金魚の飼育に適した水温。耐えられる水温や夏冬の対策方法を紹介します!

金魚を元気に飼育していくためには、水温をしっかりと管理することは必要不可欠です。

今回は金魚の水温について、適している水温やヒーターの設定温度、夏冬の対策方法を紹介していきます。

金魚の適温は何度から何度まで?

金魚 水温
金魚が生きていられる水温は1度〜35度とかなり適温範囲が広い魚です。

飼育に適しているのは15度〜28度です。水温はあまり変化させずに一定にしていると、元気に育ってくれますよ。

10度を下回るとあまり動かなくなり、5度を下回ると冬眠状態になりますよ。

ヒーターを使った時の設定温度は?

ヒーター
金魚は日本の季節変化に慣れているので、夏は暖かく、冬は寒めにしてあげましょう。しっかりと成長して長期飼育できるようになりますよ。

おすすめのヒーターは温度調整機能付きのもので、設定温度の目安は夏場は26度、秋と春は23度、冬は18度前後になります。

水温を変更するときはゆっくりと行い、3日ごとに1度変更してくださいね。

ヒーターのW数は30cm水槽で50W、45cm水槽で100W、60cm水槽で150W必要です。

スポンサーリンク

急激な水温変化はとても危険です!

金魚 水温
金魚の適温範囲は広いですが、長い時間をかけて慣らせば飼育できるという話で、急激な変化には対応できません。

金魚も温度差があると風邪をひいて病気にかかってたり、ストレスを感じます。昼夜の気温差が激しい春先や秋の終わりや、水槽を引っ越すときは注意しておきましょう。

温度差で急激に5度以上変化すると死んでしまうこともあります。

夏場の水温対策

金魚 水温
金魚は最高で40度まで耐えることができるので、夏の対策はあまり気をつける必要がありません。

しかし、元気な状態で飼育したかったり、長期に渡って暑い日が続くときは注意が必要です。

扇風機をあてる

水温は1度前後しか下がりませんが、室内の飼育であれば一番手軽です。水の蒸発が早くなるので、こまめに足し水してあげてください。

クーラーを使うとオフしたときの気温差が大きくなるので、やめておきましょう。

凍らしたベットボトルを浮かべる

氷よりも長持ちして、水温を2度〜3度は下げてくれます。水温が高くなる昼間に利用するといいですよ。

氷は水草を枯らしてしまったり、すぐに溶けるのでおすすめできません。

水槽の置き場所を考える

直射日光は水温を大きく上昇させるので、窓際はさけて、必ず風通しがいい日陰に入れるようにしてください。

旅行にいくときは、窓を開けられる部屋に水槽をおいておきましょう。

水草をいれる

浮き草
浮き草などの水草は温度上昇を防ぐ効果があります。屋外飼育におすすめです。

夏は酸欠に注意しよう

金魚は水温が高くなると、呼吸が活発になるので、たくさんの酸素が必要になります。

また高い水温では酸素が水に溶け込みにくくなってしまいます。

そのため夏場は酸欠になりやすく、水面をパクパクする動作が増えるようなら、エアレーションをいれてあげましょう。

冬場はどうする?

金魚 水温
金魚は低い水温に強いので、冬でも水温対策をする必要はありません。

水面が凍るくらいなら問題なく、水底でじっとしています。完全に凍ると死んでしまうので、注意してください。

低水温では泳いでいる姿を見るのは難しいので、観賞魚として飼育しているなら対策が必要です。

ヒーターを入れる

水温を上げるにはヒーターをいれるしかありません。家庭で暖房をつける頃に、熱帯魚店に販売されているので購入してきましょう。

水槽の置き場所に気をつけよう

電子機器や暖房機器の近くは水温差が大きくなるので、近づけないようにしてください。

屋外飼育

アナカリス
屋外飼育ならビニールシートをかぶせるか容器を発泡スチロールにして保温しましょう。

体を休められるように、寒さに強いアナカリスなどの水草もいれてくださいね。

水温が下がると餌を食べなくなる?

金魚 水温
池やヒーターのない環境で金魚を飼育していると、秋から食欲が落ちて、冬にはほとんど餌を食べなくなります。

冬眠状態になるので、餌をあげないでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク