中・大型魚

シルバーアロワナの特徴と飼育方法!混泳の注意点や体の大きさ、おすすめの餌は?

2018年4月7日

熱帯魚ショップに行った時、はじめて出会う古代魚はシルバーアロワナではないでしょうか。それくらいポピュラーに販売されており、簡単に手に届く価格で販売されています。しかし、成長速度は早く、あっと言う間に120cm以上の大きな水槽が必要になったりと、初心者を困らせる熱帯魚でもあります。

今回はシルバーアロワナに必要な水槽の大きさや成長速度、おすすめの餌など飼育方法を詳しく紹介していきます。

シルバーアロワナとは?生態と特徴

シルバーアロワナの飼育

シルバーアロワナは南アメリカのアマゾン川に生息しているアロワナの仲間で、最も体が大きくなるアロワナです。

名前の通りに全身が銀色のウロコに覆われています。個体差はありますが、成長するにつれて赤みや淡いピンク色が出てきたりときれいな発色を見せてくれます。

稚魚の時は水温が高い浅瀬で生活していますが、成長するにつれて運動量が減り、日陰が多く水の流れがゆっくりした場所に移動します。完全な肉食性で、水面付近をゆっくりと泳いでおり、水面に落ちた昆虫や鳥、小動物、甲殻類、魚などを捕食しています。

現地では食用として利用されており、浅瀬にいけば網で簡単に稚魚をすくうことができるくらい大量に繁殖しています。

寿命

寿命は平均で10年、長生きすると15年は生きます。

シルバーアロワナの大きさや成長速度は?

シルバーアロワナの飼育

シルバーアロワナの大きさは1m、重さは2kg〜3kg、体高は20cmを超えます。野生のシルバーアロワナは120cmを超えることがあり、アロワナのなかで最も大きくなる種類です。他のアロワナが60cm前後のなか、シルバーアロワナは1m近くになるため、体高もあるので圧倒的な存在感をみせつけてくれます。

飼育下では細長くなることが多いですが、野生の個体や巨大な水槽で悠々と泳いだ個体はしっかりとした肉付きがでてきます。育ちきった個体の迫力はシルバーアロワナでしか味うことができません。

たくさんの餌を食べるので、成長スピードはかなり早いです。目安は6ヶ月で体長40cm、1年で体長70cmを超えてきます。3年目で90cmになって成長が止まります。

成長速度は餌や水温、水換えの頻度によって変わってきます。大きく成長させたいときは、幼魚のときに餌をたくさんあげ、水温を28度前後と高くし、水換えの頻度を増やすことが大切です。しかしながら、水槽では90cm前後で止まることが多く、大きく成長させるのは難しいです。

シルバーアロワナの種類

シルバーアロワナの飼育

シルバーアロワナは品種改良がされており、体色が違う種類がいます。養殖は比較的簡単ですが、品種改良は難しいため、非常に高価です。

アルビノシルバーアロワナは突然変異で体色が抜け落ちた品種です。体色は白く、目が真っ赤になっています。

プラチナシルバーアロワナは全身が白銀に輝く希少種です。市場にでまわることはほとんどなく、50万円以上で販売されています。

+0

シルバーアロワナの飼育に必要な水槽と器具

シルバーアロワナの飼育

シルバーアロワナの飼育設備は体の大きさに比例して大きいものとなります。餌を食べる量が多いので、水が悪くなりやすく、水質を維持しやすい環境を整えることが大切です。初期費用では10万円ほどみておきましょう。

レイアウトは掃除のしやすさや体を傷つけないことを重視して、なにもいれないベアタンクで飼育するのがおすすめです。

水槽と大きさ

シルバーアロワナの飼育には180cm水槽が必要になります。特に奥行きが重要で最低でも90cm必要です。このサイズだと水を入れた時の重さが1000kg近くになるので、置く場所にも注意が必要です。

水槽が大きすぎるとストレスを感じるので、体の大きさに合わせて水槽のサイズを45cm水槽、60cm水槽、90cm水槽と大きくしていってください。

120cm水槽や150cm水槽で生涯飼育することはできません。水槽の大きさが足らずに、背骨が曲がったりして奇形になってしまいます。水槽を用意できる状態にしてから飼育を初めてくださいね。

アロワナの水槽の選び方についてはアロワナの飼育に必要な水槽のサイズは?水槽の設備や立ち上げ方、90cm水槽でも飼えるの?で詳しく紹介しています。

ろ過フィルター

とにかくフンの量が多いので、物理ろ過に優れており、掃除が簡単な上部フィルターかオーバーフロー式が必要になります。最初は水質をこまめにチェックして、phが安定しているかを確認しましょう。変動が大きければサブで投げ込み式フィルターを追加する必要があります。

保温器具

120cm水槽で500wと300wの2つ、180cm水槽で500wが3つ必要です。部屋の大きさによりますが、180cm水槽になるとエアコンをつける方が電気代が安くなりますよ。

照明

シルバーアロワナの照明は暗すぎても明るすぎても色が飛んでしまいます。水槽全体を照らすことができて、水槽掃除の邪魔にならない天井吊り下げタイプのメタルハライドランプがおすすめです。

水槽の設置場所

シルバーアロワナの水槽は120cm水槽で300kg、180cm水槽で950kgを超えてきます。一般の家だと250kgを目安とされているので、補強工事をするかコンクリート床に置く必要があります。

使用する水量が多いので、水道も近くにあると便利です。人通りが多いと人馴れするのが早くなってくれますよ。

シルバーアロワナの飼育方法について

シルバーアロワナの飼育

シルバーアロワナは稚魚の時は水質と水温の変化に注意する必要がありますが、大人は体が丈夫なので、飼育は簡単です。大きな水槽を用意することと餌をしっかりとあげることが大切です。

値段と販売場所

シルバーアロワナは10cm前後の幼魚が1,000円〜3,000円程度で販売されています。成魚が販売されていることはほとんどありません。東南アジアで養殖された個体が年中を通してコンスタントに輸入されてきます。

ホームセンターで見かけることはあまりないため、熱帯魚専門店かネット通販で購入するといいでしょう。基本種の値段は3,000円〜5,000円、アルビノシルバーアロワナの値段は30,000円〜60,000円前後になります。

野生種であるワイルド個体は体系が大きく、体色が美しく出ることがあります。同時に気性が荒いことが多いです。養殖されたブリード個体は体がすらっとして細長く、スマートな印象を受けますよ。好みに合わせて選んでくださいね。

水槽の立ち上げ方法

シルバーアロワナ水槽の立ち上げで特別な手順はありませんが、水量が多いので、水質が安定するまで時間がかかります。

糞量が多いので、バクテリアが繁殖していない状態だとすぐに有害物質が溜まって、住めない環境になります。水の準備に1ヶ月はかかりますので、事前に準備しておきます。

水槽の立ち上げの手順

  1. 水槽の置き場所を決める。床の耐荷重のチェック
  2. 水槽台と水槽、濾過フィルター、ヒーター、照明器具をセットする
  3. 水槽に水を入れる
  4. カルキ抜きを入れる
  5. 濾過フィルターを回して水漏れがないか確認
  6. パイロットフィッシュを入れて1ヶ月待つ
  7. 水質が安定したらシルバーアロワナをいれる

水槽の立ち上げ方法についてはアクアリウム水槽の立ち上げ方!手順や流れ、早くするコツを紹介します。でも詳しく紹介しています。

適した水温は?

シルバーアロワナの適温は24度〜28度になります。低温に弱いので、冬場はヒーターをいれてあげましょう。

おすすめの水温は、幼魚のときは28度前後の高温にして、60cmを超えてくると25度前後にします。高水温は食欲促進と病気の予防効果がありますが、成魚では短命になってしまうからです。

適した水質と水換えの頻度は?

