カージナルテトラの飼育と繁殖方法!水温や病気、混泳できる魚は?

カージナルテトラは体色が非常に美しい魚で、ぜひ大きな水槽で50匹以上の群泳をしてその美しさを楽しんでいただきたい熱帯魚です。頑張れば頑張るほど発色が濃くなり、飼育の楽しさが増してくることでしょう。

今回はそんなカージナルテトラについて繁殖や寿命、混泳できる魚、病気、水温など飼育のコツを詳しく紹介していきます。

カージナルテトラってどんな熱帯魚なの?

カージナルテトラ
カージナルテトラは南米のネグロ川に生息しており、体長は最大でも4cmほどの小型の熱帯魚です。

原色である赤色と青色の発色が濃く、手軽に買える種類であると考えると、驚くほどに美しい熱帯魚です。弱酸性の水でしっかりと育て上げるとさらに濃くなって魅力的な姿を見せてくれますよ。

カージナルテトラとネオンテトラの違いは?

ネオンテトラ
カージナルテトラは見た目がネオンテトラによく似ていますが、腹部の赤色の大きさで区別することができます。

カージナルテトラはエラから尾柄まで赤く染まっており、鼻先まで広がっています。ネオンテトラよりも色が濃く、非常に美しい発色をしています。

スポンサーリンク

カージナルテトラの値段と販売場所

カージナルテトラ
カージナルテトラの値段は100円〜200円になります。ほとんどが野生種なので、状態の差が激しく元気な個体を選びましょう。

人気の熱帯魚なので、ホームセンター、熱帯魚専門店、ネット通販とさまざまな場所で販売されていますよ。

カージナルテトラの飼育に必要なもの

水槽

水槽
水槽は透明度が高いガラス水槽がおすすめです。水槽のサイズと飼育数は45cm水槽で3匹、60cm水槽で30匹、90cm水槽で50匹が目安です。

フィルター

フィルター
酸素の供給や水を綺麗にするのに必要です。投げ込み式フィルター、外掛け式フィルターなどなんでもかまいません。

蛍光灯

強い照明で綺麗に発色するのでいれてあげましょう。水草の飼育にも使える2灯式がおすすめです。

水槽の蓋

水槽の蓋
飛び出し事故の予防や水の蒸発を防ぎます。隙間なく蓋をしておきましょう。

カージナルテトラの発色をよくするには?

カージナルテトラ
カージナルテトラはネグロ川に生息しており、その環境に合わせることで発色がとてもよくなります。水温は26度、水質は弱酸性を維持して、ブラックウォーターなどのネグロ川の成分を再現する調整剤をいれてあげましょう。

餌は栄養に偏りなく、多くの種類の餌を与えてください。特に赤色の色揚げに最適な栄養分を含んでいるクリルやテトラ・ディスカスというディスカス専用の餌がおすすめです。

最後にストレスがなく、落ち着ける環境であることが大切です。照明の消灯時間は日光の日の出、日の入りに合わせて夜間はきちんと暗くしてあげましょう。水草や流木など配置して隠れ家を多く作ってあげてくださいね。混泳相手は体が小さくて生活スペースの異なるコリドラスにしておきましょう。

1ヶ月もすれば素晴らしい赤と青の発色をみせてくれるようになりますよ。

カージナルテトラは水流が強くても大丈夫なの?

カージナルテトラは泳ぐのが苦手のため、水流が強いと隠れてしまいます。

上部式フィルターの場合には水の吐き出し先をガラス面向けたり、スポンジを設置することで水流を弱めるようにしてください。

カージナルテトラにおすすめの水草

カージナルテトラのレイアウト
カージナルテトラは青色と赤色の発色が強く、水草を多く植えたレイアウトがとても似合います。

水槽内を広く遊泳する姿が最大の魅力なので、前景には背丈の低いグロッソスティグマ、リシア、後景でもあまり高くならないミクロソリウムやヘアーグラスなどがおすすめです。

カージナルテトラに適している水温は?

水温計
カージナルテトラに適している水温は24度~28度です。25度を下回ると白点病にかかりやすくなるので、27度くらいがおすすめです。

低水温に弱いので、冬はヒーターを用意してあげましょう。

カージナルテトラにおすすめの餌

テトラプランクトン
カージナルテトラは餌の好き嫌いも少なく、熱帯魚専用餌のテトラプランクトンやテトラミン、メダカの餌までなんでも食べてくれます。

餌の種類が多いほど、健康になり発色も良くなります。なるべく多くの人工飼料やアカムシなど準備してあげましょう。

餌の頻度は朝と夜の毎日2回、1〜2分で食べきれる量を与えてください。

餌を食べないとき

ストレスを感じているときは餌を食べなくなります。隠れ家を増やしたり、気の強い魚がいないか観察してください。泳ぎかたが弱々しいときは1/3ほど水換えをしてみましょう。

