金魚の種類

金魚のコメットの飼育方法を紹介!人気の種類や性格、巨大化させるには?

2018年10月31日

コメットは彗星のような俊敏な動きと、あとを残すような長いヒレが特徴的な金魚です。

今回はそんなコメットについて人気の種類やおすすめ餌、寿命、性格、値段、かかりやすい病気など飼育方法を詳しく紹介していきます。

金魚コメットの生態と特徴

コメットの飼育

コメットはアメリカで品種改良された金魚で、ワキンリュウキンがベースになっています。

体型はワキンのようにすらっとしており、琉金のような長いヒレをもっています。遊泳力が高く、水槽内を泳ぎ回るようになります。

安価で丈夫なので初心者にも飼いやすいおすすめの金魚です。

性格

コメットは臆病な性格をしており、飼育し始めの時は水槽の奥から出てきてくれません。早く慣らすためには、蛍光灯を暗めにして、5匹以上で群泳してあげるといいですよ。

寿命

コメットの寿命は平均して5年〜10年です。大切に育てていると20年近く生きることがあります。長寿な魚で、ギネスだと40年以上生きている記録があります。

老衰前の症状や長生きのコツについては金魚の寿命で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

性別の見分け方

コメットのオスとメスの見分け方で一番簡単方法は、追星(おいぼし)を確認することです。

追星とは体から出てくる白い粒状の突起物のことで、春になるとオスのエラから胸びれにかけて出てきますが、メスには出てきません。

金魚コメットの種類

コメットには赤色の他に色違いの種類があります。

桜コメット

桜コメットの特徴は透明な鱗に赤色と白色が入っていることです。通常のコメットよりもウロコの輝きが強くなっています。

レモンコメット

レモンコメット

レモンコメットは名前の通り、黄色いコメットで、大きさや寿命はコメットと変わりありません。体色は全身が黄色い個体と上半分が黄色で下半分が白い個体がいます。

別名でゴールデンコメットとして販売されており、値段は1匹500円前後で販売されています。

尾びれが短い短尾タイプや、ヒレが透明になっているスケルトンレモンコメットなどがいます。

金魚コメットの飼育に必要な水槽設備

コメットの飼育に必要な水槽と周辺器具を紹介します。

水槽の大きさ

コメットは遊泳力があり、体が大きいので、水槽は最低でも60cm以上必要です。成長させると窮屈なので、可能であれば90cm水槽用意できると安心です。

餌の量を制限して、体長を10cm前後に制限できれば45cm水槽でも可能ですが、かわいそうなのでやめておきましょう。

水槽の選び方やおすすめ商品については金魚の水槽で詳しく紹介しています。

ろ過フィルター

60cm水草や90cm水槽を使う時は、ろ過力がある上部式フィルターがおすすめです。掃除もしやすいので、フン量が多いコメットに最適です。

金魚コメットの飼育方法について

金魚コメットの飼育

コメットは体がとても丈夫なので、飼育は簡単です。餌を食べた分だけ大きく成長し、飼い切れなくなるので、餌の量には注意してください。

値段と販売場所

コメットの値段は200円〜500円程度になります。ごくまれに金魚すくいにも紛れていることがあります。

メジャーな魚ではないので、金魚に力を入れているペットショップやホームセンターを探す必要があります。ネット通販であれば簡単に見つかりますよ。

適している水温

コメットに適している水温は他の金魚と同じく15度〜28度です。

冬の低水温にも強く、水が完全に凍らなければ死ぬことはありません。しかし、ほとんど動かなくなるので、鑑賞するのであればヒーターを入れてあげてくださいね。電気代や必要性については金魚のヒーターで詳しく紹介しています。

冬や夏の水温対策については金魚の水温で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

おすすめの餌

人工飼料

コメットは餌の好き嫌いが少ないので、どのような餌でもしっかりと食べてくれます。

食べ散らかすことが多いので、一口で食べやすい沈下性の粒タイプのものがおすすめです。キャットや錦鯉用の人工飼料をあげるといいですよ。

赤色の色揚げを狙う時はクリルEなどのエビ系の餌を与えてみてください。

おすすめの餌の種類や与え方については金魚の餌で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

混泳について

らんちゅう

コメットの混泳は難しいです。

大きな体で水槽を泳ぎ回るので、強い水流が他の魚にはストレスになってしまいます。特にらんちゅう琉金、丹頂といった金魚と混泳すると餌を奪ってしまい、うまくいきません。

混泳におすすめなのは同じ和金型であるコメット同士や朱文金小赤(和金)などになります。

体が小さいうちはメダカネオンテトラと混泳できますが、成長すると厳しくなります。熱帯魚ではコンゴテトラなど10cm前後になる種類がおすすめです。

かかりやすい病気と治療方法

コメットは体が丈夫であまり病気にかかりませんが、水温の変化や水質悪化で病気にかかることがあります。

多いのは白点病と尾ぐされ病の2つです。他の病気の症状や治療方法については金魚の病気で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

白点病

ヒレを中心に全身が白い点々に覆われる病気で、25度以下の低水温時にかかりやすくなります。

感染力が強いので、発症した個体を見つけたらすぐに別の水槽に隔離してメチレンブルーで1週間薬浴してください。治療効果や使い方についてはメチレンブルーとは?で詳しく紹介しているのでご参考ください。

尾ぐされ病

各ヒレが白く濁りながら溶けてくる病気で、水質悪化によって発生したカナムナリス菌が原因です。水の全交換を行なってください。

治療には塩分濃度0.5%(水1リットルにたいして5g)に24時間つけるか、グリーンFゴールドで1週間薬浴してください。

金魚コメットの飼育を楽しむなら巨大化させよう!

コメットの飼育

コメットはとても大きくなる金魚でだいたい20cm〜30cmほどの大きさまで成長させることができます。ここまでくるとそこらの中型魚よりも迫力のある存在になります。

金魚は餌の量によって簡単に大きさをコントロールすることができます。巨大化させたいときは大きな水槽を用意して、水温は26度をキープし、毎日4回は餌をあげるようにしてください。

関連記事
人気の金魚13種類を紹介!それぞれの特徴や飼育難易度や、値段は?

初めの人でもわかりやすいように、人気の金魚を一覧で紹介していきます。 種類ごとに飼いやすさや大きさ、値段などをまとめているので、種類がわからない時や飼育する金魚を決める参考にしてください。 金魚の種類 ...

-金魚の種類
-

Copyright© Woriver , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.