メダカとの混泳に最適!ミナミヌマエビの混泳相性。繁殖、熱帯魚とはどうなの?

ミナミヌマエビは水槽のコケを食べてくれるので、水槽の掃除役として大人気です。しかし体が小さく熱帯魚から狙われることも少なくありません。

特にメダカとの混泳に向いています。他にも混泳相性のいい熱帯魚や繁殖できるの?など、ミナミヌマエビの混泳について紹介します。

ミナミヌマエビの混泳で注意すること

ミナミヌマエビの混泳
ミナミヌマエビは温和な性格で混泳相手にちょっかいをかけることがなく、多くの生き物と混泳を楽しむことができます。

しかし、エビ類を餌としている魚は多く、混泳相手を選ばなければ、他の魚から攻撃されて餌にされてしまいます。

長いヒゲをもっている

長いヒゲは魚の興味をそそって、つつかれることが多いです。

それで死ぬことはありませんが、ストレスをためてしまい、水槽の前を歩く姿を観察できなくなってしまいます。

とても小さいエビ

多くの魚はエビや微生物などの小さい生き物を餌にしており、7cm以上の魚にとってミナミヌマエビは格好の餌になります。

食べられる大きさではなくても、餌不足になるとなんどもつついて殺してしまいます。

泳ぐのが苦手

ミナミヌマエビは泳ぐのが苦手なので、追いかけられると逃げることができません。

ミナミヌマエビの混泳を成功させるには?

水草水槽

混泳を成功させるには、ミナミヌマエビの隠れ家になる水草や流木をたくさんいれてあげることが大切です。

水草をいれていない水槽では、混泳させることはできないと思っておきましょう。

特におすすめなのは葉が細いウィローモスなどの藻類やマツモです。可能な限りいれてあげてくださいね。

スポンサーリンク

ミナミヌマエビは混泳水槽でも繁殖できる?

水草水槽

ミナミヌマエビの稚エビはどの熱帯魚にとっても餌になってしまうので、混泳水槽だと全ての稚エビを育てることはできません。

背面が完全に水草で埋め尽くされている水草水槽でも、残って5匹程度かと思います。

混泳水槽でどうしても繁殖させたい時はサテライトなどの熱帯魚の稚魚専用の容器を準備することをおすすめします。

ビオトープにも最適!無加温で飼育できる混泳相手

ミナミヌマエビは無加温で飼育できる生き物なので、同じく冬の寒さに強い混泳相手を選ぶことで、ヒーターが必要ないアクアリウムを楽しむことができます。

基本的には日本産の生き物が多く、原産地を同じにした統一感のあるレイアウトができます。日本の水の中らしさを再現することができますよ。

特に屋外飼育では、水換えなど管理の手間になることを極力減らしたいので、コケを食べてくれるミナミヌマエビは重宝します。

メダカ

メダカ

メダカとミナミヌマエビは混泳相性がよく、最もおすすめです。

メダカは水面近くに生息しているので、ミナミヌマエビとトラブルがおきません。餌の食べ残しや常時発生するコケを食べてくれるので、メダカの飼育が楽になる良きパートナーです。

また、ミナミヌマエビは雑食性ですが生きているメダカの稚魚や大人を襲うことはありません。卵や死んでいる個体を捕食することはありますが、体が小さいので目に見えるほど影響はありません。

メダカが主役の水槽では、飼育の割合はメダカ2に対してミナミヌマエビ1がおすすめです。

ドジョウ

どじょう

ドジョウは7cm〜15cmほどになりますが、生きているミナミヌマエビを襲うことはないので、混泳させることができます。

しかし、ミナミヌマエビからみるとかなりの巨体で、生活スペースも同じなのでストレスを感じてしまいます。水草をいれて上に逃げられるようにしておいてください。

ドジョウは稚エビは食べてしまうので、繁殖をする時はやめておきましょう。

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビはミナミヌマエビと混泳できますが、一回り大きく、餌不足になると生体を襲うこともあるので、注意が必要です。

餌をちゃんとあげていれば、生体を食べる優先度は高くないので大丈夫です。心配であればウィロモーモスなどの葉が小さい水草をたくさんいれてあげてくださいね。

ミナミヌマエビの混泳におすすめの熱帯魚

混泳相手は温和な性格で体が小さい熱帯魚を選びましょう。

グッピー

グッピー
メダカと同様にグッピーも水面近くに生息しているので、安心して混泳させることができます。

ミナミヌマエビが稚魚を捕食することはないので、繁殖も問題なくできますよ。

プラティ

プラティ
プラティは体が小さく温和な性格をしているので、相性がいい熱帯魚です。稚魚が食べられることはないので、プラティの繁殖水槽でも大丈夫です。

コリドラス

コリドラス
コリドラスがミナミヌマエビを襲うことはありませんが、生活スペースが同じなので、体の大きいコリドラスはストレスを与えてしまいます。

ミナミヌマエビが落ち着ける場所として背丈のある水草や流木をいれてあげましょう。

グラミー

グラミー
グラミーは温和な性格で泳ぐのが苦手なので、ミナミヌマエビにストレスを与えることはありません。混泳は小型のドワーフグラミーにしておきましょう。

レッドビーシュリンプ

レッドビーシュリンプ
ミナミヌマエビはレッドビーシュリンプとも問題なく混泳できます。どちらも稚エビを食べることはありません。

しかし繁殖能力に差があり、ミナミヌマエビの方がどんどん増えていくので、バランスは悪くなってしまいます。

別種なので交雑することはありませんよ。

ミナミヌマエビと混泳できない魚

ミナミヌマエビが口に入る大きさの魚やエビが大好きな魚、攻撃性が強い魚はさけておきましょう。

金魚

金魚
販売されている金魚は3cm〜5cmなので、最初は混泳することができますが、成長するにつれて10cmは超えてくるので、ミナミヌマエビは餌になってしまいます。

金魚の方が水質変化に強いので、混泳させることで管理の手間が増えるデメリットもあります。

どうしても混泳させたいときは水草をたくさん入れて、隠れ家を作ってあげましょう。

アベニーパファー

アベニーパファー
アベニーパファーはエビが大好物で、口に入らなくても鋭い歯でつつくことでボロボロにしてしまいます。

スマトラ

スマトラ
ヒラヒラしたものや長いものをつつく修正があり、ミナミヌマエビのヒゲをしつこく追いかけます。死ぬまで追いかけることもあるので、やめておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク