金魚におすすめの餌の種類!エサやりの頻度や量、旅行中はどうするの?

金魚は基本的にどのような魚の餌でも食べてくれますが、個体によって好物があり、それをあげた時の喜びようはとてもかわいらしいです。ぜひそんな餌を見つけてあげたいですね。

今回はそんな金魚の餌について、エサの選び方やおすすめの種類、量や頻度など詳しく紹介していきます。

金魚の餌について

金魚の餌
金魚も人間と同じように栄養バランスがいい餌を食べる必要があります。

体をつくるタンパク質やエネルギーになる脂肪や炭水化物、病気を予防するビタミンなど、バランスが偏るとすぐに元気が無くなってしまいます。

喜んで食べてくれて、健康に育てられるいい餌を選んであげてくださいね。

金魚の餌を選ぶポイント

金魚の餌
金魚は餌を噛みちぎることが出来ないので、口に入る大きさの餌を選びましょう。

水に溶けやすい餌は水質悪化しやすいので、初心者にはおすすめできません。一口で食べられる小粒のものを選ぶといいですよ。

スポンサーリンク

金魚に与える餌の量と頻度は?

金魚の餌
金魚には胃がないので一度に多くの餌を食べることが出来ず、腹八分の少ないくらいがちょうどいいです。

欲しがっているからといって、食べ過ぎると消化不良になってしまうので注意してください。

目安は餌をいれると2分程度で綺麗になくなるのが理想的です。

与えた餌の量によって体の大きさが変わってきます。大きくしたい時は1日4回、小さいままにしたいときは1日2回にしておきましょう。

金魚に餌をあげる時間は?

金魚の餌
餌は午後3時までにあげておいたほうがいいです。

夜間は水温が下がるので、餌を食べさせると消化不良になることが多いからです。

最低でも照明を消す3時間前にはあげるようにしてください。

旅行中は何日なら餌をあげないでも大丈夫?

金魚の餌
金魚は1週間程度の期間であれば、餌なしでも飼育することができます。

しかし、夏の水温が高いときは活発に動き、痩せてしまうので3日に1回はあげてください。

餌不足になると水草を食べるようになります。長期間餌をあげられないときはカボンバやアナカリスなどの水草をいれておくといいですよ。

金魚の餌はどこに売っているの?

金魚の餌
金魚の餌はホームセンターの熱帯魚コーナーや熱帯魚専門店で販売されています。

他にもセリアやダイソーなどの100均でも販売されていますが、栄養価が少ないので、メインの餌には使えません。

セブンイレブンなどのコンビニでは販売されていないので、注意してくださいね。

金魚の餌の種類

金魚の餌
金魚の餌にはミジンコやイトミミズなどの天然餌と人工的に配合された人工餌があります。

天然餌は食いつきがよく、体を大きくしたいときに使います。人工餌は栄養バランスがいいので、ひとつで健康な金魚に育てることができますよ。

金魚におすすめの人工飼料

人工飼料にはフレーク状の餌、粒状の餌、タブレット状の3種類があります。金魚の餌では一口で食べられる粒状の餌が主流です。

他にも体色を鮮やかにしてくれたり、成長を促す餌などもありますよ。

出目金や琉金、ピンポンパールなどの丸い金魚は浮上性の餌だと空気ごと食べてしまい、ガス病になりやすいので、注意が必要です。

人工飼料は時間がたつと変質するので、製造から半年経過したものは捨ててください。湿気が少ない場所に保管して、容器の底に溜まった砕けた粉は取り除きます。

咲ひかり

咲ひかり
沈下性の餌で、粒が1mm前後ととても小さく、小さな金魚も食べやすい大きさです。

数分間は水面に浮いており、徐々に沈んできます。色揚げ効果があり、群がるほど食いつきがいいので繁殖を狙ったり金魚の主食におすすめです。

たくさんいれると食べ残しが出るので、注意してください。

ヒカリ アイドル

ヒカリ アイドル
1.5mmほどの大きさで浮上性の餌です。水に溶けにくく、沈むことがないので、泳ぐの苦手ならんちゅうにおすすめです。

野菜入りで栄養バランスが良いので、長期飼育に最適ですよ。

テトラフィン 金魚の餌


フレーク状の餌でゆっくりと沈んでいきます。水を含んで食べやすくなるので、胃がない金魚でも消化しやすい餌です。

食べ残しがでやすいので、小粒タイプで食べてくれないときに使うといいですよ。

乾燥イトミミズ

乾燥イトミミズ
イトミミズを乾燥させた餌で、とても食いつきがいいです。栄養バランスに偏りがあるので、たまにおやつとしてあげるといいですよ。

金魚におすすめの生き餌

天然餌はなによりも金魚が喜んで食べてくれる餌です。天然餌よりも高価ですが、1度喜んでいる姿を見るのもいいものですよ。

ミジンコ

ミジンコ
ミジンコは動物性のプランクトンで池や田んぼに繁殖しています。とても小さく稚魚の餌に最適です。

自分で繁殖させるのが簡単なので入手したら増やしてみましょう。

赤虫

赤虫は蚊の子供でボウフラともいいます。水たまりや小川で水面付近にいるので簡単に捕まえることができます。

最高の天然餌で体色が鮮やかになり、体のこぶや肉付きやよくなります。

イトミミズ・イトメ

小さなミミズの仲間で、細くて赤い糸のような生き物です。泥がたまっている溝に繁殖しています。餌としてあげるときは綺麗な水で飼育して、泥を吐き出させましょう。

金魚の餌として代用できる家にあるもの

家にあるもので代用するときは小麦粉、パン、かつおぶし、にぼしなどがおすすめです。

野菜だとゆでたホウレンソウやブロッコリーも食べてくれますよ。

これらの餌で長期飼育はできないので、魚専用の餌を買ってきてください。飼育を始めて1週間は環境に慣らす期間なので、餌をあげる必要はありませんよ。

金魚の稚魚におすすめの餌

ブラインシュリンプ
稚魚の餌は栄養価が高くて食いつきがいいブラインシュリンプがおすすめですが、孵化させるのが手間です。

金魚の稚魚は大きいので、フレーク状の餌をバラバラにしたものでも十分ですよ。

金魚は餌を食べないとき

金魚の餌
金魚のくいつきが悪いときは以下の項目をチェックしましょう。餌を吐き出すときは、口に合わなかったときですので、別の餌を与えてみましょう。

浮き餌は最初は気づかないことが多いので、わかりやすく誘導してあげてください。

  • 水温は適温か
  • エサは製造から半年以内か
  • 水質は悪くないか
  • 病気にかかっていないか
  • 照明が明るすぎないか
スポンサーリンク
スポンサーリンク