コリドラスの繁殖に必要なコツを紹介!飼育環境や健康な親魚の育て方は?

コリドラスはあまり知られていませんが、繁殖が簡単な熱帯魚です。産卵や稚魚の育成も難しくないので、初心者でも挑戦することができますよ。今回はそんなコリドラスの繁殖に必要な水温や餌、飼育設備など詳しく紹介していきます。

コリドラスの繁殖の難易度は?

コリドラスの繁殖
コリドラスは混泳水槽でも、気づいていたら赤ちゃんがいたというくらい繁殖が簡単な熱帯魚です。もちろん自然繁殖も可能ですよ。

しかし、ロングノーズ系など高価で珍しいコリドラスはプロでも繁殖が難しいです。繁殖に挑戦する時にはどの種類ならできそうか調べておくといいでしょう。

コリドラスの繁殖しやすい種類は?

コリドラスの繁殖
コリドラスで繁殖しやすい種類は、お店でも姿を見かけることが多い、白コリドラス、青コリドラス、赤コリドラス、コリドラスステルバイ、コリドラスパンダなど安価な種類になります。だいたい500円以下で販売されている種類は、養殖されたブリード個体であることが多いので、繁殖も比較的簡単というわけです。

自然とペアを作るためにも最低でも10匹は飼育しておきましょう。高価な品種は飼育数を揃えるのも難しいため、まずは安価なコリドラスで挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

コリドラス繁殖のコツは?

コリドラスの繁殖でもっとも重要なポイントは健康で若い親がいることです。繁殖しないときは成熟している親がいない時がほとんどなので、ここでコリドラスの親魚を育てるポイントを確認してくださいね。

おすすめの餌

コリドラス 繁殖の餌
食いつきがいい餌をしっかりと食べて成熟した親にすることが非常に大切なことです。繁殖を専門にしている方はイトメか栄養価が高い稚魚餌であるブラインシュリンプを親魚にあげて飼育していることが多いです。

個体によって好物が変わってくるので、ほかにもアカメやコリドラス専用の人工飼料を用意しておくといいでしょう。

水質

コリドラスの産卵は雨季の時期に川の水が大量に流れ込んでpHが大きく上昇するのがきっかけと言われているくらい、水質は大切です。2週間に1回は1/2ほど換水して水質の変化を引き起こします。

無理な換水はストレスを与えるだけなので、長期間続けて行わないでください。コリドラスを半年以上飼育できている水槽であれば繁殖する可能性が高いので、焦らずに行います。

水温

コリドラスの繁殖に適した水温は25度です。温度調整機能付きのヒータを使うと便利です。

隠れ家

コリドラスの繁殖
コリドラスの親が落ち着ける環境でないと産卵をすることができません。隠れ家としてコリドラスが好きな土管をいれるか、水草をたくさん植えてあげましょう。

コリドラスのオスとメスの見分け方は?

コリドラスはオスの方が丸みを帯びていて、腹の帯びが広く、メスはオスよりも体が大きいのが一般的です。上から見るとわかりやすく、ふっくらした方がメスです。よく観察しているとオスがメスを追いかけ続ける様子が見られるので、区別することができます。

慣れていないと見た目では判断が難しいため、複数のコリドラスを同じ水槽にいれてしまうのがいいでしょう。ショップの人に聞けばオスとメスを分けていれてくれることがありますよ。

コリドラスの産卵周期は?

コリドラスの繁殖
コリドラスは養殖個体で1〜2年、野生種で4年〜5年で産卵できる成魚になります。そして一度産卵をすると、繰り返し産卵するようになってくれます。

6ヶ月の産卵周期があり、1週間に一度の産卵を3ヶ月間繰り返した後に、3ヶ月間やすみます。その後にまた1週間に1度の産卵をはじめます。

コリドラス繁殖水槽のレイアウトや産卵場所は?

コリドラス水槽のレイアウト
コリドラスの産卵場所は水槽ガラス面やアマゾンソードプラントやアヌビアスナナなど葉っぱが大きい場所を好むので、それらの水草を流木に縛り付けておきましょう。また、水草は落ち着ける隠れ家としても重要な役割をはたします。卵はすぐに親魚と離す必要があるため、卵を取り出しやすいように、水槽はレイアウトはシンプルなものがおすすめです。

野生では流れのある川に生息しているので、水流をつけてあげることも効果的です。運動不足解消にもなるので、フィルターの吐き出し口を遊泳場所に向けてあげるといいですよ。

他の魚と混泳させている時は、繁殖用の水槽を用意してあげてくださいね。

繁殖を狙う時の飼育数は?

コリドラスはメスよりもオスの方が繁殖に積極的のため、メスを多めにいれておきましょう。目安はオス2匹にたいしてメスが3匹です。数はペアができやすいように、1つの水槽で5匹以上いれておきます。

飼育数の目安は45cm水槽で5匹、60cm水槽で10匹前後になります。

コリドラスの繁殖前の行動は?

コリドラスの繁殖
コリドラスは繁殖が近づくと、お腹の膨れたメスがいたり、オスがメスを追いかけつようになります。

メスはオスの排泄口に口を近づけ、精子を口に含みます。精子はメスの体を通過して、排泄口に移動し腹ビレに抱えた卵に精子がかけられます。この姿がT字に見えることから、Tポジションと呼ばれています。水流が強い場所に生息しているので、精子が流されないように、このような体勢をとっています。

コリドラスの卵の取り方は?

コリドラスは卵を食べてしまうので、産卵が終わったらすぐに卵を別の水槽に隔離しましょう。産卵は開始してから2〜6時間で終わることが多いです。

産卵直後の卵は粘着力が強いですが、殻が硬いので外すことは簡単です。卵は産卵から時間が経っているほど柔らかく、壊れやすくなってしまうの注意してください。指の腹や綿棒を使って、慎重に移動させてあげてくださいね。

コリドラスの卵を孵化させるコツは?

コリドラスの卵を孵化させるときは、カビを防ぐために卵どうしをあまり近づけないようにしましょう。バクテリアの繁殖を予防するためにメチレンブルーを3適ほどいれてください。

水は繁殖の時に使った水をそのまま使ってくださいね。水温は25度前後を維持していると、4日程度で孵化してくれますよ。

コリドラスの稚魚の飼育設備は?

スポンジフィルター
コリドラスの稚魚を飼育する水槽は、掃除のしやすさを重視して底砂をしく必要はありません。

フィルターは稚魚を吸い込まないように、スポンジをつけておきましょう。稚魚の数が多い時はエアレーションを増やすことも検討してください。

コリドラスの稚魚の生存率は?

コリドラスの稚魚の生存率は高く、70%ほどあるといわれています。

きれいな水を好むので、毎日水を1/3は交換してあげてくださいね。

コリドラスの稚魚の餌は?

コリドラス稚魚の餌
コリドラスの稚魚は孵化から3日ほどしたら餌を食べるために泳ぎ始めます。すりつぶした人工飼料や稚魚用餌のブラインシュリンプをあたえてあげてくださいね。

稚魚は胃が小さいですが、たくさんの餌を食べるので、餌をあげる回数を多めにしてあげましょう。朝に2回、夜に2回の計4回を目安にしてくださいね。

コリドラスの稚魚の成長速度は?

コリドラスの繁殖
コリドラスの稚魚は成長が早く、1ヶ月で1.5cm、2ヶ月で2.5cmになります。2〜3週間もたてば親魚と一緒に飼育することができます。

生後3ヶ月で3cmほどになり、繁殖が可能になりますよ。

コリドラスの卵が無精卵ばかりの原因は?

コリドラスの卵が白っぽい時は無精卵であることが多いです。無精卵は水カビが生えてくるのですぐに取り除きましょう。

無精卵が多い時はオスの健康状態がよくないことがあります。餌を十分に食べられているか観察してあげてくださいね。他にもオスの運動不足が考えられます。水流をつけて、しっかりと泳がせてあげるといいでしょう。

コリドラスは他種でも繁殖するの?雑種もいるの?

コリドラスの繁殖
コリドラスは他種での繁殖はできません。しかし、白コリドラスなど改良品種としてつくられた種類だと、もとの種類であるコリドラス・アウネウス(赤コリドラス)と交配する可能性があります。

しかし、それぞれが固有の種類として長いので、繁殖は難しくなってしまいます。なるべく同じ種類で狙うことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク