初心者向け!ネオンテトラの繁殖方法を詳しく解説!難易度や繁殖時期、稚魚の餌は?

ネオンテトラは熱帯魚の代表種と言えるほど人気の魚です。小柄でありながら青と赤の発色の美しさは見事の一言です。これほど一般的でありながら、ネオンテトラの繁殖は難しく、コツが必要になってきます。

今回はネオンテトラの繁殖のきっかけの作り方や稚魚の育て方など、繁殖方法を詳しく紹介していきます。

ネオンテトラの繁殖の難易度は?

ネオンテトラの繁殖
ネオンテトラは飼育が簡単ですが、繁殖はかなり難しい熱帯魚です。これだけ多く販売されていながら、繁殖例はほとんどありません。

しかし、日本で販売されている個体は東南アジアで養殖されて来たのがほとんどなので、コツさえ掴めば繁殖が可能な熱帯魚といえますよ。

ネオンテトラは自然繁殖できるの?

ネオンテトラの繁殖
ネオンテトラを自然繁殖させることはできません。環境のいい水草水槽で群泳させている人は多くいますが、ペアになって産卵したという話がないからです。繁殖をさせるには意図的に環境を整えてあげる必要がありますよ。

スポンサーリンク

ネオンテトラの繁殖時期は?繁殖のきっかけを作ろう

ネオンテトラはアマゾン河が雨季で大量の水が流れ込んできて、水温と水質に大きく変化した時に繁殖期にはいります。

繁殖を狙う時は生息地のアマゾン河の水質である弱酸性で3ヶ月ほど飼育して慣らしてください。pHは6.5前後になります。

その後、親魚の準備ができたら水温を15度まで落として2週間ほど飼育して、そこから1/2ほど換水して水温を24度まで上昇させましょう。

ネオンテトラが繁殖をするには親の成熟が不可欠です!

ネオンテトラの繁殖
ネオンテトラの繁殖を促すためには栄養をたくさんとって、しっかりと成長した親魚がいることが大切です。

親の成熟度合いは若い時に何を食べたかで大きく変わってきます。なるべく若い個体を購入してきて栄養価がたっぷりのブラインシュリンプで育成をしていきましょう。

ネオンテトラのオスとメスの見分け方

ネオンテトラのオスとメスは、成熟していれば簡単に見分けることができます。メスはオスと比べて体が大きく、丸みを帯びています。反対にオスはスマートな体型で細長くなっています。

成熟していないと体型の特徴が出てこないので、判別することはほとんどできません。

ネオンテトラの繁殖行動

ネオンテトラの繁殖
ネオンテトラは繁殖できる状態になるとオスがメスを追いかけ回すようになります。無事にペアができると1週間ほど寄り添って泳ぐようになりますよ。

ネオンテトラが妊娠の見分け方

ウィローモス
ネオンテトラのメスが妊娠をすると、餌をあげる前でもお腹がパンパンに大きくなっているを観察できます。そこまでなっていると産卵が近い証拠なので、別の産卵用水槽に移動させましょう。

ネオンテトラの産卵用水槽に必要なものは?

ネオンテトラの産卵用水槽は小型水槽で問題ありません。静かで暗い環境におく必要があるので、場合によっては段ボールか何かで覆ってしまうといいですよ。

  • 30cm水槽
  • スポンジフィルター
  • あみ
  • 底砂
  • ウィローモス
  • シュロ網
  • 水槽の周りを覆う暗めの紙
  • 保温器具

ネオンテトラの産卵前の兆候や産卵行動は?

ネオンテトラのメスは産卵が近づくと、水底でじっとしていたり、呼吸が速くなったり、急に立ち止まって少しバックしたりと落ち着きがなくなってきます。

底砂にばらまくように産卵し、その上からオスが精子をかけて受精させます。1回の産卵で30個ほど卵を産みます。卵が捕食されないように底にはウィローモスや大きめの砂利を敷き詰めておきましょう。

捕食をさけるために、産卵が完了したら親魚はすぐにもとの水槽にもどしておきましょう。

ネオンテトラの卵の孵化方法

ネオンテトラの卵は産卵されてから2日〜3日程度で孵化し始めます。新鮮な水が必要になるので、エアレーションを回して、毎日1/4は水を交換してあげましょう。

卵から孵った稚魚は3時間ほどたつと元気に泳ぎ始めますよ。泳ぎが得意ではないので、水流はかなり弱くしておいてあげてくださいね。

ネオンテトラの赤ちゃんの育て方

burainnshurinnpu
ネオンテトラの稚魚が孵化してから3日経過すると餌を与えなければなりません。餌は栄養価が高く、食いつきがいいブラインシュリンプおすすめです。

ブラインシュリンプは用意できるまで24時間かかるので、稚魚が孵化する前から準備を初めておきましょう。

毎日欠かさずに1日3回、1〜2分で食べきれる量をあげてください。餌を食べてくれれば死ぬことはほとんどありません。

ネオンテトラの稚魚はいつから親魚の水槽に戻せるの?

ネオンテトラの繁殖
ネオンテトラの稚魚は生後1ヶ月経過して、体長が1cmを超えたあたりから親魚と混泳することができます。

最初は自分より大きな魚がいることによるストレスが強いので、隠れ家になる水草をたくさん植えてあげてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク