魚の飼育用品

おすすめの30cm水槽とキューブ水槽を紹介!水量や重さはどのくらい?

30cm水槽で飼育できる熱帯魚

ネオンテトラ

横幅で30cmの水槽は規格水槽の中では最も小型で、場所を選ばずにインテリアとして活躍してくれますが、飼育できる生き物の種類には限りがあります。

目安としては体長が4cm以下の生き物である、メダカや小型の金魚、ネオンテトラなどの小型カラシン、グッピー、ドワーフグラミー、ラスボラ、コリドラス、ミナミヌマエビ、レッドビーシュリンプなどになります。飼育数は多くても5匹が限度です。

飼育できる種類に制限があるだけではなく、水量が少ないことから、水質の悪化が早いというデメリットもあります。出来れば週に1回は水を1/3ほど交換して、水質の維持に努めてあげましょう。

これらの理由から初心者には手間がかかる水槽ですが、慣れてくると狭さを感じさせない素晴らしいインテリアを作ることも出来ますので、ぜひ挑戦していってみてください。

おすすめの30cm水槽

金魚元気 水きれいセットS

30cm水槽の中でもダントツに値段が安く、金魚やメダカなど、初めて飼育に挑戦してみたいという方におすすめです。

バックスクリーンや人工植物、カルキ抜きもついているので、これ1つで飼育を始めることが出来ます。他には照明や冬にはヒーターを準備できれば完璧ですね。

大きさ 幅31cm×奥行16cm×高さ24cm
水量 11L(水位-1cmで10.6L)
重さ 1.9kg(本体)+10.6kg(水)

サイレントフィット 30cm水槽セット

白色がベースになっており、奥行きはスリムで静音タイプのフィルターがついているため、インテリアとして場所を選ばずに使いやすい水槽です。

台所やテーブルの端など、部屋のちょっとした場所におきたいときにおすすめです。

大きさ 幅31cm×奥行16cm×高さ24cm
水量 11L(水位-1cmで10.6L)
重さ 1.7kg(本体)+10.6kg(水)

グラステリア フレームレス 30cm水槽

側面がフレームレスになっているため、端にいる熱帯魚も鑑賞しやすい30cm水槽です。特に30cm水槽は横幅がないので、鑑賞スペースを広げるためにもフレームレスタイプはおすすめです。

大きさ 幅30cm×奥行20cm×高さ25cm
水量 14L(水位-1cmで13.5L)
重さ 4.1kg(本体)+13.5kg(水)

こちらは餌と外掛け式フィルタ-、カルキ抜きがついたセットです。まだ周辺の用品を持っていないときはこちらを購入すると良いですよ。

クリスタルキューブ30cm水槽

クリスタルキューブ水槽は奥行きが30cmある正方形の水槽です。奥行きがあることで流木や水草などのレイアウトをする余裕が出てきます。

側面のガラスはシリコンで接着されており、フレームがないので、広々と観察することが出来ます。

大きさ 幅30cm×奥行30cm×高さ30cm
水量 25.6L(水位-1cmで24.8L)
重さ 5.5kg(本体)+24.8kg(水)

オールガラス水槽 30cmハイタイプ水槽

ハイタイプは高さが40cmもある水槽で、他の形状にはない迫力が出てきます。

高さがあることで、背丈の高い水草を飼育したり、底砂の量を増やすことが出来ます。他にも子供のエンゼルフィッシュなど、体高がある熱帯魚にもおすすめです。

大きさ 幅30cm×奥行30cm×高さ40cm
水量 34L(水位-1cmで33.5L)
重さ 7kg(本体)+33.5kg(水)

ガラスの水景 30cm水槽 ロータイプ

ガラスの水景は高さのない30cm水槽です。

らんちゅうなどの金魚やメダカ、ベタ、グッピー、観賞用エビ、ザリガニなど水槽の高さが必要ない生き物を飼育するのに適しています。

大きさ 幅30cm×奥行20cm×高さ14cm
水量 7.7L(水位-1cmで7.2L)
重さ 3kg(本体)+7.2kg(水)

30cm水槽の周辺設備

30cm水槽の水槽台

一般的な30cm水槽は本体と水の重さを合計すると20kgほどになります。

しっかりとした台であれば問題ありませんが、4本足のテーブルに置くとぐらついて危険ですので、専用の水槽台を設置してください。

30cm水槽のヒーター

必要なヒーターのワット数は水量によって決まります。水量が20L以下の30cm規格水槽なら40Wを、50L以下のキューブ水槽だと80Wのヒーターが必要です。

ヒーターのW数は一定の温度になると停止するので、レイアウトの邪魔にならない程度であれば、W数が高い分には問題になりません。温度調節機能があるヒーターを購入しておくことをおすすめします。

30cm水槽の立ち上げ方法

30cm水槽の立ち上げでもっとも注意して欲しいポイントが、水槽を立ち上げてすぐに魚を入れないことです。

その理由は、魚のフンや餌の食べ残しは非常に有害な物質ですが、水槽内にはこれらを無害な物質に分解してくれるバクテリアがいます。しかし、立ち上げたばかりの水槽ではバクテリアが十分におらず、1週間もしないうちに危険な環境になってしまうからです。

安全に行く場合、最初にパイロットフィッシュといって、1ヶ月ほど魚を飼育してから、メインの生き物を入れることをおすすめします。

水槽立ち上げの順番

  1. 砂利や流木、水草を水洗いしておく
  2. 水槽の置き場所を決める
  3. 水槽に砂利や流木などのレイアウトを設置する
  4. フィルターやヒーターを設置する(電源は入れない)
  5. カルキを抜いた水道水を入れる
  6. フィルターなどの電源を入れる
  7. 1時間ほどで水の濁りがとれる
  8. パイロットフィッシュを1ヶ月飼育する
  9. メインの魚を入れる

水槽の立ち上げ方法でも詳しく紹介しているので、ご参考ください。

30cm水槽についてまとめ

プラティ

今回は小型水槽の代表格でもある30cm水槽について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

横幅が30cmしかないので、複雑なレイアウトや群泳を楽しむことは出来ませんが、スペースをとらないので、場所を選ばずに自宅のインテリアとして活躍させやすい大きさです。

将来、熱帯魚飼育にはまっていけば、繁殖用水槽としても活躍してくれるため、購入しておいても損はないサイズですよ。

-魚の飼育用品

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.