コリドラスの飼育方法!水温や水槽のレイアウト、寿命、ソイルでも飼えるの?

コリドラスは初めて熱帯魚を飼育する人が混泳相手として購入していくことが多い熱帯魚です。餌を探すために口さきを左右に動かしている姿はとても愛くるしく、性格もおとなしく他の魚を攻撃することもないので、多くの小型魚と混泳を楽しむことができます。

今回はそんなコリドラスについて水槽のレイアウトや寿命、水温など飼育方法を詳しく紹介していきます。

コリドラスってどんな熱帯魚なの?

コリドラスの飼育
コリドラスは南米に生息しているナマズの仲間です。コリドラスという名前にはヘルメットのような皮をかぶったナマズという意味があり、体は硬く大きな鱗板で覆われています。

活発に泳ぐ熱帯魚ではなく、水底で生活しています。砂中に潜んでいる昆虫を捕食するために、常に口先を砂に入れて餌を探しています。

ネオンテトラなどのメインの小型熱帯魚は中層〜上層を泳いでおり、下層が寂しい・・という時や、トラブルなく混泳できる相手として選ばれることが多いです。もちろんコリドラスマニアも多くいらっしゃって、広く泳げるスペースをとりつつ、数十匹の群れで泳がせるととても優雅ですよ。

コリドラスの飼育のコツは?

コリドラスの飼育
コリドラスは底に落ちた餌を食べることから、水槽の掃除屋と呼ばれています。しかし、底に落ちた食べ残しやフンまで食べるわけではないので掃除屋としての役割はあまり期待はできません。

また、大食いで他の魚の食べ残しだけでは餌の量が足りなくなってしまいます。混泳水槽ではコリドラスにも十分に餌がいきわたるように注意してくださいね。

スポンサーリンク

コリドラスの種類

コリドラスは種類が豊富で、赤、青、白コリドラスといった100円前後で飼育が簡単な種類が人気です。

値段が200円〜400円になるとコリドラスジュリィ、パンダ、ステルバイなど模様付きのかわいい種類も買えますよ。

マニア向けだと4,000円〜のとても珍しい種類もいます。

コリドラスにおすすめの餌は?

冷凍赤虫
ほとんどの人口飼料を好んで食べてくれますので、コリドラスが食べやすい沈下性の餌を与えてください。

全てのコリドラスはアカムシが大好物です。たまに与えてあげると喜んで近づいてきてくれますよ。

コリドラスに必要な水槽の大きさは?

コリドラスの飼育
コリドラスは種類が多く、小さいもので3cm程度、大きいものでは15cm近くになる種類がいます。よく販売されているコリドラスは成長しても4~5cmほどになります。

4cm前後のコリドラスであれば45cm水槽で15匹、60cm水槽であれば20〜25匹程度は飼育することが可能です。混泳をするのであれば10〜15匹程度には抑えておいたほうがいいでしょう。

コリドラス水槽のレイアウトのコツは?

コリドラスの飼育
コリドラスは水底を生活スペースにしている熱帯魚なので、障害物になる流木や水草は少なめにして、遊泳スペースを広めにとるシンプルなレイアウトが好まれます。30cmや45cmの小さめの水槽だと流木は1、2本におさえておきましょう。

シンプルにしつつも、フィルターの水の吐き出し口を底砂にして湧き水を作る遊びごごろのあるレイアウトが人気です。

コリドラスに限らずナマズの仲間は光が苦手なので、隠れ家になる土管が大好きです。他にも水草をいれたり、石組みをしてあげてくださいね。

水草をいれるレイアウトを作る時は、水草が引き抜かれることがあります。植えたばかりのときは抜けやすいので、よく観察してください。

コリドラスにおすすめの底砂は?

コリドラスは砂に口をいれて餌を探しますので、砂には角がなく、細かく、柔らかい砂が適しています。弱酸性を好みますのでアルカリ性になるサンゴ系の砂も避けましょう。

水質の変化に強い熱帯魚でありますが、水槽の底で生活していますので、床の掃除はこまめに行なってあげてくださいね。水換えの時にホースの先端を砂の中にいれて、中のゴミを吸い出しましょう。

田砂、ボトムサンド

ボトムサンド
飼育には相性がいい田砂やボトムサンドを使うことが多いです。粒が小さくて丸いので、コリドラスにもっとも適している砂といえるでしょう。

ソイル

ソイルと使ったコリドラス水槽
飼育が難しい種類は水質を弱酸性で維持するのが必須で、ソイルだと管理が楽になります。

デメリットは砂底を掘り起こしてしまうので、パウダータイプだと泥が水中を舞ってしまいます。底の掃除もしにくいので、底にたまった有害物質の影響を直接受けてしまいます。

初心者には扱いにくいので、飼育が難しくない種類であれば川砂がおすすめです。

水草水槽を作るときは、ソイルをベースにプラスチックケースに川砂を入れて、砂場を作る方法がとられます。

コリドラスの購入場所は?

コリドラスの飼育
白コリドラスや赤コリドラスなど初心者にも飼いやすい種類であれば、ホームセンターでも容易に見つけることができます。ワイルド個体など1,000円以上になるコリドラスは熱帯魚専門店かネット通販で探すことをお勧めします。

●おすすめのネット通販
・charm
多品種のコリドラスだけでなく、非常に珍しい熱帯魚を数多く販売しています。

・かねだい
20種以上のコリドラスを販売しており、珍しい種類を見つけることができます。

コリドラスに適した水温は?

コリドラスの飼育
コリドラスに適している水温は22度〜26度になります。生息地の水温は22度前後とあまり高くありません。

高水温が苦手なので30度を上回ると危険です。夏場は冷却ファンが必要になります。低水温に強いですが最低でも18度は必要なので、冬はヒーターをいれてください。

コリドラスにおすすめの混泳相手は?

コリドラスは温和な性格をしているに多くの熱帯魚と混泳することができます。

コリドラスは問題なく別の種類とも混泳することができます。しかし簡単に交雑してしまうので、繁殖を狙う時はやめておきましょう。

おすすめの混泳相手

ネオンテトラ
生活スペースがかぶらない上層を泳いでいる金魚、メダカ、ネオンテトラ、グッピー、グラミー、エンゼルフィッシュがおすすめです。

コリドラスを主役にしたいときは、体色が地味なペンシルフィッシュなどを選びます。模様の違うコリドラス同士を混泳させると華やかになるでのおすすめです。

やめておいたほうがいい混泳相手

ベタ
ベタやスマトラなどコリドラスを攻撃する魚や食べられ大きさの肉食魚はさけておきましょう。

エビなども問題ありませんが、たまにぶつかることがあるので、やめておいたほうがいいですよ。

コリドラスの繁殖のコツは?


コリドラスの繁殖でもっとも重要なポイントは健康な親がいることです。

個体よって好物が変わってくるので、アカメやイトメ、栄養価の高いブラインシュリンプ、コリドラス専用の人工飼料など餌の種類を揃えて、何が好きかよく観察してあげてくださいね。

コリドラスの寿命

コリドラスの飼育
コリドラスの寿命はだいたい3年〜5年になります。大切に飼育していると10年は生きることができます。

10年生きたコリドラスの体格には最初のかわいらしさもなく、迫力がすごくなります。コリドラスってこんなにすごかったんだと感動する瞬間でもありますので、ぜひ大切に育ててあげてくださいね。

コリドラスがかかりやすい病気一覧

コリドラスは丈夫な魚でめったに病気にかかりませんが、薬に弱く一旦病気になってしまうと治療が難しい魚です。ここではコリドラスがかかりやすい病気を紹介します。

phショック、水質悪化

特に病気にかかっている様子もないのに、コリドラスがひっくり返ったり、水面に浮いてしまっている時は、コリドラスが住める水質環境ではないことが考えられます。こうなってしまうと対応しようがありません。水換えは手順を守り、定期的に水換えをすることで予防してあげてくださいね。

白点病

体中が白い点々に覆われてしまう病気で寄生虫が原因です。感染力が強いので、病気を確認したらすぐに別の水槽に隔離してメチレンブルーで薬浴してください。輸入されてきたばかりの個体が病気にかかっていることがおおいので、最初の1週間は注意して観察しましょう。

エロモナス病

エロモナス菌が原因で、ウロコが逆立つ松かさ病や、目が飛び出すポップアイを引き起こしたり、体が赤くなって充血したりします。完治はほとんどできませんが、他の魚への感染を予防するために別の水槽に隔離しましょう。初期症状であれば、エルバージュで薬浴したら治せることがあります。

水カビ病

体中に白いワタのようなものが付着する病気で、細菌が傷口から侵入することが原因です。塩分に弱いので、濃度10%の水で1週間ほど飼育しましょう。

口ぐされ病、尾腐れ病

どちらもカムナリス菌という細菌が原因の病気で、感染場所が口かヒレかという違いです。感染場所はボロボロになって、餌を食べられなくなったり、泳げなくなったりします末期になると対応できませんが、初期症状であれば別の水槽に隔離してエルバージュで薬浴しましょう。

コリドラス特有の病気

体中に白い膜が付いているコリドラス特有の病気です。輸入された個体が菌を持っていることがあります。伝染力が強く水槽内のコリドラスがあっというまに死んでしまうことがあるので、購入はさけるようにしてください。

多くの病気は水質の悪化によって引き起こされます。きちんと1週間に1回、1/3ほど交換して予防してあげましょう。また寄生虫や菌は30度前後の高水温と塩分に弱いので、治療薬がない時には試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク