カメ

水中亀やリクガメの飼育に大切な餌について紹介!あげてもいいエサの種類や与え方は?

2019年5月23日

亀は雑食性で何でも食べてくれるので、どの餌が良いの?と迷うことは多くはありませんが、反対に栄養バランスの悪い餌を与えてしまうと、長生きできなかったり、体のバランスが悪くなってしまいます。

今回はそんな亀の餌についてあげても良い種類やエサの与え方など詳しく紹介していきます。

亀の餌の種類と選び方

亀の餌

亀は大きく分けると、水中に生息する亀と陸地に生息する亀の2種類がいます。

水中に生息する亀とはミドリガメ、クサガメ、アカミミガメ、ゼニガメ、スッポンモドキ、マタマタなどホームセンターでもよく見かける種類から一風変わった種類までいます。ここに分類されるカメのほとんどが雑食性ではありますが、どちらかというと肉食性の方が強いです。

水中に生息する亀の生態や飼育方法についてはペットで人気の亀を紹介!おすすめの種類や飼育方法、値段、寿命のまとめで詳しく紹介しているので、ご参考ください。

反対に陸地に生息する亀はリクガメが中心となっており、こちらは完全な草食性です。リクガメにも種類が豊富におり、ペットで人気のリクガメを紹介!おすすめの種類や飼育方法、値段、寿命のまとめで詳しく紹介しているので、ご参考ください。

水中に住む亀の餌の種類

亀の餌

人工餌

レプトミン

値段 500円
月の餌代 300円
入手場所 ホームセンター、ネット通販

亀の餌には「レプトミン」という人工餌が栄養バランスが豊富で食いつきが良いので、メインの餌におすすめです。雑食性で多くの栄養をとらないといけないカメに最適な餌です。この人工餌を食べてくれるなら、他の餌を無理に与える必要がないほどです。

大型の亀にはこちらの大サイズを与えるようにしてください。

生き餌

メダカ

値段 50匹700円
月の餌代 1000円
入手場所 熱帯魚専門店、ネット通販

マタマタやスッポンモドキなど肉食性が強い水中棲カメを飼育するときに必要な餌です。これらのカメは生きている餌を好んで食べるため、熱帯魚専門店で市販されているメダカや金魚、エビ、タニシ、ドジョウなどを与えます。他にもミルワームやコオロギなどの昆虫も食べてくれます。

ミドリガメなどのカメでも、人工餌の食いつきが悪いときや、子供の頃にはたくさんの栄養を摂取する必要があるので、食いつきがよくてたくさん食べてくれる生き餌を与えることがあります。

冷凍赤虫

値段 300円
月の餌代 300円
入手場所 ホームセンター、熱帯魚専門店

冷凍赤虫はどの亀も食いつきが良いですが、特に肉食性が強い亀の子供の頃に食べられる大きさの餌として使います。栄養価は少ないですが、スーパーで販売されているシジミやムキエビも与えることができます。

リクガメの餌の種類

リクガメの餌

リクガメの傾向として草食性が強く、市販の餌ではなく、野菜を中心に餌のバリエーションを組む必要があります。

野菜

餌 コマツナ

値段 料理で余った野菜
月の餌代 1000円
入手場所 スーパー

リクガメの餌はスーパーで購入できるチンゲンサイ、コマツナ、サラダナ、モロヘイヤなどの葉野菜が主食になります。おやつとしてニンジンやカボチャ、タンポポ、トウモロコシ、豆苗などを与えると良いですよ。

野生でも野菜を主食しているため、食いつきは抜群で、旬の野菜を与えておけば栄養バランスも問題ありません。それでも餌の種類が少なかったり、栄養が心配な方は人工餌をまぜて与えることをおすすめします。

野草

タンポポ

値段 0円
月の餌代 0円
入手場所 自然採集

野草であれば、タンポポやクローパー、春菊を好んで食べてくれます。衛生的に不安な場所での採集はさけておいてください。自宅で育てておくと安心です。

人工飼料

値段 1000円
月の餌代 300円
入手場所 ホームセンター、ネット通販

リクガメの人工餌にはジェックス社の「リクガメの栄養バランスフード」やビバリア社の「リクガメフード」などがあります。個体によって好みの差があるので、どちらも試してみて食いつきがいい方を与えます。

あくまで主食は野菜として、人工餌はサブのおやつや栄養バランスの調整として与えるようにしてくださいね。

亀の餌の与え方

亀の餌

亀は餌の好き嫌いが少ないので、餌のトラブルは少なく、飼育者さんを悩ませることはあまりありません。いろいろな餌を与えてみて、大好きな餌を見つけてあげましょう。好物の餌を見つけたときの亀の動きは、こんなにも速くなるの??と驚くほどですよ。

エサの与え方

亀に餌を与えるときは、目に前に餌を落として食いつくか確認するだけで大丈夫です。リクガメは餌と一緒に床材も食べてしまう可能性があるので、餌を置くためのお皿を用意しておきましょう。

食べ残した餌は飼育環境を悪くしてしまうので、30分以内には取り除くようにしてくださいね。

餌の量と頻度

亀は子供の頃は甲羅と体の成長にたくさんの栄養が必要なので、毎日食べられるだけ餌を与える必要があります。1日3回、しっかりと餌を与えてください。

大人になると餌の量は必要ではないので、2日に1回、腹八分を目安に与えると良いですよ。大人の亀に餌を与えすぎると肥満になってしまうので、少ないくらいがちょうど良いです。

餌を食べないとき

カメは絶食に強い生き物なので、5日程度であれば餌なしでも問題なく生きていくことができます。

飼育を始めたばかりの頃は新しい環境に慣れておらず、ストレスで餌を食べないことが多いので、慌てないで様子を見守ってください。どうしても食べてくれないときは温度など環境を確認します。活発に動いているのに食べないのは、餌が好きではない場合が多いので、別の餌を食べるか試してみてください。

最初に餌を食べてくれないトラブルが多いため、ショップであげていた餌を確認するようにしておきましょう。

急に餌を食べないようになることもあるので、普段から与えるエサの種類を増やしておくことが大切です。

亀の餌についてまとめ

亀の餌

今回は亀の餌について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

亀と一言にいっても、水中と陸地にいる亀では食生活が全く異なりますので、同じ餌を与えることはできません。さらに人間と同じように個体によっても好物が異なってくるので、それを見極めていく必要があります。

餌を与える時間は亀と仲良くなる大チャンスですし、健康状態をチェックするにも効果的です。毎日の餌やりが楽しくなりますよう、ご参考いただけると幸いです。

関連記事
ペットで人気の亀を紹介!おすすめの種類や飼育方法、値段、寿命のまとめ

小学生の頃、亀をペットとして飼育した経験がある人もいるのではないでしょうか。金魚やメダカに並ぶメジャーな生き物として知られています。 そんな亀ですが、一般的なミドリガメ以外にも外国産のユニークな種類が ...

-カメ

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.