ニホンヤモリ

ヤモリは鳴く?どんな鳴き声をしているの?

2019年5月22日

ヤモリはあまり鳴く生き物ではありませんが、ストレスや気分によって鳴き声を出すことがあります。

今回はヤモリがどんな状態にあるときに鳴くのか、どんな鳴き声を出すのか、頻繁に鳴くヤモリの種類などそれぞれ詳しく紹介していきますね。

ヤモリの鳴き声は?

ヤモリはおとなしい性格をしており、日常的に鳴くことはありませんが、驚いたときには鳴き声を発します。

窓ガラスや家の壁にくっついているヤモリの胴体を手で押さえつけると「ギュウウウウ」といった嫌がっている鳴き声をだします。ヤモリには申し訳ないのですが、この声は結構かわいいです。

飼育者に慣れていないときは威嚇のための「ケケケ」や「ケッケッケッケッ」という鳴き声を出します。この声を出したときに手を近づけると噛みつかれますので、いったん距離を置くようにしてください。石垣島など沖縄県はヤモリの生息数が多く、夜に喧嘩のために「ケケケ」と鳴きあっている声をよく聞きます。

体が弱っており死にそうなときには「キュー」と弱っている声を出します。

これらのことを思うと、普段はあまり鳴き声を聞くことはありませんが、よく鳴く生き物なのだなと思いますね。普段は擬態して生活している生き物であり、鳴くことで天敵に居場所がばれるリスクを考えると、鳴き声を出すときはかなり危険な状態であることがわかります。

トッケイヤモリ

ほかにも海外には繁殖のために積極的に鳴き声を出すトッケイヤモリというヤモリがいます。

トッケイヤモリは中国やフィリピンなどの東南アジアの民家や森林地帯に生息しており、繁殖時期になるとそこら中で求愛のためにトッケイ!トッケイ!トッケイ!とまるで鳥のような鳴き声が聞こえ始めます。繁殖のためのオスが鳴くものですが、メスや子供でも鳴くことがあります。

体長は30cmとかなり大型のヤモリで、おなかをいっぱいに膨らませて鳴きますので、その音はとても大きく、生息数も多いので、近隣では嫌われ者です。

トッケイヤモリは日本でもペットとして人気があるヤモリです。特徴や飼育方法については鳴くヤモリ、トッケイヤモリの特徴と飼育方法!性格や必要なケージ、ハンドリング、病気は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ヤモリの鳴き声についてまとめ

ヤモリの鳴き声

ヤモリが鳴くときは一部の種類を除いて、あまりいい状態ではありません。なにかに怯えていたり、嫌がっていたり、ストレスを感じていることが多いです。

野生のヤモリの鳴き声が夜に民家の天井から聞こえてきたときは何かと戦っているのかな?~と妄想にはげみますが、ペットとして飼育しているヤモリが鳴き出したときは何か起きていないかすぐにチェックしてあげてくださいね。

関連記事
ニホンヤモリの生態と飼育方法!飼育の注意点や寿命、販売価格はどのくらい?

夜に歩いていると、たまーにニホンヤモリを見つけて、おおお!と思うことがありますね。かわいい目玉と仕草はとてもかわいく、ペットとして飼育している人がいるほどです。 今回はそんなニホンヤモリについて餌やり ...

-ニホンヤモリ

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.