アロワナの飼育に必要な水槽のサイズは?水槽の設備や立ち上げ方、90cm水槽でも飼えるの?

アロワナは60cm〜100cmにもなる大型魚なので、水槽も巨大なものとなります。市販では販売されていないので、オーダーする必要があります。

今回はアロワナ飼育に必要な水槽の大きさや値段、水槽の手入れ方法など詳しく紹介していきます。

アロワナ飼育に必要な最低限の水槽の大きさ

アロワナの水槽
アロワナ水槽で単独飼育の最低ラインは120cm×60cm×45cmの大きさで、体長50cm以下の個体を飼育することができます。

このサイズであれば、グリーンアロワナ、アジアアロワナ、ブラックアロワナ、ノーザンバラムンディ、スポッテッドバラムンディなどの比較的小さいアロワナを飼育することができます。

個体によっては大きくなることもあるので、餌の量を制限する盆栽飼育を意識しておく必要がありますよ。

アロワナは90cm水槽で飼えないの?

90cm水槽
アロワナは90cm水槽に入れることはできますが、飼うことはやめてください。

自分体長の倍もないような水槽では満足に泳ぐことができず、ストレスで寿命が短くなってしまいます。またストレスが原因で飛び出しも多くなります。

とてもかわいそうで、見ていて気持ちいいものではなく、観賞魚としてもおすすめできません。

スポンサーリンク

アロワナ水槽におすすめの大きさ

アロワナの水槽
アロワナ水槽でおすすめの大きさは体長×3倍で、この大きさがあればしっかりと成長させることができます。

飼うことを目的にするのであれば、体長が65cm以下のアロワナだと150cm×75cm×60cmの水槽で飼育することができます。150cm水槽だと奥行きがあって、Uターンにも余裕がでてくるので、アロワナが元気に泳ぐ姿が観察できるようになります。

体長が65cmを超えてくると180cm×90cm×60cmの水槽が必要になります。シルバーアロワナは体が大きいので確実に必要ですが、他の種類は個体によって変わってきます。

アロワナ水槽は奥行きが重要?

アロワナ
アロワナは体が硬いのでUターンが苦手のため、水槽の大きさは奥行きで選んでいるといっても過言ではありません。

奥行きがあることで、縄張り意識が少なくなったり、ストレスが減ったり、成長の抑制がなくなって奇形にならなかったりとメリットが多くなります。

体が柔らかいと言われているシルバーアロワナやブラックアロワナでも成長してくると体の厚みが増してくるので十分な奥行きが必要です。

奥行きの大きさは体長-10cmが目安になりますよ。

アロワナ水槽に高さは必要?

アロワナは成長すると体高が15cmになり、高さ45cmの水槽だと水位が40cm程度しかないので、窮屈な印象を受けます。

飼育できないことはありませんが、高さ60cm以上の水槽を選ぶと余裕がでてきます。

アロワナは体の大きさに合わせて水槽サイズを変えていく!

アロワナ
アロワナの幼魚は臆病な性格をしており、体の大きさにたいして水槽が大き過ぎるとストレスを感じて、餌食いが悪くなります。

体長が20cmまでは60cm水槽で飼育して、35cmまでは90cm水槽で飼育してあげましょう。

水槽を複数用意できないときは、大きな水槽にセパーレーターをいれて区切ってあげてくださいね。

アロワナの飼育に必要な器具

水槽以外にもアロワナの飼育に必要なものはたくさんあります。きちんと揃えておいてくださいね。

フィルター

アロワナのような大型魚のフィルターは、物理ろ過に優れており、定期的な掃除がしやすい上部式フィルターがオーバーフロー方式が一般的です。

酸素不足がみられるようなら、大型の投げ込み式フィルターを追加してあげてくださいね。

照明

アロワナの照明は体色に合わせた色を選びましょう。紅龍には赤色を、青龍には青色を、金龍には白か黄色です。

周りの環境が白っぽかったり、体色と違う色を使うと、体色が薄くなってしまいからです。

水槽の蓋

アロワナはびっくりして水面を跳ねることが多いので、飛び出さないように水槽の蓋は必須です。パワーが強いので、しっかりと固定しておいてくださいね。

ヒーター

アロワナは低水温に弱いので、冬はヒーターが必要です。水温は25度前後に設定してください。

W数と電気代は120cm水槽で500Wを入れておくと1ヶ月で3,500円ほどかかります。それ以上の水槽だと暖房をつけたほうが安くなりますよ。

水温計

水温はとても重要な指標なので、必ず設置して毎日確認してください。

昼夜の温度差が激しい時は体調によくないので、ヒーターをいれて水温を固定してください。

アロワナを混泳させる時の水槽の大きさは?

