クマノミってどんな海水魚?生態と特徴、飼育方法を紹介!人気の種類や相性がいいイソギンチャクは?

クマノミは丸みをおびたかわいい体つきと綺麗なオレンジ色で人気の熱帯魚です。長く飼育することで飼い主になつくことがあり、丈夫な魚なので初心者にもおすすめです。

今回はそんなクマノミについて特徴や種類、値段、おすすめの餌など飼育方法を詳しく紹介していきます。

クマノミってどんな海水魚なの?

クマノミの飼育

クマノミはスズキ目、クマノミ亜科、クマノミ属にはいっている海水魚の仲間です。沖縄やインド洋を中心とした熱帯地域のサンゴ礁に生息しています。浅くて日光がよくあたる場所を好んでおり、ダイビングでその姿を見ることもできます。

名前の由来は隈取り(歌舞伎役者が化粧をした姿)と実(小さい魚)が合わさって隈之実(くまのみ)と呼ばれるようになりました。

各ヒレは丸みを帯びており、かわいらしい印象を与えてくれます。赤色やオレンジ色の体色をベースに白色のラインが綺麗に入っています。

体の大きさ

最大で15cmまでの大きさに成長します。平均サイズだと10cmほどです。

寿命

小さい体に似合わず、寿命はとても長く、平均で10年ほどです。長生きすると20年は生きることができます。

クマノミの生態

クマノミの飼育

クマノミはイソギンチャクと共生することで知られています。イソギンチャクの先端には毒性のある針があり、他の魚は近寄ることもできませんが、クマノミは体表から出る粘膜で刺されることはありません。イソギンチャクを隠れ家にすることで、天敵の多い海でも安全に生活することができています。

各ヒレが丸く、泳ぎが苦手なクマノミほどイソギンチャクへの依存度が高く、行動範囲も狭くなります。泳ぎが得意なクマノミもおり、それらの種類はイソギンチャクなどの隠れ家を必要としていません。

他にも性転換することでも有名で、グループの中で最も大きい個体がメスになり、次に大きい個体がオスとなり、他の個体は繁殖をすることがありません。メスがいなくなると、2番目に大きかった個体がメスに変わります。

スポンサーリンク

クマノミの仲間とそれぞれの特徴

クマノミは種類数が多く、30種類を超えています。ここでは観賞魚やダイビングで人気の基本的な種類を紹介しますね。

クマノミ

クマノミ

クマノミの基本種です。オレンジ色の体に白いラインが2本入っています。個体差が激しく、体の上半分が黒くなっている個体が多いです。販売量は多いですが、体色が地味な分、カクレクマノミほど人気ではありません。

値段は最も安く、500円〜700円前後で販売されています。

カクレクマノミ

カクレクマノミ

カクレクマノミは映画ファインディングニモで一躍有名になった種類です。オレンジ、黒、白がはっきりと分かれており、コントラストの美しさと丸みをおびたかわいい体つきをしています。クマノミの中で最も人気があり、値段は1,000円前後です。

