ハムスター

ジャンガリアンハムスターを飼育しよう!必要なケージや値段、飼育の注意点は?

2019年8月27日

ジャンガリアンハムスターはハムスターの中でも人気の種類で、初めて飼育するペットはハムスター!という方も少なくないと思います。

今回はそんなジャンガリアンハムスターの飼育に必要な餌や寿命、必要なケージ、多頭飼いは出来るの?など基礎知識について詳しく紹介していきます。

ジャンガリアンハムスターの生態と特徴

ジャンガリアンハムスターの飼育

ジャンガリアンハムスターはネズミ目キヌゲネズミ科に分類される小動物です。

中央アジアのカザフスタンやロシア、中国などに幅広く分布しており、砂地の乾燥した場所を好んでいます。

夜行性で、昼間は土に穴を掘って休んでおり、夜になると昆虫や種子などの餌の確保と縄張りの確認のために5km以上を歩き回ります。

警戒心の強い生き物ですが、時間をかけて飼い主の匂いに慣すことでなついてくれるようになります。大人しい性格で子供と一緒に遊ぶことも出来ますよ。

体の大きさと体重

ジャンガリアンハムスターの大きさはオスだと7cm~12cm、メスだと6cm~12cmになります。小型のハムスターでドワーフハムスターと総称されることがあります。

体重はオスだと35g~45g、メスだと30g~40gになります。50gを超えると肥満になるため、こまめに体重をチェックしてください。

寿命

ジャンガリアンハムスターの寿命は平均して2年~3年です。2年以降になると寿命で死ぬ可能性が高くなり、死因のほとんどが老衰です。

寿命についてはハムスターの寿命はどのくらい?長生きさせる方法や老衰が近い症状、ギネス記録は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ジャンガリアンハムスターの種類

ジャンガリアンハムスターの飼育

ジャンガリアンハムスターは品種改良が盛んで、基本種の他に4種類ほどの体色を持ったジャンガリアンハムスターがいます。

ブルーサファイア

ブルーサファイアは薄いグレーをしており、淡い色合いが人気の種類です。

パールホワイト

パールホワイトはジャンガリアンハムスター特有の背中のラインがなく、全身の毛が真っ白になる種類です。

プディング

プディングは全身が黄色になる種類で、店頭でもなかなか販売されていない珍しい色です。

パイド

パイドは背中の全面がグレーではなく、白色で模様になっている種類です。非常に珍しい色で、出会えることはほとんどありません。

ジャンガリアンハムスターの飼育に必要なケージと器具

ジャンガリアンハムスターの飼育

ジャンガリアンハムスターの飼育に必要なセットは、7,000円ほどあればそろえることが出来ます。

床材は消耗品になりますので、多めに購入しておくことをおすすめします。

ケージ

ジャンガリアンハムスターのケージは水槽と金網の2タイプが一般的です。

水槽は透明度が高いので観察しやすいですが、ケージ内が蒸れやすいので夏は高温に注意しておかなければなりません。

金網タイプは風通しが良いですが、金網を囓ったり、よじ登って怪我をすることがあるので注意が必要です。

ケージの大きさは横幅で40cm、奥行きで30cmもあれば十分ですよ。

回し車

回し車

ジャンガリアンハムスターは毎日5kmほど走っているため、ケージの中には回し車が必須です。夜中にガラガラと音を鳴らすので、気になる方は静音タイプの回し車を設置しておきましょう。

床材

床材はウッドチップや牧草を使います。口に含むことが多いため、食べても大丈夫な物を選んでおきます。

厚みはジャンガリアンハムスターの全身が潜れるくらいにしっかりと敷いておきます。

おしっこをしたら部分的に交換し、1ヶ月に1回は全ての床材を交換するようにしてください。

エサ入れ

餌を床材の上に置いていると誤飲の可能性が出てくるため、専用の小皿を用意してください。

囓られたり、ひっくり返されることがあるので、重くて丈夫な陶器タイプの物がおすすめです。

トイレ

ジャンガリアンハムスターは決まった場所におしっこをするので、トイレを覚えさせることでケージ内を清潔に保ちやすくなります。

中には消臭用の砂を入れておきましょう。

トイレをしつける方法についてはハムスターのトイレをしつける方法と、トイレを使ってくれない理由は?おすすめのトイレ用品を紹介で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