シルバーアロワナに適した水質はph5.0〜8.0の弱酸性になります。適応範囲が広いので飼育しやすいアロワナです。

幼魚のときは水質の変化に強いので、一気に水換えをしても問題ありませんが、成魚は水質変化を嫌うので、ゆっくりと水換えをする必要があります。

水換えの頻度と量は週に1回、1/4交換します。

おすすめの餌と給餌方法

シルバーアロワナは大食感で多くの餌を食べてくれます。食欲を刺激するためにも、なるべく多くの餌を準備してあげれるといいでしょう。

餌の頻度は1日2回、2〜3分程度で食べきれる量をあたえます。食べ残しは水を悪くしてしまうのですぐに取り除いてくださいね。

●生き餌
体が40cm以下の時はたくさん食べて骨格を作る必要があるため、生き餌を食べられるだけ与えます。体の大きさに合わせて冷凍赤虫、メダカ、金魚と餌も大きくしていってください。メダカや金魚は自宅にストックしておく必要があるので、専用の60cm水槽を準備しておきましょう。

●人工飼料
体長が30cmを超えてきたら人工飼料にも慣らしていきましょう。栄養バランスもいいため、主食として使います。おすすめの餌は肉食魚専用餌で浮遊性があるカーニバルやクリルです。人工飼料だけでは飽きて食べなくなることがあるため、サブで生き餌を併用します。

●昆虫
シルバーアロワナの大好物なので、主食の餌を食べない時やおやつとしてバリエーションを増やしたいときにおすすめです。熱帯魚専門店で販売しているコオロギ、ゴキブリ、ミルワームや野生のムカデ、トンボ、カエル、ゴキブリ、セミなどを与えましょう。野生の個体は寄生虫や薬物の危険があるため、1週間は飼育して様子を見ると安心です。

関連記事
アロワナに最適な餌14種類を紹介します!それぞれの使い分けや与え方、エサやりトラブルの解決方法は?

アロワナなどの肉食魚を飼育したことがないと、どんな餌をあげればいいのかわかりませんよね。毎日金魚をあげないといけないの?や餌代はどのくらいかかるの?など心配は多いと思います。 今回はアロワナが好きな餌 ...

かかりやすい病気と治療方法

アロワナ全般にいえることですが、薬に弱い魚なので予防が基本となります。病気にかかったときは水換えを行なって自然治癒を促していきます。回復力が高いので、これで治ることが多いです。薬は最終手段といえるでしょう。

●白点病
全身が白い点々に覆われる病気で、導入初期の幼魚にかかりやすい病気です。発症を確認したら別の水槽に隔離して水温を28度にして1週間様子をみます。治らなければひとつまみの塩をいれてください。

●目垂れ
アロワナがかかりやすい病気で目が常に下を向いている状態になります。原因は諸説ありますが、アロワナの目線が高く、下を向く頻度が増えるとかかりやすいと言われています。混泳で改善することがありますが、完治は難しい病気です。

●松かさ病
ウロコが逆立つ病気で、エロモナス菌に感染することが発症します。水質がかなり悪化している状態なので、症状を確認したらすぐに全ての水を交換して様子をみましょう。定期的な水換えで予防してあげます。

シルバーアロワナは混泳で飼育できるの?

ポリプテルス

シルバーアロワナは縄張り意識が強い魚で、特に同じアロワナには強い攻撃性を持ちます。シルバーアロワナ同士やアジアアロワナとの混泳はうまくいかないことが多いです。気性が荒いオスカーなどのシクリッドも避けておきましょう。

2〜3匹の少数で飼育していると、どちらかが死ぬまで喧嘩することがあります。単独飼育にするか、過密飼育することで縄張りを作れないようにしてください。

混泳相手には生活スペースが異なるポリプテルスやプレコ、パロットファイヤー、クラウンローチがおすすめです。

関連記事
アロワナの全5種類の特徴と飼育方法!値段や寿命、体の大きさは?

アロワナは迫力ある大きな体と、美しい体色で多くの人を魅了してきました。その存在感は一度見ると忘れることができません。アロワナ愛好家も多く、一度は憧れる存在です。 今回はそんなアロワナについて詳しい飼育 ...

-中・大型魚
-,

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.