カクレクマノミの特徴や飼育方法についてはカクレクマノミの特徴と飼育方法!値段や性別の見分け方、水槽の立ち上げ方は?で詳しく紹介しています。

ハナビラクマノミ

ハナビラクマノミはピンク色の体をベースに頭部に白いラインが1本だけ入っています。泳ぎが得意なので、積極的にイソギンチャクに入ることはありません。

見た目が地味なので、販売量は少なく、値段は1,500円前後になります。

セジロクマノミ

セジロクマノミはオレンジ色の体をベースに背中にそって白いラインが1本だけ入っています。平均サイズは15cmほどでクマノミの中でも大型の種類です。

アラビアハタゴイソギンチャクなどの触手が極端に短いイソギンチャクを好んでいます。

販売量が少なく、値段は2,000円前後と高めです。

ハマクマノミ

ハマクマノミはハナビラクマノミと同じように頭部に白いラインが1本だけ入っている種類です。白いラインは少しだけ太く、綺麗なオレンジ色をしています。

幼魚のときには白い帯が3本あり、成長とともに消失しますが、少しだけその部分が黒ずみます。

値段は1,000円〜1,500円で販売されています。

クマノミの飼育方法について

クマノミの飼育

クマノミは丈夫な魚なので、初心者でも簡単で海水魚の入門にもおすすめです。

水槽と周辺器具

クマノミは45cm水槽から飼育することができます。飼育数の目安は45cm水槽で2匹、60cm水槽で5匹です。水量が多い方が飼育が簡単なので、初心者には60cm水槽がおすすめです。

ボトルアクアリウムということでガラスの容器が販売されていますが、水量が少なく、体も大きくなるので、ずっと飼育することはできません。冬場の温度管理も難しいので、一時的なものとして使いましょう。

ろ過フィルターはなんでも大丈夫ですので、安価でインテリア性に優れている、外掛け式フィルターがいいでしょう。強い光を好んでいるので、照明は光量が強い2灯式のものを選んでくださいね。

初期費用で3万円ほどみておくといいですよ。

適している水温と水質

クマノミに適している水温は23度〜26度です。水温の変化に弱いので水温計をこまめにチェックしてください。

低水温になる冬はヒーターを入れましょう。外気との温度差で水が蒸発して、塩分濃度が高くなるので、しっかりと水槽の蓋をしておきましょう。

高水温になる夏には冷却ファンが必要になります。夏場の温度コントロールは難しく、照明の位置をなるべく上にしたり工夫が必要です。

値段と販売場所

クマノミは人気の海水魚なので、比較的簡単に見つけることができます。値段は1匹500円〜1,000円ほどで販売されていますよ。

おすすめの餌と与え方

クマノミは藻類や小エビなどなんでも食べる雑食性です。餌のトラブルも少なく、人工飼料をしっかりと食べてくれますよ。

おすすめの餌は小型の海水魚専用餌であるメガバイトです。小さい粒でゆっくりと沈むので食べ残しも少ないです。

餌の頻度は1日2回、2分程度で食べきれる量を与えましょう。

かかりやすい病気

クマノミの死因で一番多いのが海水魚でメジャーなトリコディナ病です。水温の変化やストレス、水質悪化など体力が弱っているときにかかりやすく、トリコディナ菌につかれることで、体が薄い膜に覆われ、さらに体力が奪われていきます。

治療するためには3分ほど淡水につけて、手の腹の部分で優しくこすり落としてください。かなりのストレスを与えてしまうので、2日起きに行なってくださいね。

クマノミと一緒に飼えるイソギンチャク

クマノミの飼育

クマノミとイソギンチャクには相性があり、クマノミがはいられないイソギンチャクも存在しています。クマノミが好んでいるイソギンチャクはこちらの種類になります。

  • サンゴイソギンチャク
  • タマイタダキイソギンチャク
  • シライトイソギンチャク
  • センジュイソギンチャク
  • ハタゴイソギンチャク
  • ロングテンタクルアネモネ

イソギンチャクは光量の強さや水流、水質の維持など飼育がとても難しく、初心者はやめておいたほうがいいです。

基本的にはサンゴの死骸であるライブロックのレイアウトがおすすめですが、どうしてもという方には比較的難易度の低いサンゴイソギンチャクから始めてみてください。

クマノミについてまとめ

クマノミの飼育

クマノミは小さくてかわいい、丈夫で飼育しやすい、安価で入手しやすいなど、初めての海水魚飼育の方にもおすすめの魚です。クマノミが少しいりくんだ、レイアウトの中をすーっと泳ぎ回る姿はみていて心が癒されます。

海水を作るのは大変じゃない?というイメージもありますが、海水を作るための器具も充実してきており、失敗することはほとんどありません。興味を持った方はぜひ飼育に挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク