアのスマトラ島、ボルネオ島に生息している熱帯魚です。

コンスタントに日本に輸入されており、グッピーやネオンテトラに並ぶ代表的な魚です。元気な個体は4本の黒帯と赤いヒレと鼻先が綺麗に発色しており、とても美しいですよ。

気性が荒いことで有名な魚で、混泳相手の大きさに関わらず、ヒレをかじりにいく攻撃性を持っています。ヒレが長いグッピーの天敵とも言える熱帯魚でしょう。

混泳が難しい魚ではありますが、水草をたくさん植えた水槽で、スマトラを群泳させるととても見応えのあるレイアウトになりますよ。

成長スピードと体の大きさ

スマトラは最大で6cmの大きさになる小型の熱帯魚です。

たくさん餌を食べるので、他の小型熱帯魚よりも成長が早く、1年で成魚になり4cmほどの大きさになります。そこからの成長は遅く、1年で1cmづつ成長します。

寿命

スマトラの寿命は平均して3年〜5年です。小型の熱帯魚にしては長い方なので、注意が必要です。

スマトラの種類

スマトラはカラーバリエーションが豊富で基本種も合わると計3つの種類がいます。

グリーンスマトラ

全身が暗緑色に輝き、ヒレ先に赤みをのこしたスマトラです。スマトラのしましま模様はなく、地味な印象をうけるとともに、赤みが強調される色合いをしています。

アルビノスマトラ

スマトラの黒帯のところが白くなっている種類です。こちらも鼻先とヒレ先が赤くなっており、とても綺麗です。ショップでは白スマトラの名前で販売されていることが多いです。

スマトラの飼育方法について

熱帯魚スマトラの飼育

スマトラは体が丈夫なので、初心者にも飼育しやすい熱帯魚です。

スマトラ水槽の立ち上げ方

スマトラの水槽立ち上げの注意点は、立ち上げたばかりの水槽へすぐにたくさんのスマトラをいれないことです。最初はフンなどの有害物質を無害なものに分解するバクテリアがいないため、すぐに水が悪くなります。

最初は少数で飼育してバクテリアの数を増やし、水質が安定する状態まで待ちましょう。

水槽立ち上げの手順

  1. 水槽の置き場所を決める
  2. フィルター、照明、底砂、ヒーターをセットする
  3. カルキを抜いた水をゆっくり入れる
  4. 流木、水草、石組みをしていく
  5. フィルターを稼働させて水の濁りを取る
  6. スマトラを1匹購入してきて入れる
  7. 1ヶ月飼育する
  8. スマトラの数を徐々に増やしていく

水槽のレイアウト

ミクロソリウム

スマトラは小型熱帯魚なので単独飼育では物足りなく、10匹以上で群泳するのがおすすめです。飼育数が3匹以下だと喧嘩になりやすいので、最低でも6匹以上で飼育してあげてください。

同種同士でも喧嘩しやすいため、隠れ家になる水草や流木を多めに入れてあげましょう。

水草は育成が簡単なアヌビアスナナ、ミクロソリウム、アマゾンソードプラントなど植えておくといいですよ。

適した水温、水質、水換えの頻度は?

スマトラに適した水温は22度〜27度を好む熱帯魚ですので、冬場にはヒーターが必要になります。

水質の適応範囲はかなり広く、ph5.0〜7.5までいけるので、他の熱帯魚が弱っていく環境でも元気に泳いでいることがあります。弱酸性を好むので、少し古い水をつかってあげると元気になってくれますよ。弱酸性を保っていると、銀色の輝きが強くなり非常に綺麗な魚になってくれます。

水換えは週に1回、1/4ほど行ってあげましょう。

おすすめの餌は?

スマトラは雑食性で好き嫌いが少ないので、魚用の餌であればだいたい食べてくれます。

メダカや金魚の餌でもいいですが、栄養価の高い熱帯魚専用の餌をあると健康になって発色も良くなります。餌はテトラミンなどの安価な熱帯魚専用の人工飼料をあげましょう。

オレンジ色の発色を強くしたい時は、ディスカスフードやクリルなどがおすすめです。

餌の量は1日に2回、1〜2分程度で食べきれる量を与えてくださいね。泳ぐのが早く餌をどんどん食べていくので、餌をあげすぎないように注意しておきましょう。

かかりやすい病気

スマトラ丈夫な熱帯魚なので、あまり病気にはかかりませんが、導入して1ヶ月は白点病にかかることがあります。

白点病とは体中が白い点々で覆われる病気で、寄生虫が原因です。導入初期にショップから連れてくることが多いので、注意して観察しておきましょう。感染力が強いので、見つけたらすぐに別の水槽に隔離してメチレンブルーで薬浴してください。

スマトラの繁殖方法

スマトラは販売されている個体のほとんどがアジアで養殖された個体で、国内の繁殖例も多い熱帯魚です。

自宅の水槽飼育でも十分に繁殖を狙うことができますよ。繁殖を狙うときは成熟した親がいることが大切なので、餌をしっかり毎日与えて元気に育てましょう。5匹以上で群泳させていると自然とペアができて繁殖してくれますよ。

産卵床はウィローモスなどの水草の上に卵をうえつけます。放置していると親が卵を食べてしまうので、確認したらすぐに別の水槽に移動させましょう。

稚魚の育て方

スマトラの稚魚には稚魚専用の餌であるブラインシュリンプを与えましょう。

一般的な人工飼料でも小さくすれば食べてくれますが、ブラインシュリンプは栄養価が高く、食いつきがいいので、稚魚が元気に大きく育ってくれます。

この餌を準備して、毎日2回しっかりとあげることができれば、稚魚の飼育は難しくありませんよ。

ブラインシュリンプについてはブラインシュリンプとは?孵化率をあげる沸かし方と熱帯魚への与え方を紹介します!で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

スマトラの混泳方法

プレコ

スマトラは運動量が多くて、気性が荒い熱帯魚なのでスマトラ同士での群泳が一番おすすめです。他魚だと同じくらいの運動量でヒレが短いゼブラダニオや体が硬いプレコなどが混泳できます。

個体の相性によってはうまくいくこともあり、ネオンテトラなどと混泳している例もありますが、いつ水槽の生態バランスが崩れるかわからないのでやめておいてください。スマトラに追いかけ続けられる姿を見るのは悲しくなります。

特に混泳してはいけないのが、長いヒゲをもっているミナミヌマエビやヤマトヌマエビ、ヒレがながいグッピーやエンゼルフィッシュなどの熱帯魚になります。

熱帯魚スマトラについてまとめ

熱帯魚スマトラの飼育

今回はスマトラの生態や飼育方法について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

スマトラは美しい体色で水槽内を気持ちいいくらいにびゅんびゅん泳ぎ回るので、みていて楽しい熱帯魚です。

しかし、ショップで見惚れて、小型熱帯魚の水槽に入れてしまうと、周りの熱帯魚を攻撃してしまったり、トラブルも多いです。混泳には注意が必要と覚えておきましょう。

体が丈夫で飼育は簡単なので、初心者にもおすすめです。興味を持たれて方はぜひ飼育に挑戦してみてくださいね。

関連記事
初心者におすすめの人気の熱帯魚を紹介!値段が安くて入手しやすく、小型水槽でも飼いやすい種類は?

今回は熱帯魚に興味を持ったけど、どんな熱帯魚をしてみたらいいのか、悩んでいる!という方向けに、おすすめの熱帯魚についてまとめてみました。 ここでは飼育がしやすくて体色が綺麗な、基本的な熱帯魚しか紹介で ...

    -熱帯魚

    Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.