プレコの飼い方!人気の種類や値段、寿命、混泳できる魚は?

プレコは水槽のコケを食べてくれる掃除役として有名な熱帯魚ですが、美しい体色や特異な体型から熱狂的なファンも少なくありません。生息環境や普通の熱帯魚とは異なります。

今回はそんなプレコについて人気の種類や寿命、餌、混泳できる魚など飼育方法を詳しく紹介していきますね。

プレコってどんな熱帯魚なの?

プレコ
プレコはナマズの仲間で正式名をプレコストムスといい、南米のアマゾン川に分布しています。生息場所は酸素量が豊富な流れが早い川を好んでおり、石や流木にくっつきながら泳いでいます。

泳ぎは苦手ですが、天敵から身を守るためのウロコはとても硬く、表面はザラザラしています。胸ビレには棘があるので、大型魚でも簡単に撃退してしまいます。現地での天敵はワニなどの大型肉食生物になります。

流木にしがみついているプレコが水流でゆらゆらとしている姿はとても可愛いです。地味な体色が多かったですが、派手なプレコも発見されてきたので、飼育の楽しみがかなり広がってきていますよ。

プレコの種類(小型編 〜15cm)

小型のプレコを紹介していきます。45cm水槽で飼育できる大きさです。

タイガープレコ

タイガープレコ

分布
アマゾン河上流域
体長
7cm
水温
22度〜26度
pH
5.0〜6.5
水質
中硬水
寿命
5年
値段
500円〜8,000円

成魚でも10cmに満たない最小のプレコです。飼育は簡単で、ネオンテトラなどの小型熱帯魚の水槽で混泳することができます。

水草を食べるので、水草水槽には向きませんが、流木や石をレイアウトした水槽ではコケ掃除役として活躍してくれますよ。

価格は5,000円前後と高くなりますが、オレンジをベースに黒いラインがはいったインペリアルタイガープレコという美しい種類もいますよ。

ブッシープレコ

ブッシープレコ

分布
シングー川
体長
15cm
水温
24度〜27度
pH
5.5〜7.0
水質
中硬水
寿命
15年
販売価格
500円〜2,000円

口や鼻のまわりにかわいらしいヒゲをもったプレコです。オスはメスよりもヒゲの量が多くて長いので、より特徴的になります。大食感なので餌不足で痩せてしまわないようにしっかりと餌をあげましょう。

丈夫で飼いやすく、プレコの中でもっとも繁殖が簡単なので、ぜひ飼育に挑戦してみてくださいね。

インペリアルゼブラプレコ

インペリアルゼブラプレコ

分布
シングー川
体長
15cm
水温
22度〜26度
pH
5.5〜6.5
水質
中硬水
寿命
7年
値段
5,000円~30,000円

究極のプレコとも言われる種類です。はっきりとした白黒模様はプレコ愛好家だけではなく、多くのアクアリストを魅了してきました。

飼育は難しくなく、岩と岩の間に生息して、人工飼料も食べてくれるようになります。

まだまだ価格の高いプレコですが、ぜひとも飼育に挑戦してみたい熱帯魚です。

スポンサーリンク

プレコの種類(大型編 20cm〜)

大型のプレコを紹介していきます。最低でも60cm水槽が必要です。

セイルフィンプレコ

セイルフィンプレコ

分布
アマゾン河
体長
50cm
水温
24度〜30度
pH
5.0〜7.5
水質
中硬水
寿命
10年
値段
500円〜3,000円

プレコの中でも最もポピュラーな種類で、多くのお店で安価に販売されています。セイルフィンの名前の通り、大きな背びれが特徴なプレコです。

コケを一番食べてくれるプレコなので水槽の掃除役として活躍してくれますが、意外に大きくなるので注意が必要です。

幼魚のころは植物食性が強いですが、大きくなるにつれて肉食性が強くなります。混泳魚を傷つけることがあるので、肉食性の餌はあげないようにしておきましょう。単独飼育なら積極的にあげても大丈夫ですよ。

オレンジフィンカイザープレコ

分布
シングー川
体長
25cm
水温
22度〜26度
pH
6.0〜7.0
水質
中硬水
寿命
5年
値段
3,000円〜6,000円

黒を基調にした体色に大きめのイエロースポットがついており、背びれから尾びれにかけて黄色のラインがはいった中型のプレコです。現地では滝のような激流に生息しており、飼育には豊富な酸素量と強力な水流が必要になってきます。

餌付けは悪く、コケやキュウリしか食べないこともあるので、幼魚から人工飼料で餌付けするか、すでにされている魚を購入するのが長く飼育するコツになります。

ロイヤルプレコ

分布
コロンビア、シングー川
体長
45cm
水温
24度〜26度
pH
5.5〜7.0
水質
中硬水
寿命
5年
値段
2,000円〜15,000円

プレコが人気に火がついて多くの種類が輸入される前から、美しい熱帯魚として知られていた魚です。すでに苔取り要因ではなく、高級種として地位を築いていました。

綺麗なグレーの体色にはっきりとした黒のラインが入っています。他のプレコよりも頭が大きく、ぎょろっとした目が特徴的で、怪魚ともいえる種類です

強い水流と流木を好みますので、この2つは必ず用意してあげてくださいね。気性が荒いので単独飼育してください。

アグアプレコ(アドニスプレコ)

分布
アマゾン河下流域
体長
60cm
水温
24度〜27度
pH
5.5〜7.0
水質
中硬水
寿命
10年
値段
2,000円〜5,000円

黒い体に白い点を持ったプレコで、プレコの輸入ラッシュのきっかけになったプレコです。

最大で1m近くになることもあり、プレコのなかでも最大の大きさになります。幼魚の時は気が弱く、ほかの攻撃的なプレコとの混泳はさけてあげてくださいね。

サッカープレコ

分布
アマゾン河
体長
50cm
水温
24度〜27度
pH
5.5〜7.0
水質
中硬水
寿命
10年
販売価格
1,000円〜3,000円

サッカープレコのサッカーとは英語で吸い込むという意味のsuckerです。別名でヒポプレコと呼ばれています。

おとなしくて丈夫なので混泳相手として選ばれることが多いです。成長するにつれてコケを食べなくなるので、肉食魚用のタブレット状の人工飼料をあたえましょう。

ブルーアイプレコ

ブルーアイプレコ

分布
コロンビア
体長
30cm
水温
24度〜28度
pH
5.5〜7.0
水質
中硬水
寿命
10年
販売価格
1,000円〜3,000円

尖った鼻先と黒い体に青い小さな目を持った種類です。飼育は難しくないですが、気が強いので、単独飼育が基本になります。体のベースが金色になるブルーアイゴールデンプレコもいます。あやしい雰囲気をしており、飼いこむほど渋みが増してきますよ。

プレコに必要な飼育設備は?

プレコ
プレコはあまり動かないので、体長のわりにそこまで大きな水槽は必要ありませんが、特殊な習性があるので飼育設備には注意が必要です。

水槽の大きさ

プレコの大きさにもよりますが、15cm以下の小型種は45cm水槽、30cm以下の中型種で60cm水槽、大型種だと90cm以上の水槽が必要になります。

フィルター

木くずでフィルターが詰まりやすく、水が悪くなるのが早いです。フィルターは掃除しやすい上部式フィルターがおすすめです。エラ呼吸が苦手で酸素量が多い場所に住んでいるので、サブでエアレーションを追加して、強い水流に酸素を水に溶け込ませる必要があります。

プレコ水槽のレイアウトのコツは?

プレコの飼育
プレコは臆病な性格なので物陰に隠れていることが多い魚です。プレコを飼育するのであれば、いつでもその姿を楽しみたいですよね。そのため、細長い流木を縦におくレイアウトが人気があります。

流木をかじって木屑がたまりやすいので、掃除しやすいように砂をいれないベアタンクで飼育すると楽ですよ。

口にある吸盤で水草の葉をかじり、ボロボロにしてしまいます。基本的には水草はいれないのがおすすめですが、どうしても入れたい時は、プレコが食べにくい細長い種類にしておくといいですよ。

プレコにおすすめの餌の種類

野生のプレコはコケや水草、木などを食べる植物食性ですが、魚や動物の死骸なども食べています。

テトラ プレコ

プレコの餌
植物性のプレコ専用の人工飼料(テトラ プレコ)をメインに与えましょう。

野菜

好き嫌いが激しいプレコには野菜をあげましょう。レタスやキャベルは茹でて、きゅうりは皮をむいてあげてください。

ひかりクレスト キャット

ひかりクレスト キャット

大型のプレコは植物食性が弱くなり、肉食魚用の餌を好むようになります。高カロリーで肥満になりやすいので、量を減らしたり、水流が強い環境を用意してください。

冷凍赤虫

冷凍赤虫
食いつきが悪い時は冷凍赤虫が効果的です。幼魚の飼育にも役立ちますよ。

プレコの餌やりポイント!頻度や時間は?

プレコの飼い方
プレコはほとんど動かないので、餌の量は少なく、1週間に1回でも問題ないほどです。

通常は2日に1回、2~3分で食べきれる量を与えましょう。時間は昼と夜の寝る前にあげてください。

人口餌を食べてくれるようになるまで時間がかかるため、幼魚のうちから慣らしておきましょう。

餌を食べないとき

臆病な性格なので飼育して1週間ほどは餌を食べない時があります。餓死寸前でも餌を食べない時がある魚なので、レタスなどの野菜に変えてみるか、餌を流木にくくりつけて食べやすいようにしてあげましょう。

夜行性なので一晩おいてみるのも効果があります。どうしても食べない時はイトメやアカムシなどの生き餌を与えてください。人工飼料への食いつきはよくないですが、野菜や生き餌にはいい反応をしてくれることが多いですよ。

プレコに適した水温、水質、水換えの頻度は?

プレコの飼育
プレコの適温は22度〜27度になります。高温は苦手なので30度を超える夏場は冷却ファンをつけてあげてください。寒さには強いですが、10度を下回ると元気がなくなるので、できれば冬はヒーターを準備してあげてくださいね。

木くずで水が悪くなりやすいですが、水質悪化に弱い魚なので、水換えの頻度は多めに週に2回は1/3ほど行ってあげてください。きれいな水つくりと水温の管理を欠かさないようにしてくださいね。

プレコの性格と混泳できる魚は?

小型のプレコはおとなしいので混泳向きですが、大型種は攻撃性が強く縄張り争いで殺し合いをするほどです。

混泳する時は魚同士が接触しないように大きめの水槽を用意してあげてください。

混泳できる魚

アロワナ
生活スペースが異なるアロワナ、ガー、スネークヘッドがおすすめです。

混泳できない魚

ポリプテルス
体表が広かったり、生活スペーズが同じ下層の魚はウロコをボロボロにされる可能性があるので危険です。

ディスカス、エンゼルフィッシュ、淡水エイ、ポリプテルス、コリドラスなどはやめておきましょう。

プレコの寿命

プレコの飼い方
プレコの寿命は小型種で5年、大型種で10年〜15年です。かなりの長寿で最高30年生きた記録もあります。

体は丈夫で長期飼育することになるので、責任持って飼育できるようにしておいてくださいね。

プレコのかかりやすい病気は?

プレコの飼い方
プレコは丈夫な魚なので、あまり病気にはかかりませんが、油断していると水質悪化で弱ってしまいます。

薬に弱く、治療には時間がかかります。定期的な水換えなど予防を心がけてくださいね。

白点病

体表が白い点々に覆われる病気で、25度以下の低水温時にかかりやすくなります。水温を徐々に28度まで引き上げて様子を見てください。

プレコ病

プレコ特有の病気で突然体色が白くなったり、ふらふらと泳ぐようになります。完治することはなく死んでしまいます。ストレスが原因と考えられているので、過密飼育になっていないか、隠れ家をきちんと用意してあげてください。

水カビ病

体の表面に白いワタのようなカビがつく病気です。皮膚の傷口から細菌に感染することで発症します。メチレンブルーを規定量の1/5にうすめて1週間薬浴してください。

腹水病(ふくすいびょう)

お腹が異常に膨れる病気で、低水温時にかかりやすく、餌の食べ過ぎで消化不良になったときに発症します。水温を28度まであげて、1週間断食してください。

尾ぐれさ病

尾びれが溶けてくる病気です。水質悪化でカナムリス菌が繁殖した時にかかります。すぐに全ての飼育水を交換して、水温を25度、規定量の1/5に薄めたグリーンFゴールドで薬浴してください。

ポップアイ

目が飛び出す病気で片目と両目の時があります。水質悪化やストレスが原因で一度飛び出すと完治することはありません。初期であれば毎日1/3の水換えをすることで治ることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク