ネオンテトラと一緒に飼育できる混泳相手は?混泳に不向きな魚、混泳のコツを紹介!

ネオンテトラは混泳飼育を楽しめる熱帯魚の代表格ともいえる存在ですが、立場が弱く、混泳には注意が必要です。

今回はそんなネオンテトラの混泳について一緒に飼育できる魚や混泳に不向きの魚、混泳のコツなどを紹介します。

ネオンテトラの性格は?混泳しやすいの?

ネオンテトラの混泳

ネオンテトラは体が小さく温和な性格をしているため、一緒に飼育する混泳相手に危害を加えることはなく、多くの熱帯魚と混泳を楽しむことができます。

それ以上に仲間意識が強く、同じ形で大きさの混泳相手を選んであげると、喜んで水槽の前で泳ぐようになるのでメリットが大きいと言えます。

ネオンテトラの混泳飼育の注意点

ネオンテトラの混泳

ネオンテトラの混泳でもっとも注意しないこととして、熱帯魚の中で立場は弱いので、ネオンテトラに危害を加える混泳相手を選ばないことが大切です。

臆病な性格をしているので、混泳相手が強いと奥に隠れて出てこなくなり、体色はどんどん薄くなってしまいます。水槽飼育では逃げる場所がなく、ストレスで短命になってしまうので、注意してください。

スポンサーリンク

ネオンテトラとの混泳飼育を成功させるポイント

ネオンテトラの混泳

ネオンテトラの混泳を成功させるためには、力の強い魚を最初に飼育しておかないことです。先に水槽で飼育されている魚は自分の縄張りを作るので、後から入った弱い魚を追い出そうとしてしまいます。

ネオンテトラは縄張り争いには勝ちにくいので、最初から飼育しておくことが大切です。喧嘩が起きるようなら、レイアウトを変更して、隠れ家になる水草や流木を増やすことで縄張りを一度壊してしまうのも効果的ですよ。

他にも隠れ家になる水草や流木をたくさんいれておいてあげてくださいね。

ネオンテトラと一緒に飼育できる混泳相手

ネオンテトラは水槽の真ん中あたりを好んでいるので、水底か水面付近を好む相手だとトラブルが少なくなります。

もちろん同じくらいの体の大きさで温和な性格であれば、ほとんど心配はいりませんよ。

メダカとの混泳

メダカ

メダカはネオンテトラと一緒に飼育することができます。メダカは日本の代表的な淡水魚であり、多くの人から親しまれています。特に日本の四季に適応しているので、ヒーターなしで屋外飼育できることが魅力的です。

体長は最大でも3cm、温和な性格をしており、水面付近に生息しているので、ネオンテトラとのトラブルもほとんどありません。

繁殖能力が高く、増えすぎて面倒になる可能性があるので注意が必要です。

メダカの飼育方法についてはメダカの特徴と飼い方まとめ!飼育に押さえておくポイントは?で詳しく紹介しています。

プラティとの混泳

プラティ

プラティはネオンテトラと一緒に飼育することができます。プラティはメダカの仲間でカラーバリエーション豊富な体色が魅力的です。

こちらも体長は4cmで性格は温和、水面付近に生息しているので、トラブルが少ないです。

プラティの飼育方法についてはプラティの特徴と飼い方!繁殖・産卵の注意点や稚魚の育て方、人気の種類は?で詳しく紹介しています。

グッピーとの混泳

グッピー

グッピーはネオンテトラと一緒に飼育することができます。グッピーはカラフルなヒレで熱帯魚らしい熱帯魚として人気を集めています。

温和な性格をしており、水面付近に生息しているので、トラブルなく混泳させることができます。こちらも繁殖力が高いので増えすぎには注意してください。

グッピーの飼育方法はグッピーの飼育で大切なこと!飼育のコツや楽しみ方を詳しく紹介します!で詳しく紹介しています。

カージナルテトラとの混泳

カージナルテトラ

カージナルテトラはネオンテトラと一緒に飼育することができます。見た目はネオンテトラとそっくりですが、カージネルテトラは腹部の赤色が口先まであり、より色が濃くなっています。

生活スペースは同じですが、温和な性格をしているので問題なく混泳できます。しかし、見た目が似ているので、わざわざ混泳させずに同種でまとめあげたほうが綺麗かと思います。

カージナルテトラの飼育方法はカージナルテトラの飼育と繁殖方法!水温や病気、混泳できる魚は?で詳しく紹介しています。

グラミーとの混泳

ドワーフグラミー

グラミーの中でも小型のドワーフグラミーであればネオンテトラと一緒に飼育することができます。グラミーは温和な性格をしておりちょこちょことした泳ぎ方がかわいい熱帯魚です。

体は6cm前後と大きめになりますが、口が小さいので問題ありません。

グラミーの飼育方法はドワーフグラミーの繁殖と飼い方!混泳相性や種類、寿命、おすすめの餌は?で詳しく紹介しています。

エビとの混泳

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビなどのエビ類はネオンテトラと一緒に飼育することができます。

水底に生息しており、ネオンテトラの食べ残しや水槽に発生したコケを食べてくれるので、掃除役として大活躍してくれます。

ヤマトヌマエビのみ餌不足なると攻撃性が増して危害を加えることがあるので、注意しておいてください。

それぞれの違いについてはどっちがおすすめ?コケ掃除の強い味方、ヤマトヌマエビとミナミヌマエビを比較してみた。で詳しく紹介しています。

オトシンクルスとの混泳

オトシンクルス

オトシンクルスはネオンテトラと一緒に飼育することができます。温和な性格をしており、ガラス面に付着したコケを食べてくれます。水草水槽であれば必須の存在と言えますよ。

オトシンクルスの飼育方法についてはオトシンクルスの全4種類の特徴と飼い方!水合わせと餌付けの注意点、繁殖方法は?で詳しく紹介しています。

コリドラスとの混泳

コリドラス

コリドラスはネオンテトラと一緒に飼育することができます。コリドラスは温和な性格をしており、水底に生息しているため、多くの水槽で混泳相手として選ばれているおすすめの熱帯魚です。

コリドラスの飼育方法については水槽の掃除屋さん、コリドラスの特徴と飼い方!水槽の選び方や寿命はどのくらい?で詳しく紹介しています。

ネオンテトラと一緒に飼育できない混泳相手

ネオンテトラは気性が荒く、危害を加えてくる魚や、食べられる大きさの魚とは一緒に飼育することができません。

ラミレジィとの混泳

ラミレジィ

ラミレジィはネオンテトラと一緒に飼育することができません。飼育したばかりの時はおとなしいですが、成熟して繁殖期に入ると縄張り意識が強く、ネオンテトラを攻撃してしまいます。

水槽が広く、ラミレジィの飼育数が少なければ混泳させることは可能です。

スマトラとの混泳

スマトラ

スマトラはネオンテトラと一緒に飼育することができません。攻撃性が高い熱帯魚の代表格で、自分よりも大きな魚にもつつこうとします。運動量が多く、泳ぐスピードの速いので、ネオンテトラは逃げ切れず、大きなストレスを抱えてしまいます。

ベタとの混泳

ベタ

ベタはネオンテトラと一緒に飼育することができません。こちらも縄張り意識が強く、気性が荒いためネオンテトラを攻撃してしまいます。

しかし、泳ぐのが苦手で、簡単に逃げれるため、隠れ家が多く60cm以上の大きな水槽であれば混泳することができます。

ゼブラダニオとの混泳

ゼブラダニオ

ゼブラダニオはネオンテトラと一緒に飼育することができません。攻撃することはありませんが、泳ぐスピードが速いので、餌を横取りしてしまいます。特に水槽内をぐるぐると泳ぎ回るので、ネオンテトラをじっくりと鑑賞したい人には向きません。

エンゼルフィッシュとの混泳

エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュはネオンテトラと一緒に飼育することができません。幼魚のときは問題ありませんが、成長するにつれてネオンテトラを食べられる大きさまで成長するので、餌にされてしまいます。混泳はやめておきましょう。

ディスカスとの混泳

ディスカス

ディスカスはネオンテトラと一緒に飼育することができません。ディスカスは中型魚にあたり、ネオンテトラを食べられる大きさまで成長します。混泳はやめておきましょう。

金魚との混泳

金魚

金魚はネオンテトラと一緒に飼育することができません。金魚は意外にも大きくなり、平均で20cmを超えてきます。そうなるとネオンテトラを食べてしまうので、 混泳はやめておきましょう。

ブルーテトラとの混泳

ブルーテトラはネオンテトラと一緒に飼育することができません。大きさは3cmと小さいですが、縄張り意識が強く、同種のネオンテトラを強く攻撃してしまいます。

ネオンテトラと混泳相性がいい条件のまとめ

ネオンテトラの混泳

最後にネオンテトラと混泳できる魚の条件をまとめておきます。

今回紹介した魚以外にも混泳できる魚はたくさんいますので、ここでその条件を満たしているかチェックしてみてくださいね。

  • 生活層が異なる。中層ではない
  • 温和な性格をしている
  • ネオンテトラを食べられる大きさにならない
  • 泳ぐスピードが同じくらい
スポンサーリンク
スポンサーリンク