日本のトカゲ

ニホントカゲの生態と特徴、飼育方法を紹介!飼育難易度やカナヘビとの見分け方は?

2019年3月30日

ニホントカゲはカラフルな見た目とかわいい顔つきで、日本の民家にもよく出没する身近な爬虫類です。しかし、飼育は難しく、軽い気持ちでペットにすることはおすすめできません。

今回はそんなニホントカゲについて生態や特徴、カナヘビとの見分け方、冬眠方法、寿命、餌など飼育方法について紹介していきます。

ニホントカゲの特徴

ニホントカゲの飼育

ニホントカゲはトカゲ亜目トカゲ科トカゲ属に分類されるトカゲの仲間です。北海道から本州、沖縄などの日本国内だけではなく、ロシアにも生息しています。

遺伝子的に異なる種類として西日本に生息するニシニホントカゲ、東日本やロシアに生息するヒガシニホントカゲがありますが、見た目にはほとんど差がありません。

体色は光沢があり鱗はツヤツヤで滑りやすくなっています。幼体は黒褐色をベースに5本の黄色いラインが頭部から尾の付け根まで続いており、尻尾は綺麗なメタリックブルーになっています。ニホントカゲは成体になると色が変わります。メスはメタリックブルーが薄くなる程度ですが、オスは茶褐色に黒褐色の模様が入る地味な色へ変化していきます。

体型はずんぐりとしており、太さがあります。指先は細長く、先端のかぎ爪が発達しています。このかぎ爪で木登りや水平なコンクリート壁も自由に登ることができます。

ニホントカゲの大きさ

ニホントカゲの大きさは、頭部から尻尾の先までで平均して15cm、最大だと25cmまで成長します。メスの方が体は一回り太く、迫力があります。

ニホントカゲの寿命

ニホントカゲの寿命は平均で5年です。最長だと10年ほど生きることができます。

ニジイロトカゲと呼ばれることも?

子供のニホントカゲの尻尾の色はとても美しく、見事なグラデーションになっている個体もいます。特に美しい個体はニジイロトカゲという愛称で親しまれており、スピリチュアルなところでは、出会えたら幸運の兆候とも言われています。

ニホントカゲの生態と習性

ニホントカゲの飼育

ニホントカゲは地表での生活がメインですが、たまに低い木に登ることがあります。普段は日光浴をしているか捕食のために歩き回っているのかのどちらかで、敏捷性が高く、素早い動きで敵から逃げたり餌を捕食をすることができます。

完全な肉食性で餌はクモ、バッタ、アリ、コオロギなどの小型の昆虫を捕食します。

石垣や落ち葉、草木が多い場所、木の付け根などの隠れ家が多くて入り組んだ場所をすみかにしています。餌を探すときも隠れ家が多い場所からは離れません。

ニホントカゲの捕まえ方

ニホントカゲを捕まえる時は頭部から接近すると確実に逃げられるため、後ろに回り込んで、前足を狙って素早く手で押さえつけましょう。このときに尻尾を捕まえてしまうと尾切りしてしまうので注意が必要です。

冬眠の方法

ニホントカゲは気温が15度を下回る11月から3月にかけて冬眠を行います。冬眠は土中や石の隙間で行い、その間は仮死状態になるので全く動きません。

ニホントカゲとニホンカナヘビの見分け方

ニホンカナヘビ

ニホントカゲと混同しやすい爬虫類にニホンカナヘビがいます。どちらもトカゲとして名が通っており、カナヘビという名前を知っている方が珍しいですね。

ニホントカゲとニホンカナヘビは体色が大きく異なるので簡単に見分けることができます。ニホンカナヘビは表面がザラザラしており濃い茶色をしています。

ニホンカナヘビの方が尻尾が長く、ニホントカゲは全長の半分が尻尾なのに対して、2/3ほどあります。

カナヘビについてはカナヘビの特徴と飼育方法で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ニホントカゲの飼育に必要なケージと器具

ニホントカゲの飼育

ニホントカゲはたくさん動き回るので、体が小さい割には大きなケージが必要になります。

ケージ

ニホントカゲは地表で生息する爬虫類なので、ケージは床面積が広くて高さの低いものがおすすめです。ケージの大きさは最低でも横幅は60cmで、前開きのものを選んでください。

風通しの良い環境を好むので、上部と側面が金網になっているものが理想です。脱走しやすいので、開閉するときに逃げられないように注意してください。

収容するくらいなら小型プラスチックケースでもいけそうですが、ストレスがたまり拒食症で餌を食べなくなるなど、長期間飼育することができません。

照明

ニホントカゲの照明は紫外線を含んだUVライトとバスキング用の照明の2つが必要です。

紫外線はカルシウムの吸収に必要なビタミンを作るため、紫外線が不足するとクル病などの骨の病気を引き起こします。準備できない時は毎日3時間ほど日光浴をさせてください。

爬虫類の仲間は日光浴で体を温めてから活動を開始します。そのため飼育下でもバスキングスポットと呼ばれる30度〜35度高温地帯を部分的に作る必要があります。

ニホントカゲのライトについは爬虫類のバスキングライトと紫外線ライトで詳しく紹介しているので、ご参考ください。

床材

床材は滑らず、吸水性のいいものを選びます。おすすめはヤシガラマットですが、新聞紙やペットのトイレシートでも大丈夫です。フンをした時はこまめに交換するようにしてください。

落ち葉を使うときも、フンや菌がたまっていきますので、月に1回はすべての落ち葉を交換するようにしてくださいね。

水容器

水容器は水を飲むためだけではなく、脱皮に必要な水分を補う役割があります。全身が浸かる大きさの水容器を準備してあげてください。カルキを抜いた水道水を2日に1回交換してあげてくださいね。

レイアウトの方法

ニホントカゲは臆病な性格をしているため、最初は隠れ家になる石組みや流木をたくさん入れてあげてください。

そのままでは観察することも難しいので、飼育環境に慣れてきたと思ったら、隠れ家を少しづつ減らしていきましょう。ニホントカゲはなつくことはないので、完全に隠れ家をなくすのはやめてください。

ニホントカゲの飼育方法について

ニホントカゲの飼育

ニホントカゲは体が丈夫で飼育しやすいですが、餌は生き餌を準備する必要があるので、軽い気持ちで飼育することはできません。飼育に大切なポイントをそれぞれ紹介していきますね。

値段と販売場所

ニホントカゲはほとんど販売されていないので、欲しい時は野生で捕まえにいくほうが早いです。とはいえ簡単に見つけられるものではなく、草木の多い場所をひたすらに探す必要があります。

部分的に日がさしており、落ち葉の多い公園が狙い目です。

まれにホームセンターなどで販売されている個体だと、値段は1,000円ほどになります。

ニホントカゲに適している温度

ニホントカゲの飼育

ニホントカゲに適している温度は20度〜27度です。

飼育下で冬眠させるのは難しいので、冬はパネル式のヒーターをケージの下に設置して底面を温めてください。最低でも20度は保てるようにしてくださいね。

ケージ内の蒸れに弱いので、風通しがいい場所にケージを置いておきましょう。

ニホントカゲに適している湿度

ニホントカゲに適している湿度40%〜60%です。床が乾燥してきたなと思ったら、数回ほど霧吹きしてあげましょう。頻度は1日1回が目安です。

おすすめの餌と給餌方法

クモ

ニホントカゲは基本的には生きた餌しか食べないため、体が小さくて入手が簡単なイエコオロギかミルワームが主食になります。ネット通販やホームセンターで1匹10円ほどで販売されているので、それを入手してください。慣れてきたら自家繁殖をしてコストカットしていきましょう。

他にも小さいバッタやクモを食べるので、時期が合えば捕まえにいきましょう昆虫食だけではカルシウム不足になるため、専用のカルシウム剤を昆虫にまぶしてから与えます。

個体によっては小さく刻んだ鶏肉や爬虫類専用の人工飼料を食べることがあるので、試してみるといいですよ。

餌の頻度は子供の時はコオロギと一緒に生活させて食べたいときに食べさせる、大人になると2日に1回、体の大きさにあったコオロギを1匹与えてくださいね。餌の大きさは頭部の1/3の大きさが目安です。

ニホントカゲの餌についてはカナヘビと同じです。カナヘビの餌で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

多頭飼いできる?

ニホントカゲのオスは縄張り意識が強く、単独でしか飼育できません。自分のテリトリーに侵入してきた相手はしつこく追いかけ回して殺すことがあります。

ニホントカゲについてまとめ

ニホントカゲの飼育

ニホントカゲは見た目が綺麗なだけではなく、捕まえる難しさや、見つけにくさから憧れの生き物でもありました。

身近な生き物でありながら大きなケージがいることや生き餌を準備するなど長期飼育は簡単ではありません。短期間でも無理なく飼育できるのはせいぜい1週間程度でしょう。飼育環境が準備できない時は早めに逃がしてあげてくださいね。

関連記事
ペットで人気のトカゲを紹介!おすすめの種類や飼育方法、値段、寿命まとめ

トカゲは犬や猫、魚のように人気がある生き物ではないので、ペットショップで見かけることはなかなかありませんが、最近はリクガメやヤモリなどの可愛さに惹かれて爬虫類もペットとして飼育することに注目が集まって ...

-日本のトカゲ
-

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.