カージナルテトラにおすすめの混泳相手

カージナルテトラは温和な性格で多くの熱帯魚と混泳することができます。混泳魚を選ぶときのポイント温和な性格、同じ大きさ、泳ぐ層の違いが大事になってきます。

混泳できる魚

ミナミヌマエビ
混泳に向いている魚は、ネオンテトラ、グッピー、アカヒレ、ブラックテトラ、プリステラなどの小型の熱帯魚です。

特にコリドラスやミナミヌマエビ、オトシンクルスなどは水槽の掃除役として活躍してくれます。

混泳できない魚

エンゼルフィッシュ
中型種や攻撃性の高い魚は混泳できません。エンゼルフィッシュ、ベタ、グラミー、スマトラ、ゼブラダニオなどはやめておきましょう。

カージナルテトラの繁殖方法

カージナルテトラ
カージナルテトラは産卵まではしますが、稚魚の育成が難しい熱帯魚です。

日頃から餌をしっかりとあげて、親魚を成熟させておきましょう。3cm以上になると繁殖することが出来ます。

60cm水槽に30匹以上入れておいて、水温は28度前後、pHを6.0を維持することでペアが出来ることがありますよ。

産卵場所

ペアができていれば、自然と産卵が行われます。気づかないうちに水草や砂の上に産卵された卵を見つけることができるでしょう。

1ヶ月に1回50個〜100個ほどの卵を産んでくれます。

卵は瞬く間に他の魚に食べられてしまうため、産卵ケースの準備が必要です。底が浅いプラスチック製のケースに鉢底ネットを置いて、水底に設置してください。卵がケースの中に落ちるようにしておきましょう。

卵を見つけたらどうする?

親魚がいる水槽から別の水槽に移動させましょう。卵は照明を当てずに薄暗い場所に置いてください。産卵から24時間ほどで孵化が始まります。

カージナルテトラの稚魚の育て方

稚魚は孵化してから3日程度で餌を食べるようになりますが、稚魚がかなり小さく、なかなか餌を食べてくれません。

ブラインシュリンプよりもさらに小さいインフゾリアを与えましょう。インフゾリアは市販されているインフゾリアの素で増やすことができますよ。

とても臆病なので、照明は消して、暗い環境で飼育します。

水温の変化に弱いので、水換えは行わないか、1/10程度の水換えに抑えておいてください。生後10日ほどでブラインシュリンプを食べられるようになります。

カージナルテトラの寿命は?

カージナルテトラの寿命は2〜3年です。

上手に飼育すると5年ほど生きることがあります。大事に育ててあげてくださいね。

カージナルテトラがかかりやすい病気

カージナルテトラは体が小さく、病気にもかかりやすい魚です。病気の予防は細菌の進入を防ぐことと、きちんと水換えを行うことです。
かかりやすい病気を紹介していきますね。

白点病

体中に白い点々ができる病気で、感染力が強く、あっというまに水槽中に広がっていきます。導入初期や環境の急激な変化で体が弱っているときに、線虫という寄生虫にかかることで発症します。別の水槽に隔離して1週間ほどメチレンブルーで薬浴しましょう。

腹水病

腹水病はお腹がボコボコと出たり、パンパンにふくれたりします。水質悪化でエロモナス菌が繁殖したことが原因です。水を全て交換し、発症した個体は別の水槽に隔離してグリーンFで薬浴してください

気泡病

体に水泡ができて、放置していると大きくなって泳げなくなっていきます。水が古くなった時に発症しやすくなります。こちらもすぐに全ての水を交換しましょう。発症した個体は別の水槽に隔離してメチレンブルーで薬浴してください。

イカリムシ

イカリムシに寄生されると魚がかゆそうに、石や流木に体をこすりつけるようになります。川水や井戸水など自然の水を使っているときに、水槽に侵入して発症します。水槽や流木、石、水草など徹底的に掃除をして駆除しましょう。発症した個体はメチレンブルーで薬浴してください。

ネオン病

ネオン病は体の色が薄くなり、出血のため赤い点が見えるようになります。水質悪化が原因で繁殖するカナムナリス菌が原因です。ほかの魚にうつるので、すぐに飼育水を全て交換してください。初期ならグリーンFの薬浴で治ることもありますが、完治は難しいです。

水カビ病

体に白いわたのようなものが付着する病気です。サプロレグニアという菌が傷口から侵入して発症します。別の水槽に隔離して、塩分濃度が10%ほどになるまで徐々に塩を追加していきましょう。

尾ぐされ病

各ヒレが溶けていく病気で、ギザギザになっていきます。水質悪化が原因でカナムナリス菌が水槽内に繁殖したことが原因です。飼育水をすぐに全て交換してください。病気の個体は別の水槽に隔離して、グリーンFで薬浴しましょう。

治療の途中で体色が黒くなることもありますが、きちんと治るので気にしないでくださいね。

皮下線虫

体表に白い線のような寄生虫がついている病気で、寄生された場所がふくれあがったりします。皮下線虫という寄生虫が原因です。治療薬の効果は薄いため、ピンセットで直接取り除かないといけません。濡れたガーゼで優しく包んで、ピンセットで除去しましょう。その後、患部にヨード剤を塗ってあげてくださいね

スポンサーリンク
スポンサーリンク