トカゲ

可愛くてかっこいい!アルマジロトカゲとは?生態と特徴、飼育方法について紹介します!

2019年3月24日

アルマジロトカゲは空想上のドラゴンとも思える姿で、野性味溢れる顔つきと体型が人気を集めています。みための強烈さに反して体は小さく、つぶらな目がとてもかわいいトカゲです。

今回はそんなアルマジロトカゲについて生態や特徴、値段、大きさなど飼育方法について紹介していきます。

アルマジロトカゲとは?生態と特徴

アルマジロトカゲの飼育

アルマジロトカゲはヨロイトカゲ科ヨロイトカゲ属に分類されるトカゲで、南アフリカ共和国の岩場と砂漠が半々くらいにある乾燥地帯に生息しています。

全身が鎧のような固い鱗で覆われており、敵に襲われた時は自分の尻尾の先端を噛んで全身の棘を逆立てて丸くなるのですが、その姿がアルマジロのように見えることから名付けられました。動きは早くなくもっさりとしているため、身を守るために体は固く、丸まれるように進化したのです。

昼行性のトカゲで夜間は岩の間で休んでおり、朝に日光浴で体を温めてから活動を始めます。肉食性で餌は昆虫やクモを好んで捕食します。トカゲには珍しく10匹前後の集団行動をする種類なので、多頭飼いすることができます。

とても臆病な性格で、人なれしていない個体はすぐに隠れてしまいます。

体の大きさ

全長で20cm、平均だと17cmほどの大きさになります。海外に生息する観賞用トカゲは30cm〜50cmの種類が多く、トカゲの中では小型といえます。

寿命

寿命は平均で10年ほどです。上手に飼育すると13年は生きてくれます。

繁殖について

爬虫類には珍しく胎生のトカゲで、卵ではなく子供を直接産みます。生まれたばかりのアルマジロトカゲはトゲが柔らかく、時間の経過とともに乾燥してトゲトゲしくなります。

アルマジロトカゲの飼育に必要なケージと器具

アルマジロトカゲは小型のトカゲなので生体価格を除けば初期費用はあまりかかりません。だいたい3万円ほどみておけば十分ですよ。

必要なもの

  • ケージ
  • 照明
  • 床材
  • 水容器
  • シェルタ-

ケージ

アルマジロトカゲは小型のトカゲなのでケージも大きいものは必要なく、横幅は体長の2倍、奥行きと高さは体長の1.5倍ほどあれば十分です。

大きさが20cmの個体だと40cm(横幅)×30cm(奥行き)以上の大きさがあればいいですよ。この大きさだとだいたい1万円ちょっとです。上から近づかれるのを嫌うため、ケージは前開きのものを選んでくださいね。

照明

照明には体を温めるためのバスキングライトと紫外線を浴びるためのUVライトの2つが必要です。

バスキングライトではバスキングスポットといって35度〜40度の高温地帯をつくり、そこで体を温めさせます。紫外線ライトはカルシウムの吸収をよくするビタミンDを作り出すことで、丈夫な体を作ってくれます。

アルマジロトカゲのライトについは爬虫類の飼育で重要なバスキングライトと紫外線ライトを紹介!爬虫類別のおすすめ商品は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

床材

床材はヤシガラマットや木材系チップ、乾燥した砂などが使用できます。他にも新聞紙やペット用のトイレシートで代用することもできますよ。フンをした時にこまめに取り除く必要があり、後者の方が管理は楽になります。

何もしかないのはやめてください。ツルツル滑っていると足腰が弱くなるので、様子を見ながら床材を検討してください。

水容器

乾燥に強いですが、水を飲む必要があるため、小さな水容器をいれておいてください。2日に1回は新鮮な水に交換してくださいね。

シェルター

臆病な性格をしているため、隠れ家になるシェルターをいれておくことで早く飼育環境に慣れてくれます。コルクや流木、石などで全身がちょうど隠れるくらいのものをいれておきましょう。

シェルターをたくさんいれると隠れて出てこなくなり、餌を食べない時もあるので、注意が必要です。同時にシェルターを入れておくと人になれるのに時間がかかるため、1ヶ月ほどしてからなくしてしまう方法もよく使われます。

