ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビってどんなエビ?特徴や飼育方法を紹介!初心者は水質の変化に注意しよう。

2018年3月8日

ヤマトヌマエビは水槽の掃除屋として重宝されています。水草を中心としたレイアウトは苔が生えやすく、1ヶ月もたたないうちに見栄えが悪くなります。水槽を美しく保つためにはヤマトヌマエビの存在は必須ともいえるでしょう。

今回はそんなヤマトヌマエビについて飼育のコツを詳しく紹介していきます。

ヤマトヌマエビってどんなエビ?

ヤマトヌマエビの飼育

ヤマトヌマエビはヌマエビ科に分類されるエビの一種で、インド太平洋や日本の河川に生息しています。

体は半透明で黒い斑点がちりばめられています。稚エビは海で生息して、暖流にのって広く分布していき、成体になると川へ移動していきます。雑食性で藻類、生物の死骸などなんでも食べてくれます。せわしく餌を探して前脚を動かす姿がとてもかわいいですよ。

体の大きさ

ヤマトヌマエビは最大で5cmの大きさになります。ヌマエビの中ではかなり大型の種類です。意外と迫力があるので、混泳水槽の脇役として飼育するときは、飼育数をひかえめにしておきましょう。

寿命は?

ヤマトヌマエビの寿命は平均で3年です。3年も飼育するとかなり大型になるので、存在感が増してきます。大きいほど水槽の苔をたくさん食べてくれるので、大切に育ててあげてくださいね。

脱皮をする

ヤマトヌマエビの飼育

ヤマトヌマエビは成長のために3〜4週間に一度脱皮を行います。エビ類は硬い殻に覆われており、体の成長に伴ってその殻が窮屈になるからです。ちぎれていた足も脱皮によって再生することもあります。

脱皮直後のヤマトヌマエビの体は柔らかく、熱帯魚の餌になってしまいます。隠れ家になる岩や流木をいれてあげましょう。抜け殻はカラシウムが豊富な餌になるのでそのまま置いておいて問題ありません。

ヤマトヌマエビとミナミヌマエビの違いは?

ミナミヌマエビ

両種とも苔を食べてくれるので、水槽の苔取り要因として十分な活躍をしてくれます。

ミナミヌマエビは体長が2〜3cmほどとヤマトヌマエビの5cmと比べると小さいです。ヤマトヌマエビはネオンテトラなどと混泳するときには体が大きいので目立ってしまうことがあり、そんなときはミナミヌマエビが選ばれます。

寿命でも違いがあり、ミナミヌマエビは1年、ヤマトヌマエビは2〜3年です。

ミナミヌマエビは繁殖が容易なので、水槽内でどんどん増えていきます。ヤマトヌマエビは孵化後に海へいくため、通常の水槽でその環境を用意することはほとんど出来ないでしょう。

1匹をじっくりと飼育したいときはヤマトヌマエビ、繁殖のサイクルを楽しみたいならミナミヌマエビを選びましょう。

違いについてはどちらのエビがおすすめ?コケ掃除の強い味方、ヤマトヌマエビとミナミヌマエビの違いとは?でも詳しく紹介しています。

ヤマトヌマエビの飼育に重要な水について

ヤマトヌマエビの飼育

ヤマトヌマエビは熱帯魚以上に水質と水温の変化に弱いので、ネオンテトラなどの初心者向けの熱帯魚の飼育に慣れている人でも死亡させてしまうことが多々あります。特に水の交換や購入した時の導入時、昼夜の気温差が激しい秋などのタイミングは注意してください。

適している水温

ヤマトヌマエビに適している水温は20度〜25度です。低水温に弱いので冬はヒーターが必要になります。高水温にも弱いので、水温が30度を超える夏は冷却ファンを使いましょう。

水温の急激な変化にも弱いので、水換えのときには注意してくださいね。

適している水質と水換えの頻度

ヤマトヌマエビは弱酸性の水質を好みます。弱酸性を維持してくれる流木やソイルをいれてあげると元気になりますよ。

水質の変化に敏感で、水質が悪化すると熱帯魚よりも先に死にはじめます。週に1回は1/3ほど水を交換して水質が安定するように注意してあげてくださいね。

水合わせの方法

ヤマトヌマエビは先ほども記述した通り、水温や水質の変化に敏感な種類なので、水あわせは慎重に行いましょう。ショップの水には細菌がいるかもしれないので、水槽内に入れずに捨ててくださいね。

水合わせの手順

  1. ヤマトヌマエビを水ごとバケツに入れる
  2. バケツの水が倍になるように30分かけて飼育水をいれる
  3. バケツの水を半分捨てる
  4. あたらめてバケツの水が倍になるように飼育水を入れる
  5. 水をギリギリまで捨ててヤマトヌマエビを水槽に入れる

