ハムスターの寿命はどのくらい?長生きさせる方法や老衰が近い症状、ギネス記録は?

ハムスターは寿命が短く、毎日を全力で生きています。短い時間でもたくさんの思い出が詰まっており、幸せに生きることもできます。

今回はそんなハムスターの寿命や老衰の症状、長生きの秘訣など詳しく紹介していきますね。

種類別のハムスターの寿命

ハムスターの寿命

ハムスターの平均的な寿命は2年〜3年です。個体差が激しく、長いハムスターだと4年以上生きることもありますよ。

どの種類でも寿命は大きくかわりません。

ゴルーデンハムスター

寿命は2年〜3年です。2年目から寿命で死ぬ可能性が高まります。最長でも3.5年です。

ロボロフスキーハムスター

小型のハムスターなので短く、寿命は2年ほどです。早い個体だと1年半から寿命が近づきます。

ジャンガリアンハムスター

寿命は2年〜3年です。2年目から寿命で死ぬ可能性が高まります。最長でも3.5年です。

ドワーフハムスター

寿命は2年〜3年です。2年目から寿命で死ぬ可能性が高まります。最長でも3.5年です。

ブルーサファイアハムスター

寿命は2年〜3年です。2年目から寿命で死ぬ可能性が高まります。最長でも3.5年です。

プディングジャンガリアンハムスター

寿命は2年〜3年です。2年目から寿命で死ぬ可能性が高まります。最長でも3.5年です。

キンクマハムスター

寿命は2年〜3年です。2年目から寿命で死ぬ可能性が高まります。最長でも3.5年です。

クロハラハムスター

大型のハムスターで体長は30cm近くになります。寿命は8年前後とかなり長く、最長だと10年は生きます。

ハムスターと人間の年齢

ハムスターの寿命

ハムスターは人間の30倍の早さで歳をとっていきます。生後2ヶ月で大人になり繁殖が可能になります。

心拍数は人間の6倍と言われており、ハムスターの4時間は人間の1日に相当します。

1歳半から老化の症状がみられ、3歳になると人間でいう90歳ほどになりますよ。

人間
ハムスター
7歳
1ヶ月
15歳
2ヶ月
18歳
3ヶ月
25歳
6ヶ月
30歳
1歳
60歳
2歳
90歳
3歳
スポンサーリンク

ハムスターの寿命のギネス記録は?

