金魚

金魚におすすめの水草3選!水草の選び方や一緒に入れるメリットを紹介します。

2018年8月28日

金魚の水槽に水草を入れるとレイアウトに華やかさが増して、鑑賞の楽しさが増えること間違いありません。しかし、水草は初心者にとって飼育が難しい種類が多く、枯らしてしまうことも少なくありません。

今回はそんな金魚の水草について必要性やレイアウト方法、入れる量や効果など詳しく紹介していきます。

金魚に水草は必要?どんなメリットがあるの?

コメット

金魚の赤い体色と緑色の水草はとてもマッチしており、水槽を華やかにしてくれます。観賞用水槽として魅力を高めてくれますよ。

他にも水草は、金魚が体を休めるための休憩所であったり、喧嘩をした時の隠れ家など安心できる場所を提供してくれます。金魚はストレスを感じやすいので、長く育てていくために、水草はとても重要な存在です。

他にも、水草は光合成をするときに水中に溜まったフンや餌の食べ残しなどの養分を吸収します。これにより水を綺麗に保つことに役立っています。

金魚はフナの仲間で植物食性が強い魚なので、水草をメインに食べて生活しています。動物性の人工飼料だけで飼育するよりも、水草を食べさせる方が元気になります。デメリットとして捉えられることが多いですが、旅行で長い間餌を上げられない時は、餌として使うこともできます。

水草をいれるメリットは多いので、なるべくいれてあげるといいですよ。

水草なしでも飼育できる?

金魚は水草なしでも飼育することができます。その時は酸素不足になってしまうため、酸素を供給できるエアレーションをいれてあげましょう。

エアレーションは安価な投げ込み式フィルターや外掛けフィルターで問題ありません。飼育数が多い時は酸素不足や水が汚れやすいので、エアレーションは必須になります。

金魚におすすめの水草

金魚の水草を選ぶ上で大切なポイントは、2つあります。

1つめは金魚は雑食性のため、お腹が空いてくると水草の葉を食べてしまうことがあり、葉が大きくて硬い水草や成長が早い水草を選ぶか、餌不足にならないように注意する必要があります。

2つめは大きなひれを使って力強く泳ぐため、砂に植えた水草を引き抜かれることがよくあります。フンも底によく溜まるので、掃除の頻度が多く、根をはるタイプは飼育が難しくなります。

ベスト1.アナカリス

アナカリス

金魚の水草でもっともおすすめなのはアナカリスです。日本の小川に生えている水草で、多くのお店で販売されています。

安価で入手しやすく、適度に日光を当てていれば枯れることがないので、初心者におすすめです。水底に根をはることができますし、水中に浮かべているだけでも成長していってくれます。

成長スピードが早いので、溜まったフンを肥料にすることで水を綺麗な状態に保ってくれますが、伸び過ぎるので2週間に1回は選定作業をしないと見栄えが悪くなってしまいます。

ベスト2.マツモ

マツモ

マツモは金魚藻(きんぎょも)とも呼ばれている水草で、金魚の飼育で定番の水草です。葉が特徴的で、日本の文化象徴したかのような細く繊細な形状をしており、和の金魚とよく似合います。

こちらも丈夫な種類ですが、アナカリスよりは飼育が難しく、強い光が必要になります。たまに直射日光を当てててあげるか、強い光量の照明を準備してください。

ベスト3.浮き草

浮き草

浮き草は金魚の屋外飼育の時によく使います。日陰をつくれるので、水温の上昇を防ぐことができるからです。種類によっては立派な花を咲かせてくれますよ。

浮き草の成長には強い日光が必要になるので屋内での飼育には向いていません。

人工水草

金魚は人工的に作られて魚なので、人工水草が意外にも似合います。食害にあったり、枯れることがないので管理がとても楽です。光合成はできないので、エアレーションをいれてあげる必要があります。

金魚の水草の育て方

水草を入れる量とレイアウト

水槽のメインはあくまでも金魚なので、レイアウトを作る時は中央に泳ぐスペースをしっかりと確保するのが基本です。

水草を入れすぎるともさっとした印象を受けてしまうので、2〜3種類に抑えておきます。1種類だけでたくさん植えると味気なくなるので3〜5本前後が適量です。水槽の半分くらいの高さにカットして、水槽奥の左右に植えてくださいね。

水草の植え方

金魚は水草にちょっかいをかけるので、水草の植え方が弱いと簡単に抜かれてしまいます。

底砂がある時は4cmは砂の中に埋めるようにしましょう。砂の量が少ない時はタコ糸で石や流木に固定してしまうといいですよ。

水草が枯れてしまう原因

水草の飼育は金魚以上に難しいものであり、慣れないうちはよく枯らしてしまいます。ここでは水草が枯れてしまう原因を紹介しますので、対策に役立ててください。

●日光不足
枯れる原因でもっとも多いのが日光不足です。水草の飼育には強い光が必要なので、照明を使うか、たまに水草を移動させて日光をあててください。

●水温が低い、高い
水温が低いと成長スピードが遅くなり、低すぎると枯れてしまいます。水草ごとに適温は異なりますが、およそ25度前後が目安になります。

●栄養不足
水草は魚のフンから溶け出した肥料を栄養にして成長します。新鮮な水は肥料がないため、水草にとっていい環境ではありません。市販されている固形の肥料を与えるといいですよ。

●病気にかかっている
水草で黒くなっている部分は病気になっているので、カットする必要があります。そのときに大きくカットしすぎると成長に必要なエネルギーがなくなってしまうので、注意してください。

-金魚

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.