ハムスターの飼育用品

ハムスターのケージ7種類を紹介!ケージの選び方やおすすめの商品は?

2019年11月3日

ハムスターを飼育するためのケージはたくさんの種類があり、どれを選べば良いか悩むことがありますよね。安易に金網タイプのかわいい物を購入し、あとから後悔することも少なくありません。

今回はそんなハムスターのケージについて選び方やおすすめの商品を詳しく紹介していきます。

ハムスターのケージの選び方

ハムスターのケージ

ハムスターのケージを選ぶポイントは3つあります。

チェックポイント

  • ケージの大きさで選ぶ
  • 1階建てか2階建てか
  • 種類で選ぶ

ケージの大きさで選ぶ

ジャンガリアンハムスターやロボロフスキーハムスターなどのドワーフハムスターとゴールデンハムスターなどの中型のハムスターでは必要なケージの大きさが異なります。

必要になるケージの大きさはドワーフハムスターだと幅40cm×奥行30cm、ゴールデンハムスターだと幅40cm×奥行35cm以上になります。

ハムスターは運動量が多いため、ケージはなるべく大きな物を用意してあげると喜んでくれますよ。

1階建てか2階建てか

ハムスターのケージ

ハムスターのケージは2階建てや3階建てなどの、階段を使った立体的な活動を楽しむことが出来るケージがあります。

横幅が狭くても、十分な運動スペース確保することが出来るので、観察して楽しいだけではなく、ハムスターにとってもメリットがあります。

しかし、2階から落下して骨折する危険性もあります。元気なうちだけではなく、年をとってからでも安全に暮らせる作りになっているのかは注意しておいてください。

種類で選ぶ

ハムスターのケージは大きく分けて3種類にあります。

紹介するケージの種類

  • 金網タイプ
  • ケースタイプ
  • 水槽タイプ

ハムスターにおすすめのケージ:金網編

ハムスターのケージで、金網タイプは安価で、ピンクやグリーン、ブルーなど色とりどりのかわいいデザインをしています。

メリットは横からの風通しが良いため、ハムスターの苦手な蒸れた環境になりにくく、夏は快適に過ごすことができます。

デメリットとしては、ハムスターが金網をかじって歯の病気にかかったり、金網をよじ登って落下する危険性があることです。他にも床材を掘り起こして、周りに飛び散ることがあります。ハムスターの歯の病気についてはハムスターがケージを噛むで詳しく紹介しているので、ご参考ください。

アイリスオーヤマ ハムスターケージ

かわいいピンク色がベースになっているケージです。横は金網タイプになっているため、通気性が高いですが、噛み癖があるハムスターに使用するのはやめておきましょう。

ハウス、給水ボトル、回し車など必要な飼育用品がそろっているので、コストパフォーマンスにも優れています。

マルカン 2階でくるくる ハムスターケージ

淡いピンクとグリーンの2色展開で、かわいい見た目をしています。2回にはハムスターボールを回した回数を計測する機器がついており、毎日の運動量を確認することが出来ます。

横は金網タイプになっており、通気性はいいですが、かみ癖がある子には使用しないようにしてください。

大きさはMサイズしかなく、ドワーフハムスター用だけになります。


ミントチョコハウス ハムスターケージ

チョコミントがベースカラーになったかわいらしいドワーフハムスター用のケージです。

ベーシックな2階建てタイプで、給水ボトルや回し車もついているので、初期費用を抑えることが出来ます。

2階から落ちる様子があったら、落下防止のために少し工夫をしてあげましょう。

ルックルック フォーチュン

ブルーとブラウンの2色展開で、落下の心配が無い2階建て構造になっています。静音タイプの回し車で有名なサイレントホイールや給水ボトルなど基本的な飼育セットがついています。

デメリットは掃除の際の取り外す部品が多く、手間になってしまうことです。


ハムスターにおすすめのケージ:透明ケース編

ハムスターのケージで、プラスチックタイプは透明度が高くて観察しやすく、軽いので掃除も簡単です。

デメリットとしては通気性がよくありませんが、天井部分や側面に穴をつけることで対処している商品が多いです。傷つきやすいため、ガラス水槽ほどの耐久性はありません。

ルーミィ

ルーミィは上部が金網になっているケージで、通気性がいいです。また、前面が窓のように開き、上半分を簡単に外すことができるので、掃除も簡単に行えます。

ハムスターによっては回し車によじ登って、金網部分にぶら下がることがあるため、レイアウトには注意してください。

ルーミィ用のジョイントなども販売されており、複数のケージを連結することで巨大なハムスターハウスを作ることが出来ます。

ドワーフハムスターなら横幅で47cmのこちらを、

ゴールデンハムスターなら横幅で60cmのこちらのケージを用意してください。

他にもドワーフハムスター用になりますが、水飲みや回し車がセットになった、かわいいカラーのブルーやピンクのルーミィもありますよ。


透明の二代目

透明度が高いアクリル製のケージで、ハムスターが観察しやすく、ガラス水槽ほどの重さもありません。さらに横には通気穴があるため、通気性も安心です。

デメリットは床と壁の部分の少し隙間があるので、そこからおしっこや床材が漏れ出してしまうことです。ケージの下に新聞紙などを敷いておきましょう。

グラスハーモニー

グラスハーモニーはガラス製の透明度が高いハムスター用ケージです。全面は観音開きになっており、お世話も簡単です。

プラスチック製と比べると重量があり、衝撃で割れてしまうため、取り扱いには注意してください。

ドワーフハムスターはこちらの450プラスがおすすめです。プラスには回し車や給水ボトルなどの飼育用品がセットでついています。

ゴールデンハムスターにはこちらの600がおすすめです。回し車などはついていないので、別途購入しましょう。

ハムスターにおすすめのケージ:水槽編

ハムスターのケージ

水槽タイプのケージは熱帯魚の水槽に使うガラス水槽で、透明度が高くて余計なものがないので、観察しやすいです。さらに噛む物がないので、歯の病気にはかかりにくいです。

デメリットは風通しが良くないので、蓋は網目状のものを用意し、ケージ内が蒸れないように注意しないといけません。風通しが悪い分、冬には断熱効果が高くなります。

ドワーフハムスターだと横幅45cmの規格水槽を、ゴールデンハムスターだと横幅60cmの規格水槽を選ぶと良いですよ。

水槽では蓋や給水ボトルなどの穴がないため、使用には注意が必要です。ハムスターの水槽で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ハムスターのケージについてまとめ

ハムスターのケージ

今回はハムスターのケージについて紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

ハムスターのケージには金網タイプと水槽タイプの2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

金網タイプでは通気性が良いですが、かみ癖がある子は金網の堅さに歯が負けて、歯の病気にかかってしまいます。

水槽タイプは通気性が悪いですが、歯が悪くなることはなく、冬には断熱効果も期待できます。

どちらが良いとは言い切れませんので、飼育しているハムスターの性格などを見ながら、見極めてあげてくださいね。

-ハムスターの飼育用品

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.