失敗しない、ベタの繁殖方法!産卵数や繁殖用水槽の立ち上げ、時期はいつから?

ベタはコップでの飼育だけではなく、繁殖も楽しめる熱帯魚です。難易度も高くないので、ベタの飼育に慣れて来たらぜひ挑戦してください。

今回はベタの繁殖に必要なペアリングのコツや産卵数などコツを詳しく紹介していきます。

ベタの繁殖方法

ベタの繁殖
ベタの繁殖方法は珍しく、オスが全身のヒレを広げてメスに猛アピールをしたり、泡巣を作って卵を大切に育て上げてくれます。

繁殖は初心者でも狙えるほど簡単な熱帯魚ですが、オスがメスを殺してしまうこともあるので、しっかりと手順を抑える必要があります。

難しいのはメスの入手です。メスはオスに比べて地味のため人気が少なく、販売量が少ないので購入場所を探すのが大変だからです。

ベタの繁殖時期と周期

ベタの繁殖
ベタの水温が暖かくなる春から夏にかけて繁殖期にはいります。繁殖期になるとオスが勝手に泡巣を作り出すので、見分けることができますよ。

水槽で年中行いたい時は水温を23度以上にしてください。

産卵の周期は1度産卵を行うと、1ヶ月後に産卵ができるようになります。

スポンサーリンク

1回の産卵で生まれてくる卵の数

ベタの繁殖
ベタは1回の産卵で最初は10〜40個、平均して50〜70個の卵を産みます。

回数をこなしてくると200個近く産卵しますので、数が増えすぎないように注意しましょう。

ベタの繁殖用水槽とレイアウト

浮き草
ベタの繁殖用水槽にはコップなどではなく、水量が大きい水槽やバケツを用意してあげてください。

繁殖の時には水底と水面の上下運動をなんどもするので、水深は15cmほどにしておきましょう。水温は27度がおすすめです。

浮き草と蓋、ヒーター、蛍光灯を準備してあげてくださいね。泡巣を壊さない環境を作ることが大切なので、浮き草と蓋は必ず用意してください。浮き草は育成がとても簡単なアマゾンフロッグピットがおすすめです。

エアレーションは泡巣を壊す可能性があるのでいれないでおきましょう。底砂も入れないベアタンク方式にしておきます。

ベタのオスとメスの見分け方

ベタは見た目が派手なのがオス、地味なのがメスなので簡単に見分けることはできます。それ以外の具体的な特徴差も紹介していきます。

見分けるにはしっかりと成熟している必要があります。

産卵管

メスは肛門(尻びれと胸ビレの間)に白く突出した産卵管がありますが、オスにはありません。オスとメスの見た目が似ている種類は産卵管で見分けるのが一番簡単です。

尻ビレ

オスは成長とともに尻ビレの最後の部分が長く伸長していますが、メスは短いままです。

産卵用の泡巣を作るベタのオス

ベタオスの繁殖
ベタのオスは卵を収納するための泡巣を水面に作ります。メスがいなくても、繁殖時期になると泡巣を作るので、繁殖の準備が整ったと判断できます。

体調が悪かったり、きちんと成熟していないと泡巣を作らなかったり、量が少なくなります。

エアレーションを動かしたり、水面を波立たせたりすると泡巣が簡単に消えるので、注意しましょう。

抱卵したベタのメスの見分け方

ベタのメスは抱卵すると腹部の卵が白っぽく透けて見えるようになります。そしたら繁殖の準備が出来ているので、泡巣を作ったオスとお見合いをさせましょう。

体調が悪かったり成熟していないと、抱卵をしません。まずは水質と水温をチェックしてあげましょう。

繁殖の失敗を防ぐ、ベタのお見合い方法

ベタのオスとメスは急に一緒にするとオスがメスを追いかけ回して繁殖どころではありません。なので最初はお見合いが必要になってきます。

オスを繁殖用の水槽でいれて、メスを小さな瓶に入れ、お互いの姿が見えるようにします。

1週間ほどするとオスがヒレやエラを広げてメスにアピールを開始し、メスは腹部に縦縞の婚姻線がでてきます。するとオスはさらに泡巣を大きく、たくさん作っていきます。泡巣が大きくなったら、メスを繁殖用水槽にいれましょう。

最初はオスがメスを攻撃してしまいますが、1週間ほどは慌てずに様子をみてください。2〜3日後に産卵が始まれば成功です。1週間たってもオスの攻撃がやまずに、メスがボロボロになってしまった時はペアリングの失敗ですので、メスを元の水槽に戻して休憩させましょう。

ベタの産卵方法

ベタのオスは泡巣の下にメスを誘い込み、メスの全身を抱きかかえるようにして産卵をさせます。

オスは産卵された卵を口で拾い集めて、せっせと泡巣の中へ収納していきます。この時に水底と水面の移動を繰り返すので、水深は浅いほうがおすすめなのです。

産卵を終えたメスは先に元の水槽に戻します。水面を波立てないように注意してください。

オスは卵を口に含んだりしてクリーニングを行います。ずっと卵の世話をし続けて、24時間後にいよいよ孵化が始まります。

ベタの稚魚の餌

ブラインシュリンプ
ベタのオス親は稚魚の孵化後、ヨークサックと呼ばれる栄養袋がなくなるまで世話を続けます。2〜3日でなくなると水中を泳ぎ始めるので、餌が必要になります。この時にオス親も元の水槽に戻します。

稚魚の餌には栄養価が高く、食いつきがいいブラインシュリンプを与えます。ブラインシュリンプは乾燥卵を購入して、孵化させる手間がありますが、稚魚の育成には必須の餌です。

このまま餌をあげることで順調に成長し、生後4ヶ月で繁殖が可能になります。

ベタの繁殖時の色の組み合わせ

ベタのメスは色や形状の特徴が出にくいので、血統がわかりずらく、掛け合わせたいメスを見つけるのが大変です。

基本的には同種のオスとメスを交配させることで親の特徴を遺伝させることができますが、一部の個体では別のカラーで生まれてきます。

しっかりと組み合わせを考えていきたい時は信頼できるショップを見つけることが大切です。

ベタの近親交配

ベタに限った話ではありませんが、近親交配を続けると体が弱かったり、奇形が生まれやすくなります。

兄弟同士での交配であれば問題はあまりありませんが、その子供同士の交配は避けてください。

ベタはどの種類でも繁殖できる?

ベタの原種はスプレンデンスとインベリスの2種類で、どちらも近縁種のため交配することができます。

そして全てのベタはこの2種からの品種改良なので、どんな種類の組み合わせでも繁殖させることができるのです。

しかし色違いで交雑すると先祖返りする確率が高くなりますので、親魚の色や地味な色など様々な色のベタが生まれ、コントロールが難しくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク