小さなアロワナ!バタフライフィッシュ(パントドン)の特徴と飼育方法!混泳相性は?

バタフライフィッシュは小さな体ながら、数千年前から生息する肉食系古代魚として人気をあつめている熱帯魚です。一般家庭の水槽でも飼える反面、餌の好みが激しく、飼育するには少しコツが必要です。

今回はそんなバタフライフィッシュについておすすめの餌や特徴、混泳できる魚など飼育方法を詳しく紹介していきます。

バタフライフィッシュの特徴

バタフライフィッシュの飼育

バタフライフィッシュは南アフリカにあるニジェール川やザンベジ川に生息しており、体長は15cmほどの中型の熱帯魚です。アロワナ目パントドン科パントドンに属しており、体形がアロワナにそっくりなことから小さなアロワナと呼ばれています。パントドンの種族は非常に珍しく、バタフライフィッシュのみの1種類しかいない属です。

大きく発達した胸ビレが特徴的で、上から見ると蝶々のように見えることからバタフライフィッシュと名付けられました。

寿命は平均で3年、最大だと5年になります。

バタフライフィッシュの生態

バタフライフィッシュはゆるやかな流れの河川や淀んでいる池の水面下を好んで生息しています。完全な肉食性で、発達した胸びれと尾びれを使って水上に飛び上がり、飛んでいる昆虫を捕食します。

普段は水面でじっとしていて動かないので、彼らの特徴を活かしたレイアウトで生き餌を与えないと少し物足りなくなるかもしれません。しかし、環境を整えると飼育下でも餌を見つけると勢いよく飛び上がって、小さな体ながら、大きな口で餌にかぶりつく野生的な姿を味わうことができますよ。

スポンサーリンク

バタフライフィッシュの飼育に必要な水槽と設備

バタフライフィッシュの飼育

バタフライフィッシュの飼育に必要な水槽や器具について紹介していきます。ほとんど動かずに、穏やかな水流を好んでいるため、環境には少しだけ工夫が必要です。初期費用で5万円ほどみておくといいですよ。

水槽

バタフライフィッシュは最大でも15cmの大きさにしかなりませんが、水面近くを横移動するので、水深はあまり必要にならず、横面積が大切です。30cm水槽では飼育できないので、最低でも45cm、余裕を持って60cm水槽を準備すると群泳にもチャレンジできますよ。

照明

観賞しやすくしたり、昼夜の変化をつけるために照明をいれてあげましょう。強い光量を求めていないので、蛍光灯が1本の照明で問題ありません。

フィルター

水流の少ない穏やかな水面を好むので、エアレーションは弱めにして水流を発生させないようにしてください。外掛け式フィルターだと、壁面に水流をぶつけるなどして弱くするための工夫をしてください。

水槽の蓋

バタフライフィッシュは騒音や振動で驚いたりするとよく水上に飛び出すので、必ず隙間がないようきっちりと蓋をしておきましょう。

バタフライフィッシュの飼育方法について

バタフライフィッシュの飼育

バタフライフィッシュは体が丈夫なので、飼育は難しくありません。しかし、ほとんど泳がないので混泳相手に注意したり、生き餌を準備するのが大変になります。

値段や販売場所は?

バタフライフィッシュは5cmほどの個体が1,000円〜3,000円前後で販売されています。

ホームセンターではあまり販売されていることがなく、熱帯魚専門店かネット通販でさがしてみましょう。ネット通販ではチャームという店舗が有名ですよ。

適している水温と水質

バタフライフィッシュに適した水温は24度〜28度です。寒さには弱いので、冬は安全カバーがついたヒーターを用意してあげましょう。

水質はpH6.5〜7.25の弱酸性を好みます。水質に敏感な魚ではないので、飼育しやすくそこまで注意する必要はありません。水換えは週に1回1/3ほど行ってあげてくださいね。

水槽のレイアウト

レイアウト

バタフライフィッシュの魅力を最大限に引き出すためには、水を半分だけいれて、上半分を陸地にするアクアテラリムがおすすめです。流木や地上の植物を植えておき、そこにコオロギやミルワームを置いておくと、ジャンプして餌を食べる姿を観察することができますよ。

アクアテラリウムにしない時は、泳ぎの邪魔にならないように水面に障害物をあまりおかないようにしておきましょう。

おすすめの餌と給餌方法

バタフライフィッシュは肉食性が強く、生き餌が大好物なので、メダカやコオロギをメインにあげましょう。人工飼料に餌付けるには時間がかかりますが、慣らすと浮上餌であるクリルなど食べてくれるようになります。水面に軽く叩きつけるようにしてあげると、反応しやすくなりますよ。食べてくれない時は割り箸などを使って目の前で動かしてあげましょう。

水中に沈んでしまった餌はほとんど食べないので、すぐに取り除くようにしておきましょう。赤虫も好んで食べますが、沈んでしまうと食べなくなるので、一度にたくさんあげるのはやめておいてください。

餌の頻度は1日に2回、1〜2分で食べきれる量を与えてくださいね。

混泳できる魚は?

ポリプテルス

バタフライフィッシュは温和な性格で、普段は水面でじっとしていることが多いです。近くに魚がよってくると驚いて水槽内をせわしなく泳ぎ回るようになります。ストレスを感じやすいので、生活層が異っている熱帯魚を選んであげてください。

食べ残しが多くなるので、掃除役として下層に生息するポリプテルスやプレコなどがおすすめです。

泳ぐのが苦手なので、活発なスネークヘッドなどはさけておいたほうがいいですよ。エビ類は小型で捕食対象になるのでやめておきましょう。

かかりやすい病気と治療方法

丈夫なので病気にはあまりかかりませんが、導入初期は白点病に注意が必要です。

白点病とはヒレ先に白い点々が出来はじめて、全身に広がっていく病気です。輸入された個体が発症していることが多く、購入してから1週間は注意して観察しておきましょう。症状を確認したらすぐに別の水槽に隔離して、メチレンブルーで規定量の1/3で薬浴してあげてくださいね。

繁殖方法

バタフライフィッシュの繁殖は国内でも例が少ないほど難しいため、狙ってやるというよりも出来たらいいなという感じにしておきましょう。

産卵は水面近くに浮遊性の卵を産むので、水上に到達するくらいの長い水草を植えてください。繁殖には毎日餌を食べて、しっかりと成熟した親魚がいることが大切になります。大好物を昆虫を中心に人工飼料などバリエーションを組んであげましょう。

卵を食べてしまうので、卵を見つけたらすぐに隔離してあげてくださいね。

雌雄の見分け方は簡単で、尻びれの形状に違いがあります。メスは上半分がかけており下半分は発達していますが、オスはかけている部分がなく、綺麗に一体化しています。

バタフライフィッシュについてまとめ

バタフライフィッシュはあまりメジャーな熱帯魚ではないので、その姿をみかけることはなかなかありません。実際には水族館で小さなアロワナと奇妙な熱帯魚として紹介されることが多いです。

それでも餌を狙って水面を飛び跳ねる姿や独特な風貌はバタフライフィッシュにしかない魅力ですので、一度その姿を見てみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク