外国のトカゲ

ミミズトカゲの特徴と飼育方法!人気の種類や販売価格、餌やりはどうする?

2020-04-13

ミミズトカゲは一見するとミミズのような姿をした爬虫類です。土の中に潜ったり、穴を掘る姿はミミズそのものですが、爬虫類特有のウロコを持っています。

今回はそんなミミズトカゲの特徴や人気の種類、値段、販売場所、おすすめの餌など飼育方法について紹介していきます。

ミミズトカゲの特徴

ミミズトカゲ

ミミズトカゲはミミズトカゲ亜目に分類される爬虫類です。もともとはトカゲ亜目に分類されていたので、トカゲの名前がつきましたが、ここから別種として独立しました。アフリカや南米の湿度が高い森林地帯に生息しています。

ミミズと同じように土の中で生活しており、ミミズや小型の昆虫、哺乳類の死骸などを食べる肉食性です。

名前の通りミミズのように複数の体節に分かれており、視力や聴覚は退化しています。

ミミズトカゲの種類

ミミズトカゲは体の大きさや体色が異なる種類がいます。ここでは観賞用に販売されている人気のミミズトカゲを紹介します。

アホロテトカゲ

アホロテトカゲ

アホロテトカゲはミミズトカゲの仲間ですが、前足があります。この前足は使うことがなく、他のミミズトカゲと同様に口先を使って穴を掘ります。

アホロテとは生息地のメキシコで妖怪や妖精という意味があり、普通の生き物には考えられないファンタジーな見た目を表しています。

アホロテトカゲは入荷量が少なく、値段は40万円~60万円と高額です。販売されること自体が珍しく、入手は困難です。

ダンダラミミズトカゲ

ダンダラミミズトカゲは白色をベースに黒色のまだら模様が入った種類です。体の大きさは30cm~50cmまで成長します。

値段は3万円~5万円で販売されています。

シロハラミミズトカゲ

シロハラミミズトカゲの体の大きさは60cmを超える大型の種類です。黄褐色でカラフルな蛇を持っているかのような感覚になります。

体が大きいほど値段は高く、5万円~10万円で販売されています。

コモチミミズトカゲ

コモチミミズトカゲ

コモチミミズトカゲの大きさは15cm~20cmになる小型の種類です。白色や黄褐色をベースに、茶色の斑点模様が入っています。

子持ちの名前の通り、卵胎生のミミズトカゲで卵ではなく子供を直接産卵します。

ミミズトカゲの中では値段は安く、1万円~3万円で販売されています。

ミミズトカゲの飼育環境と必要なもの

ミミズトカゲ

ミミズトカゲの飼育に必要なものについて紹介していきます。初期費用では1万円もあれば十分です。

必要なケージの大きさ

ミミズトカゲの飼育容器は熱帯魚用のガラス水槽を使います。床材の量を多いので、爬虫類用の前開きのケージは適していません。

ケージの大きさは横幅で45cmもあれば十分です。45cm水槽で紹介しているので、ご参考ください。

厚めに敷いた床材

ミミズトカゲの床材は腐葉土やヤシガラマットを使います。床材を湿らせてから20cmほどの厚みに敷いておきましょう。

水入れ

ミミズトカゲは水を飲むので、床材の上に浅い水入れを用意しておいてください。水は毎日交換して新鮮な状態を維持しましょう。

ケージの蓋

ミミズトカゲはケージの群れに弱いため、密閉性が高い水槽の蓋ではなく、メッシュ式の風通しが良い蓋を使いましょう。

ミミズトカゲの飼育方法

ミミズトカゲは餌付けが良く、大人しい性格をしているので、とても飼育しやすいトカゲです。ただし、飼育初期は湿度と温度管理に注意が必要です。

値段と販売場所

ミミズトカゲの値段は2万円~7万円で販売されています。人気のトカゲではないので、販売量は少なく、値段もショップによってばらつきがあります。

爬虫類ショップの人と仲良くなって、入荷されたら連絡をもらえるようにしておきましょう。日本全国で開催されるペット即売会では珍しいペットが多く販売されているので、ミミズトカゲが入手できるかもしれません。時期が合えば足を運んでみると良いですよ。

飼育に適している温度

ミミズトカゲに適している温度は22度~27度です。冬の低温に弱いので、パネルヒーターを側面や底面に貼り付けて、床材の中を暖めるようにしてください。

場所や環境によっては温度が上がらずに他のヒーターを併用する必要もあります。使い方や選び方については爬虫類におすすめのヒーターで詳しく紹介しているので、ご参考下さい。

飼育に適している湿度

ミミズトカゲに適している湿度は50%~70%と多湿な環境を好んでいます。

乾燥には弱いので、湿度が下がらないように注意します。湿度計を確認しながら、毎日霧吹きをして湿度を維持しましょう。

おすすめの餌

コオロギ

ミミズトカゲの餌はデュビアレッドローチなどのゴキブリ、コオロギなどの昆虫がメインです。

死んだ昆虫を食べるので、身をすり潰してから与えます。餌を与えるときは掘り起こして、ピンセットを使って、直接食べさせます。慣れないうちは就寝前に足や頭などの固い部分を取り除いてから餌皿の上に置いておきます。夜間に顔を出して餌を食べてくれますよ。

栄養不足を防ぐために、昆虫にはカルシウムパウダーをまぶしてから与えてください。

ミミズトカゲについてまとめ

ミミズトカゲはミミズのような見た目をした不思議な爬虫類です。大人しい性格で人になれてくれるので、ハンドリングを楽しむことができます。

体が丈夫で飼育しやすく、床材を厚めに敷いて、餌にコオロギなどの昆虫を用意しておけば大丈夫ですが、湿度の維持だけは注意しておきましょう。

他にもアシナシイモリやアシナシトカゲなど似たような不思議な生き物がいます。興味を持たれた方はぜひ飼育に挑戦してみてくださいね。

関連記事
ペットで人気のトカゲを紹介!おすすめの種類や飼育方法、値段、寿命まとめ

トカゲは犬や猫、魚のように人気がある生き物ではないので、ペットショップで見かけることはなかなかありませんが、最近はリクガメやヤモリなどの可愛さに惹かれて爬虫類もペットとして飼育することに注目が集まって ...

外国の地表棲トカゲ一覧
フトアゴヒゲトカゲ
フトアゴヒゲトカゲ
アオジタトカゲ
アオジタトカゲ
マツカサトカゲ
マツカサトカゲ
アカメカブトトカゲ
アカメカブトトカゲ
ヨロイトカゲ
ヨロイトカゲ
オニプレートトカゲ
オニプレートトカゲ
トゲオアガマ
トゲオアガマ
アルマジロトカゲ
アルマジロトカゲ
ツノトカゲ
ツノトカゲ
ミミズトカゲ
ミミズトカゲ
アシナシトカゲ
アシナシトカゲ
外国の樹上棲トカゲ一覧
エリマキトカゲ
エリマキトカゲ
ウォータードラゴン
ウォータードラゴン
グリーンバシリスク
グリーンバシリスク
コバルトツリーモニター
コバルトツリーモニター
カメレオン一覧
エボシカメレオン
エボシカメレオン
パンサーカメレオン
パンサーカメレオン
ジャクソンカメレオン
ジャクソンカメレオン
コノハカメレオン
コノハカメレオン
外国のオオトカゲ一覧
ミズオオトカゲ
ミズオオトカゲ
サバンナモニター
サバンナモニター
テグー
テグー
ナイルモニター
ナイルモニター
グールドモニター
グールドモニター
イエローヘッドモニター
イエローヘッドモニター
カイマントカゲ
カイマントカゲ
グリーンイグアナ
グリーンイグアナ
日本のトカゲ一覧
カナヘビ
カナヘビ
ニホントカゲ
ニホントカゲ
キノボリトカゲ
キノボリトカゲ

-外国のトカゲ
-,

Copyright© Woriver , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.