巣箱

ジャンガリアンハムスターは暗い場所に隠れるのが好きなので、全身がすっぽりと収まる巣箱を用意してあげましょう。

巣箱に餌をため込んで腐ることがあるため、1週間に1回は餌がないか確認してください。

水入れ

お皿に水を入れておくと、体が濡れる可能性があるため、給水ボトルを使います。水は2日に1回は交換して、新鮮な状態をキープしてください。

ジャンガリアンハムスターの飼育方法について

ジャンガリアンハムスターの飼育

ジャンガリアンハムスターは人慣れしやすく、丈夫で飼育しやすいので、初心者にもおすすめのペットとなります。

日々のお世話は餌やりと床材の掃除だけで大丈夫です。あとはストレスを感じさせない程度に、散歩などふれ合いを楽しみましょう。

値段と販売場所

ジャンガリアンハムスターは値段は500円~1,000円ほどで、ハムスターの中で最も安価で販売されています。

人気の種類なので、どこのペットショップでも簡単に見つけることが出来ますよ。春から入荷数が増えて選びやすくなるので、ホームセンターなどで探しに行きましょう。

適している温度

ジャンガリアンハムスターに適している温度は18度~25度です。

冬は小動物用のパネル式ヒーターをケージの下に敷いて、床を暖めるようにしてください。寒さが厳しい夜は暖房をつけて、部屋全体を暖める方が安心です。

夏に30度を超える日が続くようなら、冷房を使って温度を下げて上げましょう。

慣れないちから温度調整をするのは難しいので、4月など暖かい時期から飼育し始めることをおすすめします。

多頭飼いできる?

ロボロフスキーハムスター

ジャンガリアンハムスターは縄張り意識が強いため、多頭飼いすることが出来ません。

子供の頃は仲良く暮らしていますが、成長するにつれてお互いにかみ合い、出血するほど喧嘩をします。

ハムスターの中では唯一、ロボロフスキーハムスターが多頭飼いできる可能性があります。ハムスターで人気の10種類を紹介!飼いやすい種類や値段、性格を知ろう!で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ケージを噛むときの対策

ジャンガリアンハムスターの飼育

ジャンガリアンハムスターがケージを噛む理由は主に次の4つです。

噛む理由

  • ケージの外に出たい
  • ストレスを感じている
  • 構って欲しい
  • 餌がほしい

一番多い原因が、ケージの外に出たいとアピールすることで、ジャンガリアンハムスターは一度散歩した場所を縄張りとして、毎日パトロールをしないと気が済みません。散歩することで解決することが多いです。

他の原因と対策についてはハムスターがケージを噛むのをやめさせる8つの対策方法!かじる理由は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

おすすめの餌と給餌方法

ジャンガリアンハムスターの餌はハムスター専用のペレットがおすすめです。栄養バランスが整っているので、これひとつで飼育することができます。

他にもニンジンやカボチャなどの野菜、リンゴやイチゴなどの果物、ニボシ、ミルワーム、ひまわりの種なども食べてくれます。

ペレットだけで飼育することができるので、おやつとして与える程度にしてください。

餌の頻度は1日1回、活動前の19時に与えます。餌の量はペレットだと3gほどで十分です。

ハムスターの餌についてはハムスターにおすすめの餌!食べ物の量や与え方、ペレット、野菜、果物別に紹介!で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ジャンガリアンハムスターについてまとめ

ジャンガリアンハムスターの飼育

今回はジャンガリアンハムスターの生態や飼育方法について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

ジャンガリアンハムスターは体が丈夫で飼育しやすく、人慣れしやすいので初心者さんにもおすすめの種類です。

顔をかくようなしぐさや餌を食べる様子、寝ている姿はとてもかわいく、毎日に癒やしを与えてくれることは間違いありません。

興味を持たれた方はぜひ飼育に挑戦してみてくださいね。

関連記事
ハムスターで人気の10種類を紹介!飼いやすい種類や値段、性格を知ろう!

-ハムスター

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.