アルマジロトカゲの飼育方法について

コオロギ

アルマジロトカゲが生息している南アフリカは昼夜の気温差が激しく、乾燥しており、餌も少ないととても厳しい環境でのため、他の乾燥系トカゲよりも丈夫で飼育が簡単です。

価格と販売場所

アルマジロトカゲは乱獲によって数が激減し、絶滅危惧種に登録されました。そのため現地では輸出が制限されており、非常に希少価値が高いです。値段は1匹あたり30万円〜とかなり高騰しています。

繁殖も難しく、海外ブリーダーからごく稀にCB個体(養殖個体)が入荷されてくるという状態です。国内でもそういった海外ブリーダーと繋がりがある販売店しか取り扱えないため、発注類専門店のかたに紹介してもらうか、ネットで情報を収集していきましょう。

適している温度と湿度

アルマジロトカゲが生息している環境は昼夜の気温差があるため、それに合わせる必要があります。

昼間は25度〜30度、夜は20度前後、バスキングスポットは30度〜35度を保ちましょう。暑さに強いですが、ケージ全体が30度を超えてくるとバテてくるので、夏場はクーラーをつけてあげてください。

冬場はパネル式ヒーターではなく保温球や赤外線ランプでケージ全体を20度以上になるように温めてください。

乾燥系のトカゲなので霧吹きなどは必要ありません。

おすすめの餌と給餌方法

アルマジロトカゲの餌はコオロギなどの昆虫が主食になります。ミルワームも好物ですがタンパク質が豊富で肥満になりやすいので月に数回に抑えておいてください。昆虫食だけだとカルシウム不足になるため、専用のカルシウム剤を餌にまぶしてから与えましょう。

個体によってはエサ入れにいれた人口餌を食べることもありますので、慣れてきたら乾燥トカゲ専用餌であるレパシーのクラブバイなどを与えてみましょう。

ケージにコオロギを放つと床材の誤飲やコオロギが脱走することがあるので、なるべくピンセットを使って直接与えます。餌の頻度は2日に1回、1〜2匹ほど与えてくださいね。

ハンドリングの方法

アルマジロトカゲはハンドリングを楽しむことができますが、臆病な性格で飼育者に懐かせるまで時間がかかります。

餌やりや逃げない程度に手を近づけることで飼育者の臭いを覚えさせていきましょう。慣れた個体は手をケージにいれると近づいて来てくれるので、とてもかわいいですよ。

アルマジロトカゲに会える動物園

アルマジロトカゲは非常に高価で珍しいので爬虫類専門店でも簡単に見つけることはできません。どうしても見たいときは展示している動物園にいってみましょう。動物園での飼育数も多くなく、関西地方では見られないのが残念です。

北海道・東北地方

円山動物園 北海道札幌市中央区宮ケ丘3番地1
男鹿水族館GAO 秋田県男鹿市戸賀塩浜壷ケ沢93

関東・中部地方

東山動植物園 愛知県名古屋市千種区東山元町3丁目70
こども動物自然公園 埼玉県東松山市岩殿554

四国・中国地方

とべ動物園 愛媛県伊予郡砥部町上原町240
のいち動物公園 高知県香南市野市町大谷738
安佐動物園 広島県広島市安佐北区安佐町
徳山動物園 山口県周南市徳山5646

アルマジロトカゲについてまとめ

今回はアルマジロトカゲの生態や特徴、飼育方法についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

アルマジロトカゲは見た目のかっこよさと身を守る態勢の面白さ、体も小さく飼育が簡単ととてもおすすめのトカゲでありますが、絶滅危惧種で数が少なく、高価のため入手するのは困難です。あまり寿命は長くなく、日本に入荷されるのが止まる日もありえますので、姿を一目見ておきたい人は早めに動物園に行ってみましょう。

アルマジロトカゲも分類されているヨロイトカゲの他の種類についてはヨロイトカゲの生態と特徴、飼育方法を紹介!ペットとしておすすめの種類や餌の与え方は?で詳しく紹介していますので、よろしければご参考ください。

関連記事
ペットで人気のトカゲを紹介!おすすめの種類や飼育方法、値段、寿命まとめ

トカゲは犬や猫、魚のように人気がある生き物ではないので、ペットショップで見かけることはなかなかありませんが、最近はリクガメやヤモリなどの可愛さに惹かれて爬虫類もペットとして飼育することに注目が集まって ...

-トカゲ
-,

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.