ヤマトヌマエビの飼育方法

ヤマトヌマエビの飼育

ヤマトヌマエビの飼育は水の管理さえできていれば難しくありません。水以外の飼育方法を紹介していきますね。

値段と販売場所

ヤマトヌマエビの値段は1匹あたり100円〜200円です。だいたい3cm〜5cmほどの個体が販売されています。ホームセンターや熱帯魚専門店、ネット通販など多くの場所で見つけることができます。

近くに大きめで水草が多い川があったら、網をもって水草をゆすってみてください。ミナミヌマエビやヤマトヌマエビ、スジエビなどの水生生物が取れる時があります。

水槽のレイアウト

ミクロソリウム

ヤマトヌマエビなどのエビ類は熱帯魚の大好物なので、常に魚から見られる環境はストレスに感じることが多いです。流木や石組み、水草などの隠れ家は入れられるだけ入れたほうがいいです。特に流木は餌になるコケも生えてくるので、必須とも言えます。

おすすめの水草は流木に活着することができるアヌビアスナナやミクロソリムなどの葉が硬い種類です。餌不足になると食害にあいやすいので、注意が必要です。ウィローモスであれば、成長が早くて新芽を食べられても被害は大きくなりません。

ガラス面は滑って歩きにくいので、底砂は必ずいれるようにしてくださいね。

おすすめの餌と給餌方法

ヤマトヌマエビは水槽に生えた苔や藻類を食べて生活しています。水草をたくさん入れている水槽だと餌なしで飼育することができます。

熱帯魚専用の餌も大好物ですが、餌をあげると苔を食べなくなるので、掃除役として飼育するときは餌の頻度は1週間に1回にしておきましょう。おすすめの餌はテトラミンなどのフレーク状の餌です。ヤマトヌマエビが抱えやすく食べやすい餌です。

ヤマトヌマエビの餌についてはヤマトヌマエビの餌について重要な知識!餌の種類や餌の頻度は?で詳しく紹介しています。

混泳できる魚は?

ネオンテトラ

ヤマトヌマエビは温和な性格で下層に生息しているので、多くの熱帯魚と混泳が可能です。

おすすめの混泳相手はメダカ、金魚、ネオンテトラ、エンゼルフィッシュ、グッピー、グラミーなどの小型魚です。長いひげを突かれることがあるので、隠れ家になる水草や流木はいれてあげてください。

反対に大型の熱帯魚や下層に住んでいるコリドラスは餌の取り合いになるため混泳に向いていません。

かかりやすい病気や死因、予防方法は?

ヤマトヌマエビは病気にかかることはありませんが、水質悪化や水温の変化に弱く、他の魚よりも飼育難易度が高いです。

死因でもっとも多いのがphショックになるので、購入してきたときの水あわせはしっかりと行いましょう。1ヶ月も飼育していると水質が安定して長生きしてくれるようになります。日頃からしっかりと水換えを行ってあげてくださいね。

次に多いのが脱走や飛び出し事故です。ヤマトヌマエビはヒーターやエアレーションのチューブをよじ登って上手に脱走することができます。水面までくると急にジャンプをして飛び跳ねてしまいます。蓋の隙間はヤマトヌマエビが通れないくらいにしておいてください。

ヤマトヌマエビの繁殖方法

ヤマトヌマエビの飼育

ヤマトヌマエビは繁殖は非常に難しいエビです。抱卵までは自然にしてくれますが、稚エビは海へ向かう習性があるので、汽水から海水に移る環境を用意しなければなりません。

ヤマトヌマエビの繁殖方法についてはヤマトヌマエビの繁殖について。抱卵から孵化、稚エビを育てるための環境や餌について紹介!で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ヤマトヌマエビについてまとめ

ヤマトヌマエビの飼育

水槽飼育では蛍光灯をつけているだけ、どんどんとガラス面や流木、水草にコケが発生してしまい、景観を台無しにしてしまいます。ヤマトヌマエビはそんなコケを食べてくれる頼もしい存在として、アクアリストのなかで人気があります。

しかしながら、水質の変化に敏感なので、ネオンテトラなどの初心者向けの熱帯魚しか飼育したことがない人には少々気難しい一面もあります。それでもしっかりと飼育出来るようになることで、飼育者としてのレベルアップもしていけますので、ぜひ挑戦していってくださいね。

関連記事
水草水槽におすすめ!ミナミヌマエビの特徴と飼育方法!混泳相性や寿命、入手方法は?

水槽には熱帯魚だけではなくミナミヌマエビなど別の生き物を入れると、自然らしさが高まって、飼育が楽しくなります。エビの仲間は見栄えだけでなく、水槽を綺麗にしてくれたり、飼育者にとっても助かる存在です。 ...

    -ヤマトヌマエビ
    -

    Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.