ハムスターの寿命

ハムスターの年齢のギネス記録は4.5年になります。ほかにも5年以上生きたという話もありますが、公式の記録ではないので、これが最長となっています。

4.5歳は人間でいうと135歳になり、とても長生きであることがわかりますね。

ハムスターの長生きの秘訣

ハムスターの寿命

餌をあげすぎない

ヒマワリの種やピーナッツなどは脂肪分が多く含まれており、あげすぎると肥満になってしまいます。

肥満は万病の元なので、あげすぎには注意してください。

新鮮な餌と水をあげる

ハムスターは巣に餌を蓄えて何日も食べないことがあります。夏場は腐りやすいので、こまめにチェックして取り除きましょう。

夏場の水は3日程度でいたむので、こまめに交換して、いつでも新鮮な水を飲めるようにしてください。

飼育環境の掃除

フンや尿がたまってくると病原菌が発生するので、病気にかかりやすくなります。定期的に掃除をしてあげてください。

温度の管理をする

ハムスターは暑すぎると熱中症、寒いと冬眠で弱ってしまいます。温度は18度〜25度の間にはいるように調整してあげてください。

ストレスを減らす

ストレスに弱いので、飼育環境は静かな場所にしてください。遊びすぎると疲れてしまうので、時間を決めておきましょう。

ハムスターの健康チェックポイント

ハムスターの寿命

ハムスターのように体が小さい生き物は少しの病気ですぐに死んでしまうことも少なくありません。

毎日様子をチェックして、すぐに気づけるようにしておいてくださいね。

耳が立っているか

元気なハムスターは耳がピンとたっています。耳が寝ている時は注意してください。

毛並みは綺麗か

元気がなくなると毛づくろいをしなくなるので、毛並みが悪くなります。脱毛や乱れがないかチェックしましょう。

歯は伸びすぎていないか

歯が伸びすぎて曲がると上手に餌を食べられなくなります。歯を削れるように木を入れておきましょう。

動きが鈍い

活発になる時間に回し車を乗らない時は注意が必要です。

きれいなうんちをしているか

体調が悪くなると下痢をしたり、色が悪くなったりします。排泄物は体調チェックの重要な指標になりますよ。

餌を食べているか

いつも餌を食べているのに、急に食べなくなったら病気を疑いましょう。

ハムスターの寿命が短すぎる理由

ハムスターの寿命

ハムスターのような小動物が短命に理由は、寿命は短い代わりに、高い繁殖力で子孫を残すことができるからです。

妊娠の期間は短く、1度にたくさんの子供を埋めるのでどんどん増えることができます。繁殖を繰り返す力は種族の進化に有利であり、環境に合わせて適応することが可能になります。

それでも目に前にいるハムスターにとっては1度の人生ですので、楽しい時間を過ごせるように、大事にしてあげてくださいね。

ハムスターの老化の症状

ハムスターの寿命

ハムスターの老化がすすむと人間と同じような症状が出てきます。

老化を止めることはできませんが、症状をしっていることで安全な環境を準備してあげることはできますよ。

歯が抜ける

人間と同じように歯が抜けて餌が食べにくくなります。柔らかい餌に切り替えていきましょう。

目の艶がなくなる

目が綺麗な黒色からくすんだ黒色に変わっていきます。この時から視力が低下していきます。

視力が低下すると高いところから落ちたり、障害物にぶつかったりするので、散歩中は目を離さないようにしてください。

胃が弱くなる

食べ物を消化しにくくなり、下痢になる回数が増えます。水分が多い餌は少なめにしてください。

毛並みが悪い

毛づくろいの回数が減るので、毛つやが悪くなってきます。毛量も減ってハゲてきたり、皮膚病にかかりやすくなります。

爪が長くなる

運動量が減るので、爪が削れなくなり、伸びてきます。

動きが鈍くなる

筋力が落ちるので動きに俊敏さがなくなります。回し車で走り回ることもありません。

怪我をしやすくなるので、高いところから落ちないように気をつけて下さい。

歳をとったハムスターの飼育方法

ハムスターの寿命
ハムスターは歳をとってくると若い時のように自分の世話をしたり、運動することができません。

飼い主が手伝ってあげることで、長生きできるようになりますよ。

ブラッシングをする

皮膚病予防のために歯ブラシで週に1回はブラッシングしてください。

爪を切る

放っておくとどんどん伸び続けるので、白い部分を人間の爪切りで切ってください。

高低差をなくす

高いところから落ちると骨折する危険性があるので、回し車はなくして、背丈の低い水飲み場や餌入れを使いましょう。

床材をたくさんいれる

安定して歩けるようにふかふかの床材を多めにいれてください。

ハムスターの最期の行動

ハムスターの寿命

ハムスターは老衰が近づくと、ほとんど動くことはできず、前足だけ動かして前に進もうとします。

今までは元気であっても、急に様子が変わって老衰がすすむことも少なくありません。あまりのストレスでキュッキュと鳴くこともあります。

最期が近づいてきても、手を入れずに優しく見守っていてださい。

ハムスターの見送り方

ハムスターの寿命

ハムスターの寿命が近づいてきたら、どのように見送るか決めておきましょう。

家族と話し合って、納得のいく見送り方を決めてくださいね。

庭に埋める

鳥や猫に掘り返されないように30cm以上の穴を掘ってから埋めてください。そこに好物の餌をいれてあげましょう。

埋めてから20年以上経過すると骨も綺麗に土に還りますよ。

火葬する

犬や猫と同じように、ペットの火葬が可能です。体が小さいので他のペットと一緒に火葬することになり、骨を引き取ることはできません。

最も衛生的で、納得のいく別れ方だと思います。相場は1万円ほどになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク