ヒョウモントカゲモドキ

ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)とは?種類と特徴、飼育方法について紹介します!

2019年5月19日

ヒョウモントカゲモドキはペットとして飼育できる爬虫類の中でダントツの人気を誇っているヤモリの仲間です。姿のかわいさや飼育のしやすさ、なついてくれた時のふれあいなど楽しいポイントがたくさんあります。

今回はそんなヒョウモントカゲモドキの生態や特徴、種類、モルフ、飼育環境など飼育方法について詳しく紹介していきます。

ヒョウモントカゲモドキの特徴

ヒョウモントカゲモドキの飼育

ヒョウモントカゲモドキはトカゲモドキ科アジアトカゲモドキ属に分類されているヤモリです。

レオパードゲッコーという愛称で親しまれており、短縮したレオパという名前もよく使われています。名前の由来は豹(ヒョウの)ような模様をしていることから、レオパード(ヒョウの英語名)とゲッコー(ヤモリの英語名)やヒョウモン(ヒョウ柄)と呼ばれるようになりました。

トカゲモドキ属とはヤモリの仲間ではありますが、ヤモリ特有の足裏にある無数の毛がないため、天井など上ることができず、どちらかというとトカゲの性質に似ていることから、トカゲモドキと名付けられました。

体型は頭部、胴体、尻尾とそれぞれが太く、全体的にぷよぷよしています。かわいい体つきに反して、黒目は縦に細長く、よくみると怖い顔つきをしています。

尻尾について

ヒョウモントカゲモドキの特徴の一つに立派な尻尾があります。尻尾は栄養を蓄える働きがあり、餌不足になると、尻尾から栄養を吸収し、尻尾は細くなってしまいます。

他にも威嚇をするときには尻尾を左右に震わせたりします。

尻尾を掴んだりして身の危険を感じると尾切りしてしまいます。栄養価の高い餌を与えることで再生尾として新しい尻尾が生えてきますが、もともとの尻尾とは模様や表面が異なるため、違和感がでてきます。なるべく尻尾を掴んだりしないように注意しましょう。

体の大きさ

大きさは平均して20cm、最大だと25cmまで成長します。

寿命

ヒョウモントカゲモドキの寿命は平均して10年~15年です。野生化ではもっと長くて、20年以上は生きることができます。

寿命についてはヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の寿命はどのくらい?長生きさせる方法を紹介します!で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ヒョウモントカゲモドキの生態

ヒョウモントカゲモドキの飼育

ヒョウモントカゲモドキは砂漠地帯や周辺の草原など、比較的乾燥している地域を好んでいます。

夜行性で、昼間は石や流木の隙間や地面の巣穴などで休み、夜になると活動します。決まった場所に生息し、運動量は多くないので、巣穴からそれほど離れることはありません。巣穴は涼しくて湿度が高い場所を好みます。

餌はガやコオロギ、クモなどの小型の昆虫を捕食しています。

飼育下ではカメ?と思うくらいゆっくりと動き回る印象が強いですが、野生種は活発で走ったり素早く動くことができるため、簡単に捕まえることはできません。

脱皮

ヒョウモントカゲモドキの飼育

ヒョウモントカゲモドキは体の成長につれて、古く小さくなった皮膚を脱ぎ捨てるために脱皮を行います。小さい怪我であれば脱皮することで綺麗になくなります。

脱皮の頻度はベビーの頃は月に1回、大人になると2ヶ月~3ヶ月に1回のペースで行います。

脱皮前には食欲が落ちたり、拒食したり、あまり動かないようになることがありますので、必要以上に気にしないようにしてください。

初めての脱皮や脱皮が下手な個体は皮が残ることがあります。放置していると脱皮不全で皮が余った部分が壊死することがあるため、ぬるま湯につけて皮を脱ぐのを手伝って上げましょう。

レオパードゲッコーの種類とモルフ

ヒョウモントカゲモドキはペットとしての人気の高さと繁殖の簡単さから、世界中で品種改良が盛んに行われており、モルフ(カラーバリエーション)が豊富です。

代表的なモルフを紹介していきますので、お気に入りの1匹を見つけるための参考にしてくださいね。

ワイルド

ヒョウモントカゲモドキ ワイルド

ワイルドは野生に生息しているモルフで、ノーマルとも呼ばれています。薄っぽい黄色をしており、ところどころに茶色が混ざっています。

ハイイエロー

ヒョウモントカゲモドキ ハイイエロー

ハイイエローは黄色の発色がきれいで、もっとも人気があり販売量も多いモルフです。ワイルド個体の中でも黄色の発色が強い個体同士を繁殖させて、黄色を定着させました。

パターンレス

ヒョウモントカゲモドキ ラプター

パターンレスとはヒョウ柄の模様がないモルフで、全体的に薄いオレンジ色をしています。

マックスノー

ヒョウモントカゲモドキ ワイルド

マックスノーは白色をベースに黒いヒョウ柄が入っているモルフです。マックスノー同士を掛け合わせると、白と黒色のメリハリが強いスーパーマックスノーが生まれることがあります。とてもレアなモルフで、高値で取引されています。

ヒョウモントカゲモドキの飼育に必要なケージと器具

ヒョウモントカゲモドキの飼育

ヒョウモントカゲモドキは体が小さくて、ライトなども必要ではないため、飼育環境を整えるのに、初期費用で1万円もあれば十分です。安価に揃えようと思ったら5千円を切ることもできますよ。

ケージ

ヒョウモントカゲモドキの飼育に必要なケージの大きさは30cm(横幅)×20cm(奥行き)の小型サイズで、高さは最低限あれば問題ありません。

環境の変化に強いため、タッパや衣装ケース、虫かごなど、どのようなケージでも飼育することができます。飼育と管理を簡単にしたい時はアクリル製ケージのレプタイルボックス、レイアウトを楽しみたい時は透明度が高い爬虫類専用のガラス製ケージがおすすめです。

爬虫類用ケージで人気のグラステラリウム3030だと31cm(横幅)×31cm(横幅)のケージが7,000円前後で販売されていますよ。ワンサイズ上の4530だと15,000円前後と値段は上がりますが、46cm(横幅)×46cm(奥行き)もありますので、しっかりとしたレイアウトを組むことができて、飼育が楽しくなります。

ライト

ヒョウモントカゲモドキは夜行性のため、バスキング用の照明や紫外線を含んだUVライトは必要ありません。観賞用に熱帯魚の飼育で使用される蛍光灯を設置しておくと良いでしょう。

アルビノ系のモルフは視力が低く、光を苦手としているので、なるべく蛍光灯がない環境で飼育してあげましょう。

床材

ヒョウモントカゲモドキの床材は吸水性が高く、湿度が保ちやすいヤシガラマットやウォールナッツ、デザートソイルなどがおすすめです。フンをしたらすぐに取り除くようにしてください。臭いがするようになってきたら全交換します。

レイアウトを気にしなければ、ペット用のトイレシートにすることで交換が簡単になります。トイレシートは誤食をすることがなく、特に繁殖や多頭飼育している方は交換の手間が多いため、ペットシートを用いることが多いです。

ベビーサイズの頃は床材の誤食が致命的になることが多いため、ペット用のトイレシートで飼育しましょう。

水容器

水入れは飲み水としてだけではなく、水浴びをすることで体の湿度を保つ役割があります。水容器の中でフンをすることが多いので、汚れやすく、毎日新鮮な水に交換してあげましょう。水容器はタッパなどフチが浅くて倒れにくい物を用意してください。

シェルター

シェルター

ヒョウモントカゲモドキは日光を嫌がるため、日中は隠れられるシェルターが必要です。特に巣穴には高い湿度を作り出すために、シェルターの上に水を入れられるものか、シェルターの中には水苔をいれるなど工夫が必要です。

ヒョウモントカゲモドキの飼育方法について

ヒョウモントカゲモドキの飼育

ヒョウモントカゲモドキは体が丈夫で人工飼料への餌付けがいいため、初心者にも飼育しやすい爬虫類です。

販売場所

ヒョウモントカゲモドキなどの爬虫類は対面販売が義務づけられているため、ネット通販で購入することはできません。

人気の生き物ですので、爬虫類専門店で比較的容易に見つけることができます。他にも全国で開催されているイベントや、どうしても欲しいモルフがあるときはブログで有名なブリーダーさんを探して、連絡を取ってみるといいですよ。

値段や販売場所についてはヒョウモントカゲモドキの値段や販売場所!価格や相場、購入するときの選び方は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

レイアウト方法

レイアウトは床材をベースに、背の低い流木や石組をすることで、少しだけ立体移動させると野性味が出てきます。石と床材の隙間に潜り込んで、圧迫されてしまうことがあるので、しっかりと埋め込んで、移動させられないように注意してください。

ハンドリング

ヒョウモントカゲモドキは大人しい性格をしているので、簡単にハンドリングを楽しむことができます。

飼育を初めて1ヶ月ほどは新しい環境に慣れておらず、警戒していて、なついてくれないので、餌を何度か与えることで飼育者の匂いに慣らしていきましょう。

ハンドリングをするときは腹部からそっと抱きかかえて、4本の指で腹部を、親指で背中を軽く押さえることで固定してください。

適している温度と湿度

ヒョウモントカゲモドキに適している温度は25度~30度です。低温に弱いので、冬はパネル式ヒーターをケージの底面に設置して、腹部から温めるようにしてください。床全体を暖めると、暑すぎるときに逃げ場がなくなるので、床面積の1/3ほど埋まるようにヒーターを設置します。

湿度は40%~60%を好みます。乾燥しやすい冬は朝と夜に霧吹きすると良いですよ。

温湿度計を設置して、毎日数字をチェックしてくださいね。


おすすめの餌と給餌方法

ヒョウモントカゲモドキの主食となる餌はコオロギやゴキブリなどの昆虫か、レオパゲルやレオパブレンドフードの人工餌になります。特に昨今は食いつきが良い人工餌が開発されてきたので、餌やりが簡単になりました。

餌を1種類だけ与え続けていると、食べてくれないことがあるため、バリエーションを組んで上げましょう。いくら人工餌があるといっても、昆虫が大好きな個体が多いので、なるべく用意してあげるといいですね。

餌の頻度はベビーの頃は食べられるだけ与えて、大人になると週に3回、コオロギだと4匹~6匹ほど与えます。

餌についてはヒョウモントカゲモドキの飼育に大切な餌について紹介!おすすめのエサの種類や与え方は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ヒョウモントカゲモドキについてまとめ

ヒョウモントカゲモドキの飼育

今回はペットで飼育できる爬虫類の中で最も人気があるヒョウモントカゲモドキについて紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

初心者に飼育しやすく、のっそりとした動きや餌を食べる姿はとてもかわいく、ハンドリングもできるので、触れあえるペットとして飼育することができます。費用もあまりかかりませんので、気になってみた方はぜひ飼育に挑戦してみてくださいね。

ヒョウモントカゲモドキにそっくりな生き物にニシアフリカトカゲモドキというヤモリがいます。体の大きさは同じくらいですが、手足は短く、ぽてっとした姿がかわいらしいです。ニシアフリカトカゲモドキについてはニシアフリカトカゲモドキの生態と飼育方法!値段や販売場所、レオパとの違いは?で詳しく紹介していますので、よければご参考ください。

関連記事
ペットで人気のヤモリを紹介!おすすめの種類や飼育方法、値段、寿命まとめ

ペットとして飼育されているヤモリは意外にも多く、その中でも人気種に絞ると11種類ほどいます。 それぞれの特徴や飼育難易度と同時に、簡単ではありますがヤモリの性格や飼育環境、与える餌、かかりやすい病気な ...

-ヒョウモントカゲモドキ
-

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.