ドワーフグラミーの繁殖と飼い方!混泳相性や種類、寿命、おすすめの餌は?

ドワーフグラミーはとても鮮やかな体色をしている熱帯魚です。胸ビレに長いヒゲのようなものがあり、これをちょこちょこと動かしながら泳ぐ姿が可愛いですよ。

今回はそんなドワーフグラミーの繁殖のコツや人気の種類、混泳できる魚など飼育方法を詳しく紹介していきます。

ドワーフグラミーの特徴

ドワーフグラミーの飼い方
ドワーフグラミーはインドやバングラディッシュなどの南アジアに生息する熱帯魚です。

ドワーフとは小さいという意味なので、小さなグラミーということです。6cmほどの大きさで、鮮やかなオレンジとブルーの模様がとても綺麗な熱帯魚です。

胸ビレにヒゲのような長い触角を持っており、これで周りの環境をチェックしながら泳いでいます。

その体色の美しさから改良品種が積極的に行われおり、多くの種類からお気に入りの1匹を選ぶことができますよ。

ドワーフグラミーの楽しみ方や魅力は?

ドワーフグラミーの飼い方

ドワーフグラミーの魅力は体色の美しさにあります。ショップで販売されているときは水質や照明の問題であまり綺麗に発色していませんが、自宅で環境を整えて成熟させると、濃く綺麗な体色を見せてくれるようになります。

スポンサーリンク

ドワーフグラミーの人気の種類

ドワーフグラミーは改良品種が盛んで、カラーバリエーションが豊富です。観賞魚として人気なのは5種類ほどいます。

ネオンドワーフグラミー

原種のブルーの部分に注目して作られた改良品種です。メタリックブルーの体色をベースにオレンジの模様が入っています。原種と比べるとオレンジの面積とブルーの面積がちょうど反転するくらいの色合いをしている種類です。

コバルトブルードワーフグラミー

ネオンドワーフグラミーよりも青さに輝きが増している種類です。色合いは水色に近くなって来ます。

サンセットドワーフグラミー

原種のオレンジの部分に注目して作られた改良品種です。青いのは背びれだけで、エラから尾びれにかけて綺麗なオレンジ色になっています。別名でオレンジドワーフグラミーとも呼ばれています。

ゴールデンハニードワーフグラミー

体色のベースが黄色に、体長は4cmほどになるように品種改良された小型のグラミーです。繁殖期になるとのど元に黒い線や黒ずみなど婚姻色が出て来ます。喧嘩しやすくなるので、隠れ家になる水草などが必要になってきます

レッドハニードワーフグラミー

体色のベースが赤色に、体長が4cmほどになるように品種改良された小型のグラミーです。

ドワーフグラミーに必要な飼育設備

水槽

ドワーフグラミーは一般的な小型熱帯魚用の水槽で飼育することができますよ。

  • 30cm以上の水槽
  • 水中フィルター
  • 保温器具
  • 照明器具
  • 水槽の蓋
  • 水温計
  • あみ
  • ホース
  • バケツ
  • コケ取り用スポンジ

ドワーフグラミーの水槽レイアウトのコツ

水草水槽
ドワーフグラミーは臆病な性格をしているので単独飼育ではなく、5匹以上で群泳してあげましょう。

カラフルな体色は水草をたくさん植えた水槽がよく似合います。植物食性でコケを食べてくれるので、水草水槽とはとても相性がいいですよ。

泳ぐのが苦手なので水流は弱くしてあげてくださいね。

ドワーフグラミーにおすすめの餌

冷凍赤虫

ドワーフグラミーは餌の好き嫌いが少なく、冷凍赤虫などの生き餌から人工飼料まで何でもよく食べてくれます。

口先が小さいの人工飼料は粒状のものを与えてください。餌の量が少なくなると痩せてしまうので、毎日2回、1〜2分で食べきれる量をしっかりとあげてくださいね。

餌を食べないと時は好物の冷凍赤虫をあげるといいですよ。好きな餌を食べさせると発色が良くなりやすいです。

ドワーフグラミーに適した水温は?

ヒーター
ドワーフグラミーの適温は23度〜28度です。15度を下回ると元気がなくなるので、冬はヒーターをつけてあげましょう。夏に30度を越える時は冷却ファンが必要になりますよ。

ドワーフグラミーは飼いやすい?水質、水換えの頻度は?

ドワーフグラミーの飼育
ドワーフグラミーは環境適応力が高いので、丈夫で飼育しやすい熱帯魚です。水質はph5.0〜7.0の弱酸性を好みます。

新鮮な水を好むので、週に1回は1/3ほど水を交換してあげてくださいね。

ドワーフグラミーの繁殖方法

ドワーフグラミーの飼い方

ドワーフグラミーの繁殖は簡単なので、初心者でも可能です。

繁殖を狙う時は幼魚の時からしっかりと餌を与えて、成熟した親魚を準備する必要があります。親魚が成熟しているとオスの体色は派手に、メスの体色は地味になるので簡単に見分けることができます。

繁殖時期になるとのど元に黒い模様の婚姻色が出てきます。その後ペアができると寄り添って泳ぐようになるので、産卵用の水槽に移動させましょう。

産卵はメスが一度水底にバラバラに産み落とします。その後オスが卵を回収して水面の泡巣にくっつけます。卵が孵化するまではオスが卵を守る姿を観察できますよ。

ドワーフグラミーの稚魚の育て方


ドワーフグラミーの稚魚は産卵から2日程度で孵化します。稚魚は孵化してから3時間ほどたつと、元気に泳ぎだすようになります。

体のサイズが小さいので、親魚の餌を食べるのは難しいです。稚魚には食いつきが良くて、栄養価が高いブラインシュリンプをあげましょう。餌の準備にコツが必要なので、こちらで詳しく紹介しています。

ドワーフグラミーの混泳相性

コリドラス

ドワーフグラミーは温和な性格をしているので、多くの熱帯魚と混泳を楽しむことができます。とくにネオンテトラやカージナルテトラなどの発色が綺麗な熱帯魚と混泳させると綺麗ですよ。

水槽の掃除役としてコリドラスやオトシンクルスもおすすめです。

エビは大丈夫?

ヤマトヌマエビ

ドワーフグラミーはエビなどの甲殻類を食べるのが大好きです。体が大きくて動きが素早いヤマトヌマエビなら問題ありませんが、小さいミナミヌマエビは避けておきましょう。

ドワーフグラミーの寿命

ドワーフグラミーの寿命は2年〜3年です。最長だと4年は生きることができますよ。

長生きさせるためには、水質悪化や過密飼育などストレスの原因になる要因は減らして、隠れ家を用意してあげてください。餌もしっかりとあげてくださいね。

老化が進むと、触覚やヒレがよれよれになったり、体色のツヤがなくなります。水流は弱くしてそっとしておいてあげましょう。

ドワーフグラミーのかかりやすい病気

メチレンブルー
ドワーフグラミーは丈夫な魚なので、あまり病気にはかかりませんが、環境の適応力が弱く、導入初期は死んでしまうことが多いです。

また、水の交換を怠ると、元気が無くなって動かなくなることがよくあります。水換えの頻度を守って、きちんとお世話をしてあげてくださいね。

白点病

体中が白い点々で覆われる病気で、導入したばかりのときにかかりやすい病気です。感染力が高いので、症状を確認したらすぐに別の水槽に隔離して、メチレンブルーで薬浴してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク