カクレクマノミとは?その魅力と特徴、飼育方法を紹介!値段や一緒に飼える生き物は?

カクレクマノミは映画「ファインディングニモ」で一躍有名になった海水魚です。見た目の美しさだけではなく、人になつく可愛らしさも備えており、観賞魚として魅力たっぷりです。

今回はカクレクマノミについて特徴や値段、性別の見分け方や混泳できる魚など飼育方法を詳しく紹介していきます。

カクレクマノミとは?

カクレクマノミの飼育

カクレクマノミはスズキ目スズメダイ科クマノミ亜科に分類される海水魚です。

沖縄や太平洋の暖かくて浅いサンゴ礁に生息しています。サンゴ礁には餌となる植物性プランクトンがたくさん繁殖しており、イソギンチャクも多く生息しています。

体色はオレンジと白の間に黒のラインがはっきり入っており、とても綺麗です。

クマノミの種類は意外に多く、世界に30種類近くいますが、観賞魚として知られているのはクマノミとカクレクマノミの2種類になります。クマノミについてはクマノミの全5種類の特徴と飼育方法!それぞれの値段やおすすめの餌、相性がいいイソギンチャクは?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

体の大きさ

カクレクマノミは販売されている個体は4cmほどの小さな魚ですが、成長すると最大で8cmと少し大きくなるので注意が必要です。生後1年で5cmを超えて、成魚になります。そこから繁殖が可能になりますよ。

寿命

カクレクマノミの寿命は平均して5年から10年です。飼育下では長寿になる事が多く、20年以上飼育された例もありますよ。

カクレクマノミの生態

カクレクマノミの飼育

カクレクマノミの生態には2つの特徴があり、性転換とイソギンチャクとの共生です。どちらも他の魚にはない特徴で、独自の進化を遂げてきた魚と言えます。

性格

イソギンチャクの中でペアで仲良く過ごす姿が印象的ですが、性格は気性が荒いです。特にペアができた時は他の魚を追いかけ回すこともあるため、混泳にはコツが必要です。

性別について

カクレクマノミは性転換をする魚で、大人になる体長が5cmくらいの頃に、グループの中で一番大きな個体がメスに、二番目に大きな個体がオスになり、他の個体は繁殖を行いません。

メスが死ぬと2番目に大きかったオスがメスに変わるので、体の大きさで性別を見分けることができます。

ペアを作りたい時は幼魚を5匹ほど飼育し、イソギンチャクをいれておいてください。時間が経つと2匹がイソギンチャクを独占しているので、それがオスとメスになっています。

イソギンチャクの共生

カクレクマノミの飼育

カクレクマノミは体が小さく、天敵が多いため、触手から強い毒性をはなつイソギンチャクの中で生活をしています。

平らな体で触手の間を器用に泳ぎ、体表から特殊な粘膜を出す事で体を守っています。守ってもらう代わりにイソギンチャクについたゴミを掃除してあげています。しかし、クマノミにも相性があり、すべてのイソギンチャクに入れるわけではありません。一番好きなのはハタゴイソギンチャク、次にセンジュイソギンチャクを好みます。

イソギンチャクのいない環境で育った養殖個体はイソギンチャクに慣れていないので、入らないことも多いです。時間をかければ自分から近づくこともあるので、暖かく見守ってください。確実に入る様子を観察したい時はすでに入っている個体を購入するか、ワイルド個体の販売を探してみてください。

飼育の観点から言うと、どのイソギンチャクも移動をするので、自分が求めている場所にとどまってくれないのが難点です。飼育も難しいので、初心者はイソギンチャクなしでの飼育がおすすめです。

カクレクマノミが繁殖で敏感になっている時や、空腹、イソギンチャクが弱っている時は触手をつついてイソギンチャクを食べてしまうことがあります。

スポンサーリンク

カクレクマノミの飼育に必要な水槽と器具

カクレクマノミの飼育

カクレクマノミの飼育に必要な器具や道具を紹介していきます。初めての方であれば小型水槽の飼育セットなども販売されているので、それを利用すると便利ですよ。初期費用では3万円ほどあれば十分です。

水槽

飼育に必要な水槽のサイズは30cmになります。小型水槽で飼育できるため、値段が安く、置き場所にも困りません。透明度が高い、熱帯魚用のガラス水槽を使いましょう。

飼育数は30cmの水槽で2匹、45cm水槽で4匹、60cm水槽で8匹が目安です。

ろ過フィルター

ろ過フィルター

メンテナンスが容易な外掛け式フィルターがおすすめです。海水は塩分を含んでいるため、海水でも使えるフィルターを選びます。淡水以上に水が汚れやすいので、30cm水槽なら45cm水槽用などワンサイズ上のろ過能力を持ったものを選んでください。

照明

照明の色はカクレクマノミの体色が綺麗に見えるブルー系がおすすめです。光量は10W前後のものを8時間点灯しておきます。

水槽の蓋

水槽の蓋は水の蒸発や魚の飛び出しを防止に必要です。特に夏場は水が蒸発して塩分濃度が増加して、棲めない環境になってしまいます。隙間がないようにしっかりと蓋をしておきましょう。

比重計

水中の塩分濃度を計測するのに使います。適している比重は1.023ですが、もともとの飼育水をチェックしてから差が大きければ徐々に調整していってください。

人工海水の素

人工で海水を作るために使います。カルキを抜いた水道水に人工海水の素をいれて、比重計を使いながら塩分を調整していきます。

あみ

移動させるときやゴミを取り出すときに使います。体を傷つけないように網目が細かいものを選びます。

カクレクマノミの飼育方法について

カクレクマノミの飼育

カクレクマノミは水質の変化にうるさく、飼育には慣れが必要です。水槽の立ち上げから水換えなど水質管理をしっかりすることが大切です。

値段と販売場所

カクレクマノミは人気の高い熱帯魚ですが、海水魚を取り扱っていないお店も多く、探すのには少し苦労します。

値段は1匹あたり500円〜2,000円と幅が広いです。すでにペアになっている個体は高く、2匹で5,000円前後で販売されています。ホームセンターなど海水魚に力を入れていないショップだと高くなる傾向にあるので、熱帯魚専門店を探してください。

ネット通販は販売量が多いため、ペアでの販売を見つけることも簡単です。それでも、初めての海水魚を飼育する人には相談できるショップを作る事がおすすめします。

適している水温

カクレクマノミの飼育

カクレクマノミに適している水温は23〜25度です。

低水温に弱いので冬にはヒーターが必要です。必要なワット数の目安は30cm水槽で50W、45cm水槽で100W、60cm水槽で150Wになります。

低水温以上に高温に弱いので、夏は注意してあげてください。26度を超えるようになったらクーラーか冷却ファンをつけてあげましょう。

水槽の立ち上げ方法

カクレクマノミの飼育

水槽の立ち上げには1ヶ月ほどかかるので購入してくる前に準備しておきましょう。

立ち上げたばかりの水槽にはフンなどの有害物質を無害なものへ分解してくれるバクテリアがいません。バクテリアがいない水槽は水質悪化がどんどん進むため、1ヶ月もすると魚が棲めない環境になってしまいます。

バクテリアを増やす期間として1ヶ月ほど必要になります。

  1. 水槽を水道水で洗う
  2. 水槽と水槽台をセットする
  3. サンゴ砂を水道水で洗って3cmほど敷く
  4. フィルター、蛍光灯、ヒーターをセットする
  5. 人工海水をゆっくり入れる
  6. 各器具の電源を入れて様子を見る
  7. ライブロック(サンゴの死骸)をセットする
  8. 小型のスズメダイなど1ヶ月飼育する
  9. 水質が安定したらカクレクマノミをいれる

水槽の立ち上げ方法については淡水魚と同じく、アクアリウム水槽の立ち上げ方!手順や流れ、早くするコツを紹介します。でも詳しく紹介しているので、ご参考ください。

水槽のレイアウト方法

ライブロック

カクレクマノミの水槽のレイアウトには、サンゴ砂を敷いて、ライブロックとイソギンチャクを入れる事が基本となります。

サンゴ砂は水質を弱アルカリ性に保ってくれるので水質の維持が楽になります。厚みを2cmほどまで敷いてください。

イソギンチャクの飼育は初心者には難しいので、隠れ家の代わりになる人口水草をいれるのもおすすです。

ライブロックとはサンゴの死骸であり、骨のことです。小さな穴がたくさんあいているので、微生物が繁殖し、水を綺麗にする役割を果たしてくれます。隠れ家にもなるので、ぜひいれてあげましょう。

青い照明を使うと綺麗なインテリアになりますよ。

おすすめの餌と給餌方法

カクレクマノミの飼育

野生のカクレクマノミの食べ物は藻類や小型甲殻類、動物性プランクトンなどなんでも食べる雑食性です。

飼育下ではメガバイトという、海水魚専用の人工飼料がおすすめです。栄養バランスがよく、小さい粒状の餌でゆっくりと沈むため、食べ残しが少ないです。

餌やりの頻度は1日2回、2分で食べきれる量を与えましょう。

導入したばかりのときは新しい環境にストレスを感じていることが多く、、餌を食べなかったり吐いたりしてしまいます。サンゴ石やイソギンチャクなどの隠れ家を置いておいて、2週間は様子を見ましょう。

人工餌を食べてくれないときは、最初に冷凍アカムシなどの生餌を与え、ゆっくりと人口餌に餌付けしてくださいね。

かかりやすい病気と治療方法

カクレクマノミは導入したばかりの時は病気にかかりやすく、餌を食べなくなったり、元気がなくなるので、毎日観察して早めに気づけるようにしておきましょう。

●白点病
全身に白い点々が広がる病気で、新しい環境に移動して、ストレスで体力が弱っているときに寄生虫に感染します。

感染力が強いので、発症している個体を見つけたらすぐに隔離して治療を始めてください。初期症状であれば自然治癒できるので、水温を少しあげて、餌をしっかり食べさせます。本格的に治療するときはメチレンブルーで薬浴するか、薬局で市販されているオキシドール(消毒液)を使います。オキシドールは海水4リットルにたいして0.5mlをいれてください。

●トリコディナ病
カクレクマノミの死因で一番多く、薄い膜が体表を覆います。輸入直後など弱っているときにトリコディナ菌に寄生されて発症します。治療には3分前後淡水浴をしてから、患部を手で優しくこすることで寄生虫を取り除きます。

体力を消耗するので、2日に1回行い、少しづつ寄生虫の数を減らしていってください。

カクレクマノミと一緒に飼育できる生き物

カクレクマノミの飼育

カクレクマニモは小さくてかわいい見た目に反して、気性は荒く、混泳魚を攻撃することがあります。特にイソギンチャクを入れた時は他魚への攻撃性が増すので、混泳する時はイソギンチャクをいれないでください。

混泳相手にはカクレクマノミよりも体が大きくて、温和な性格をした熱帯魚を選びましょう。

カクレクマノミ同士

幼魚のときはおとなしいですが、5cmを超えると同種に対して縄張り意識が強くなります。ペア以外は排除しようとしてしまうので、混泳はさけたほうがいいですよ。

デバスズメダイ

デバスズメダイ

スズメダイは気性が荒い種類が多いですが、デバスズメダイは温和で安価、丈夫なので初心者にもおすすめの混泳相手です。群れで生活をするので、広いスペースをとって、お互いに干渉しないようにしておきましょう。

エビ

水槽の掃除役として人気があるホワイトソックスやキャメルシュリンプと混泳できます。体が小さいと餌になってしまうので、注意してください。

チンアナゴ

チンアナゴ

混泳には問題ありませんが、泳ぐのが苦手なので、カクレクマノミに餌を取られてしまいます。しっかりと餌がいきわたっているか確認してあげてください。

ヤッコ

ヤッコ

体が大きいので、カクレクマノミに負ける事がなく、温和な性格なので、混泳の相性はとてもいいです。ルリヤッコやフレームエンゼルがおすすめです。

ハギ

キイロハギ

ハギも体高があって、温和な性格をしているので混泳の相性がいいです。

ファインディングニモでドリーとして知られているナンヨウハギは最大で30cmとかなり大きくなるため、混泳には向いていません。ナンヨウハギについてはドリーことナンヨウハギの特徴と飼育方法!混泳相性や飼育難易度、かかりやすい病気は?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

フグ

フグはつつく習性があり、強力な歯を持っているので混泳には向いていません。体表から毒を出すこともあるので、単独飼育が基本になります。

カクレクマノミの繁殖方法

カクレクマノミの飼育

カクレクマノミはよいペアが入手できれば繁殖は難しくありません。

ペアを作るために、3cm以下の幼魚を5匹以上購入してきて、しっかりと餌をあげて成熟させましょう。寄り添うように泳いでいる2匹が出てきたら、それがペアになっている証拠です。ペアができたら縄張り争いが激しくなるので、2匹を残して他の魚は別の水槽に移動させます。

イソギンチャクがあると産卵場所として最適ですが、ライブロックやガラス面にも産卵してくれます。オスが卵を守り続けて、産卵から10日前後で孵化が始まります。

稚魚が泳ぎだしたら、餌に栄養価が高いブラインシュリンプを与えてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク