90cm水槽用品

アクアリウムにおすすめの90cm水槽を紹介!水槽の重さや周辺設備は?

2019-12-24

90cm水槽は中型魚からダイナミックな水草水槽まで、熱帯魚飼育を十分に満足させてくれる大きさの水槽です。その分水量も多く、どのような家庭でもおすすめできるものではありません。

今回はそんな90cm水槽の重さの計算方法やおすすめ商品、ろ過フィルターや水槽台など周辺設備について紹介していきます。

90cm水槽の重さの計算方法

90cm水槽

90cm水槽はまず、自宅に置けるかどうかがを調べなければいけません。

90cm水槽の水量は、水槽の大きさにもよりますが、50L~160Lにもなります。ここから水槽自体の重さである30kg、上部フィルターで5kg、水槽台で40kgになりますので、最終的には250kgほどが目安になります。

建築基準法では、住宅の耐荷重の最小値は1平方メートルあたりで180kgと定められているので、90cm水槽を置く場合は床抜けの可能性を考慮して、自宅の耐荷重を確認する必要があります。

水量については以下の計算方法で算出することが出来ます。0.5cmはガラスの厚み(左右を考慮して1cmで計算)で、3cmは水位を想定しています。1リットルの重さは1kgになります。

(横幅cm-1.0cm)×(奥行き-1.0cm)×(高さcm-1.0cm-3cm)/1000

おすすめの90cm水槽

90cm水槽は次の5タイプに分けられます。

紹介する90cm水槽

  • スリムタイプ(奥行き22cm)
  • 奥行き30cm
  • 規格水槽(奥行き45cm)
  • 規格水槽 曲げガラス(奥行き45cm)
  • ハイタイプ(高さ50cm)

それぞれのおすすめ商品を紹介していきます。

90cm水槽 スリム(奥行き22cm)

奥行きが20cmほどのスリム水槽では、大型魚の飼育は出来ませんが、小型魚の群泳に優れています。群れで横幅いっぱいに泳ぎ回る姿はとても美しいですよ。

フレームレスなので、ワイドに楽しむことも出来ます。

大きさ 幅90cm×奥行22cm×高さ30cm
水量 49.5L(水位-3cm)
重さ 13.4kg(本体)+49.5kg(水)
セット内容 ガラス水槽、ガラス蓋、蓋受けホルダー

90cm水槽 奥行き30cm

奥行きが30cmあれば、水草レイアウトで奥行きを楽しむことが出来ます。こちらもフレームレスなので、広々とした美しいレイアウトを楽しむことが出来ます。

大きさ 幅90cm×奥行30cm×高さ36cm
水量 83.9L(水位-3cm)
重さ 20kg(本体)+83.9kg(水)
セット内容 ガラス水槽、ガラス蓋、蓋受けホルダー

90cm規格水槽 奥行き45cm

奥行きが45cmの一般的な90cm水槽です。体の大きさが30cm近くの中型魚を飼育することができます。

こちらの商品はフレーム付きで、高いろ過力がある上部フィルターを使えます。

大きさ 幅90cm×奥行45cm×高さ45cm
水量 162.5L(水位-3cm)
重さ 23kg(本体)+162.5kg(水)
セット内容 ガラス水槽のみ

同サイズでフレームレス水槽ならこちらがおすすめです。

大きさ 幅90cm×奥行45cm×高さ45cm
水量 162.5L(水位-3cm)
重さ 34kg(本体)+162.5kg(水)
セット内容 ガラス水槽、ガラス蓋、蓋受けホルダー

90cm規格水槽 奥行き45cm 曲げガラス

曲げガラス水槽では端っこにいる熱帯魚もクリアに観察することが出来るため、水槽をより広く感じることが出来ます。

大きさ 幅90cm×奥行45cm×高さ45cm
水量 162.5L(水位-3cm)
重さ 34kg(本体)+162.5kg(水)
セット内容 ガラス水槽、ガラス蓋、蓋受けホルダー

ジェックスのラピレスシリーズならフレーム付きで、上部フィルターとライトがセットになっています。

大きさ 幅90cm×奥行45cm×高さ45cm
水量 162.5L(水位-3cm)
重さ 31kg(本体)+162.5kg(水)
セット内容 ガラス水槽、LEDライト、上部式フィルター、ガラスフタ

90cm水槽 ハイタイプ

高さが50cmあるハイタイプで高さのある熱帯魚や水草の育成に適しています。水質維持しやすい外部フィルターがセットになっています。

大きさ 幅90cm×奥行40cm×高さ50cm
水量 161.4L(水位-3cm)
重さ 46kg(本体)+161.4kg(水)
セット内容 ガラス水槽、ガラス蓋、蓋受けホルダー、外部フィルター

90cm水槽の周辺設備

90cm水槽

ろ過フィルター

90cm水槽で水量が多いため、スリムタイプであれば外掛けフィルターでも大丈夫ですが、規格サイズであれば強いろ過力がある上部フィルターか外部フィルターが必要になります。

しかし、フレームレス水槽では上からの重さを支えることが出来ないので、上部フィルターを使うことが出来ません。使用している水槽によってフィルターが決まってくるので、水槽の購入前に注意しておきましょう。

飼育数が多くてろ過力が足りないときは、エアレーションや投げ込み式フィルターを使って酸素不足にならないようにしてください。

照明

90cm水槽は横幅が広いので、圧迫感の少ないスリムタイプの照明がおすすめです。

水槽台

90cm水槽の重さは全体を合計すると150kg~180kgは超えてくるため、専用の水槽台が必要です。

キャビネットタイプの水槽台だと外部フィルターや飼育用品が隠せるので、景観がよくなります。

水槽用ヒーター

ヒーターは水量によって必要なワット数が変わります。

水槽の大きさ 必要なワット数 月の電気代
90cm(横幅)×20cm(奥行き) 150W 1,350円
90cm(横幅)×30cm(奥行き) 200W 1,800円
90cm(横幅)×45cm(奥行き) 300W 2,700円

おすすめの水槽用のヒーターで紹介しているので、ご参考ください。

水槽の蓋

水槽の蓋はホコリが入るので、隙間無くしておきましょう。また、魚の飛び出し防止に必要です。飼育している魚が大きいときは、しっかりと固定しておいてください。

底砂

90cm水槽で1cmの厚みにするために、必要な砂の量を紹介します。厚みは2cm~5cmにすることが多いです。

砂の量は重さ(kg)と容量(L)のどちらかで記載されているので、両方とも紹介します。

水槽の大きさ 重さ 容量
90cm(横幅)×20cm(奥行き) 1.4kg 1.8L
90cm(横幅)×30cm(奥行き) 2.1kg 2.7L
90cm(横幅)×45cm(奥行き) 3.1kg 4.1L

90cm水槽についてまとめ

90cm水槽

今回はおすすめの90cm水槽と周辺設備について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

90cm水槽は水量が多い分、水換えの手間があったり、どの家庭でも設置できる物ではありません。

しかし、とてもワイドな水槽で水草レイアウトや大型魚の飼育などアクアリウムの幅が大きく広がる水槽です。奥行きで重さも大きく変わりますので、自宅の状況に合わせて最適な90cm水槽を選んでくださいね。

-90cm水槽用品

© 2020 Woriver Powered by AFFINGER5