海水魚

ルリスズメダイってどんな熱帯魚?飼育の注意点や寿命、入手方法を紹介します!

2019年7月8日

ルリスズメダイ(コバルトスズメ)はコバルトブルーの体色がとても美しい、観賞魚として人気の海水魚です。しかし、気性が荒い性格の個体が多く、少し手間がかかります。

今回はそんなルリスズメダイの生態や特徴、寿命、入手方法、色が変わる原因など飼育方法について紹介していきます。

ルリスズメダイの生態と特徴

ルリスズメダイの飼育

ルリスズメダイはスズキ目スズメダイ科ルリスズメダイ属に分類される海水魚です。別名でコバルトスズメの名前で親しまれています。

名前の由来は紫色に近い青色である瑠璃色(ルリイロ)をしたスズメダイであることから、名付けられました。幼魚の頃は真っ青の濃い色をしていますが、成長するにつれてくすんできます。

インド洋から太平洋の温帯から熱帯に分布しており、水深が浅いサンゴ礁を好んでいます。10匹以上の群れで生活しているため、飼育下でも群泳させることで、その魅力を引き出すことが出来ます。臆病な性格をしているので、少数で飼育しているとサンゴに隠れて出てきてくれません。

その美しさからダイバーにも人気があります。

観賞用海水魚としてはとてもメジャーで、体が小さくて安価で入手するのが簡単です。

同じ種類で真っ青の体色はそのまま、尾びれの付け根から先端までオレンジ色になっているシリキルルスズメダイも人気ですよ。

体の大きさ

ルリスズメダイは全長で5cm~8cmの小型の海水魚です。

寿命

ルリスズメダイの寿命は平均して2年~3年です。飼育は簡単で、上手に育てれば4年は生きることが出来ます。

繁殖について

ルリスズメダイは繁殖が簡単で、飼育下でも容易に繁殖を狙うことが出来ます。

性別の見分け方は雄は尾びれが透明になっており、雌は尾の先まで青色が入っています。オス同士で混泳していると縄張り争いをし始めますので、注意してください。

5匹以上で群泳していると、自然にペアが出来て、サンゴの隙間に産卵を行います。

ルリスズメダイの入手方法

ルリスズメダイの飼育

ルリスズメダイは沖縄や伊豆の浅瀬に生息しているため、4月から8月の暖かい時期に向かえば、容易に採集することが出来ます。

岩の間の水場で泳いでしますので、網ですくい上げることで簡単に捕まえる事が出来ますよ。

ルリスズメダイの飼育方法について

ルリスズメダイは安価で体が丈夫なので、初心者にもおすすめの海水魚ですが、気性が荒い個体が多いので、混泳には注意が必要です。

飼育に必要な水槽と器具

ライブロック

ルリスズメダイは透明度が高くて傷がつきにくい、熱帯魚用のガラス水槽がおすすめです。

飼育数の目安は30cm水槽で3匹、45cm水槽で4匹、60cm水槽で8匹ほどになります。

水質を安定させることで発色が良くなりますので、しっかりとろ過フィルターをきかせて、綺麗な水をキープしましょう。

海水の水草は飼育が難しいため、ライブロックなどサンゴ石をレイアウトに組むといいですよ。

必要なもの

  • 水槽
  • ろ過フィルター
  • ライト
  • 水槽の蓋
  • 海水魚用の底砂

人工海水の作り方

人工海水を作るためには、人工海水の元(塩)と比重計が必要になりおます。

最初にバケツにカルキを抜いた水を張っておき、水温を25度まで上げておきます。次に比重計で塩分濃度を測りながら、塩を足していきます。だいたい1.022を目指して、塩を追加しながらしっかりとかき混ぜていきましょう。

海水の作り方については人工海水の作り方を紹介!必要なものや手順、作るときに注意することは?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

値段と販売場所

ルリスズメダイの値段は100円~300円と非常に安価に入手することが出来ます。

人気の海水魚なので、海水魚を取り扱っているペットショップや熱帯魚専門店であれば簡単に見つけることが出来ます。ネット通販でも入手することが出来ます。

気性が荒い性格が多いため、水槽内で喧嘩していることが多々あります。混泳の状態に合わせて、大人しい個体を選んだり、元気に泳ぎ回っている個体を選ぶなど購入前にしっかりと観察しておきましょう。

適している水温

ルリスズメダイに適している温度は23度~27度です。

冬にはヒーターを入れて加温します。高水温に弱いので、夏は冷却ファンを用意しましょう。

おすすめの餌と給餌方法

ルリスズメダイは人工餌の食いつきがいいので、どのような餌でもしっかりと食べてくれます。

粒状でゆっくりと沈下するタイプの「メガバイトレッド」や「メガバイトグリーン」が栄養バランスも整っており、おすすめです。栄養価の高い餌を与えることで発色も良くなります。

餌の頻度は毎日1回、1~2分で食べきれる量を与えてください。 

掃除と水換え

ルリスズメダイは丈夫な魚なので、すこし水換えをサボったくらいですぐに死ぬことはありませんが、水質が悪化して体調が悪くなっていると、色が薄くなったり黒くなってしまって、見栄えにも良くありません。

最低でも週に1回は1/3ほど水換えをするようにしてください。

水換えの時はガラス面に付着したコケをスポンジでこすり落とし、ホースを使って、底砂にたまったゴミと一緒に水を吸い出します。

ルリスズメダイについてまとめ

今回はコバルトブルーの体色が美しいルリスズメダイについて紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

ペットショップではよくみかける海水魚らしい海水魚で、安価で飼育しやすいため、初心者にもおすすめの種類です。

成長するにつれて気性が荒くなってきますので、大きな水槽で飼育するか、隠れ家をたくさん用意するなど、しっかりと準備をしておいてくださいね。

-海水魚
-

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.