ポリプテルス
アロワナを混泳させるときの水槽の大きさは混泳相手で決めてください。

ポリプテルスや淡水エイなど下層に生息する大型魚だと150cm水槽で飼育することができます。

同じ生活スペースになるアロワナ同士やガーパイク、スネークヘッドと混泳するときは180cm水槽が必要です。

アロワナ水槽のレイアウト

アロワナの底砂
アロワナ水槽のレイアウトは体が傷つくことをさけるためと、掃除のしやすさのために、なにも入れないベアタンクで飼育することが多いです。

水槽が白っぽいとアロワナの体色がとぶことがあるので、光量は弱くして、水槽のバックや底面を黒っぽくします。

幼魚のときは臆病なので、落ち着かせるために底砂をひいたり、流木を置くといいですよ。

アロワナ水槽の掃除方法

プロホース
アロワナの水槽は半年に1回、全換水と一緒に掃除をする必要があります。

急激な水質の変化をさけるために、ガラス面やフィルターなどは飼育水で洗い流します。ろ材を掃除するとバクテリアがいなくなるので、一回の掃除で半分だけにしておきます。

90cmを超えるとアクリル水槽であることが多く、傷つきやすいです。ガラス面の掃除は普通のスポンジではなくメラミンスポンジを使います。

日々のメンテナンスとして、糞や食べ残しがあったら、ホースで水ごと吸いだすようにします。

アロワナ水槽の茶コケが掃除してもなくならない!

何度掃除してもガラス面や飼育設備に付着する茶コケが増えてくる時は、水槽内が栄養過多になっている状態が考えられます。

餌の食べ残しやフンが蓄積されて、茶コケが育つ環境ができてしまいます。

これを防ぐためには、フィルターのろ過能力をあげるのではなく、定期的に水換えをしなければなりません。最低でも週に1回は1/3ほど行なってくださいね。

アロワナ水槽の水量の重さの計算方法

水量の重さは(横幅)×(奥行き)×(高さ)/1000で計算することができます。

例えば、120cm×60cm×45cm水槽にめいいっぱい水を入れると、水の重さは324kgになります。

一般家庭の床の耐荷重は250kgを想定されているので、120cm以上の水槽を使うときは補強を確認しておきましょう。

アロワナの水槽の値段

90cm以上の水槽はガラスでは割高になるでの、アクリルであることが多いです。

120cm×60cm×45cm水槽で4万円〜6万円、150cm×75cm×60cm水槽だと5万円〜15万円、180cm×90cm×60cmだとオーダーで20万円〜40万円で販売されています。

アロワナの水槽はどこで購入する?

アロワナの水槽は120cm水槽なら熱帯魚専門店で取り寄せたり、楽天やヤフオクなどのネット通販で購入することができます。

それ以上の大きさになると水槽を専門で作っている会社にオーダーする必要があります。独自サイトでネット通販をしているので、検索してみましょう。

アロワナ水槽の立ち上げ方法

アロワナ水槽の立ち上げは、一般的な熱帯魚水槽の立ち上げ方法と同じです。

立ち上げたばかりの水槽には糞や餌の食べ残しから発生する有害物質を分解するバクテリアがいません。バクテリアがいないと有害物質がたまって、生活できる環境ではなくなるので、最初に増やしておく必要があります。

バクテリアを増やすには、他の水槽で使っているフィルターを水槽につけてこするか、パイロットフィッシュを使います。水質の安定には3ヶ月は必要になります。

  1. 水槽台の置き場所を決める
  2. 水槽とフィルター、照明をセットする
  3. 水槽に水を入れて、ろ過フィルターを回す
  4. 水漏れがないか確認する
  5. 水を入れてバクテリアの繁殖を待つ
  6. 水質を毎日チェックして安定していることを確認
  7. アロワナをいれても問題ありません。

アロワナ水槽の水換えの方法

アロワナの水は週に1回、1/3ほど交換します。カルキ抜きした水を用意しておきます。

まず1/3ほど水を抜いてから、水を足していきます。水は水温を手で簡単に確認してからいれましょう。水量が多いので、漏れないようにだけ注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク