熱帯魚

ベタを飼育するために必要な水槽は?おすすめの種類と立ち上げ方を紹介します!

2018年8月28日

ベタは熱帯魚の中でも群を抜いて丈夫な種類なので、水が入る容器であればどんな水槽でも飼育することができてしまいます。しかし、それだけだと観賞魚としての魅力を引き出したり、長期間飼育することはできません。

今回はそんなベタの水槽についておしゃれな水槽やレイアウト、フィルター、仕切り方など紹介していきます。

ベタの飼育に必要な水槽のサイズ

ベタの水槽

ベタは酸素欠乏や水質の悪化に強いので、コップのような小さな容器でも飼育することができます。しかし、コップは水量が少ないので、水質悪化や温度の変化が激しく、元気な状態を維持することはできません。

水量は大きければ大きいほど、水質や水温などの環境が維持され、ベタも元気に育ってくれます。元気に育てるととても綺麗な体色や立派に伸びたヒレを見せてくれるようになるので、きちんとした水槽で飼育するのがおすすめします。

観賞を楽しむのであれば横幅30cmは用意してあげてください。活発に泳ぐ魚ではないので、60cm水槽は逆に大きすぎて落ち着きません。

ベタの水槽の種類

ベタの水槽として候補にあがる飼育容器のおすすめポイントやデメリットを紹介していきます。最近ではおしゃれな水槽もどんどん増えてきており、多くの種類から選ぶことができますよ。

ガラス水槽

熱帯魚の飼育でもっとも一般的な水槽がガラス水槽です。透明度が高く、傷がつきにくいので観賞に適しています。正方形で掃除がしやすく、多くの飼育道具もこの水槽に合わせて作られているので、周辺の道具を揃えるのも簡単です。

水槽の周辺機器がセットになったものも販売されているので、まだ道具を揃えていない方におすすめです。小さいサイズだと1,000円から入手することができますよ。

インテリア水槽

インテリア水槽

インテリア水槽とはテーブルの上においても絵になるおしゃれな水槽のことです。飼育よりも鑑賞を目的としており、水量が少なくても飼いやすいベタならではの水槽です。

キューブ型、超スリム型、ドラム型などどれもインテリアとして魅力を高めてくれますよ。

コップ

コップなどの小さい飼育容器は場所を取らずに気軽に飼育することができます。

しかし、水量が少なく、環境の変化が激しいので、ベタへのダメージは大きくなります。また水温が上がる夏や低くなる冬は飼育することができません。一時的な方法として使ってください。

飼育セット

熱帯魚飼育に必要なものが全てセットになっているものです。ベタを本格的に飼育しようと思ったら、水槽だけではなく、水槽の蓋、フィルター、餌、カルキ抜きなど多くのものが必要で、そろえるのが手間になりがちです。そんなときはセットになったものを購入すると楽ですよ。

値段は1,500円〜3,000円ほどで販売されています。

コレクションケース

ベタのコレクションケース

主にプロが好むコレクションケースで、ベタを並べて鑑賞するのに優れています。間に黒い画用紙を挟んでおき、オス同士の闘争を見たいときは、画用紙を抜けば、手軽に楽しめます。値段は1,500円ほどです。

ベタを飼育するときに必要な器具

ベタの水槽

ろ過フィルター

ベタは酸素不足に強いので、フィルターをいれなくても飼育することができます。それでも水草は入れておいたほうがいいです。水草は光合成で酸素をだしてくれますし、フンなどの有害物質を肥料として吸収してくれるからです。

フィルターをいれておくと水質が安定して体調がよくなるので、長期間にわたり元気に飼育したい時はいれておいたほうがいいですよ。ベタは泳ぐのが苦手なので、水流を弱めるようにしてください。

おすすめのフィルターは底面式フィルターやスドーのスポンジフィルターです。どちらも水流の向きをガラス面にすることができるので、水流を弱めるのが簡単です。特に底面式フィルターは底砂がろ過の役割をしてくれるので、小型水槽では最強のろ過能力を持っています。

反対におすすめしないのは、エアが多く発生する投げ込み式フィルターや、水流が強い外掛フィルターです。

ヒーター

ベタの生息地であるタイは年中を通して30度前後もある熱帯の地域です。そのため低水温に弱く、冬はヒーターを用意してください。

ヒーターは温度調整機能と安全カバーがついたものがおすすめです。安全カバーはベタの長いヒレが火傷するのを防いでくれます。温度調整機能は病気の時に水温をあげたり、他の熱帯魚の水温にも使い回せるので便利ですよ。できるので、

水槽の蓋

ベタは水面付近を泳ぎ回っており、驚くと水面を飛び跳ねることがあります。脱走しないように蓋をしておくと安心です。

セパレーター

ベタのフレアリング(ヒレを大きく広げる威嚇行為)を見たい時は、2匹以上飼育する必要があります。

しかし、闘争心が強いため、同じ水槽で飼育しているとお互いにボロボロになるまで喧嘩し続けてしまいます。そんなときに水槽を仕切るセパレーターが必要になります。

仕切り方は観察目的によって変わります。オス同士の威嚇をみたい時は透明の板で仕切り、休ませてあげたい時は黒い板で仕切ります。手間なく楽しみたい時は市販の仕切りつき水槽を購入するといいですよ。

自作だと透明な穴が空いたアクリル板をカットして、吸盤と結束バンドで固定する方法をとられます。黒い仕切りだと100均でも販売されている鉢底ネットを切って、吸盤と結束バンドで固定するのが簡単です。

ベタの水槽の準備

ベタの水槽

水槽の立ち上げ方法

ベタ水槽の立ち上げでは特に注意するべき点はありません。飼育水の準備には水道水のカルキを抜くことだけ忘れないでください。

水槽の置き場所は気温の変化が激しい場所を避け、日陰においてあげます。テレビやドア付近などの騒音もストレスの原因になるので、離しておきましょう。

水槽立ち上げの手順

  1. 水槽の置き場所を決める
  2. 水槽をセットする
  3. 底砂、フィルター、照明、ヒーターを入れる
  4. カルキを抜いた水道水を入れる
  5. フィルターを稼働させて水の濁りを取る
  6. 水草や流木、石組みをする
  7. 水温を26度に設定してベタを水槽に入れる

水槽のレイアウト方法

ベタの水槽のレイアウトでは流木や石組みを中心にしたものよりも、水草がよく似合います。しかし、水草の育成は難しいので、あまり凝ると管理が大変になります。

なので、最初はアヌビアスナナやミクロソリウム、ウィローモス、アナカリスなどの初心者向けの水草がおすすめです。前の方に背丈が低いウィローモスを入れて、後ろに背丈が高いアヌビアスナナやミクロスリウムを1〜2本ほど植えましょう。

ベタの水槽の掃除方法

ベタの水槽

ベタの水槽掃除は水換えのときに一緒に行うのが基本です。

最初にガラス面のコケをスポンジで落として、底砂に溜まったゴミと一緒にホースで水ごと吸い出します。水量が少ない時は割り箸で水をかき回して、コップでゴミをすくい取りましょう。

水は汚れやすいので、水換えは週に1回、1/4ほど交換するようにします。最後に水温を同じにして、カルキを抜いた水を足してあげれば完了です。

関連記事
おしゃれなインテリア!熱帯魚ベタの特徴と飼い方!値段や寿命はどのくらい?

ベタはともてカラフルな熱帯魚で、瓶やコップで飼育できるので、手軽に楽しめるインテリアとして人気があります。 今回はそんなベタについて飼育方法や繁殖方法など詳しく紹介していきます。 熱帯魚ベタの生態と特 ...

-熱帯魚
-

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.