メダカのビオトープをはじめよう!作り方のコツや冬の過ごし方を紹介

ビオトープでメダカを飼育すると、自然の環境に近くなり、メダカ本来の生活を観察できたり、美しい体色をみせてくれるようになります。

今回はそんなメダカの魅力をたくさん引き出せるように、ビオトープ飼育のコツを詳しく紹介していきます。

メダカのビオトープってなに?

メダカのビオトープ
ビオトープとはbio(命)とtope(場所)を組み合わせた言葉です。生き物どうしが関係しあって、自分たちの力で生きていける自然の環境をさしています。

メダカのビオトープは場所も取らず、ベランダなど狭い範囲でも十分に楽しむことができるため、人気が高まってきています。

メダカのビオトープの完成形は?

メダカのビオトープ
ビオトープは生き物同士が助け合い、人の手を加えずに、環境を維持し続けることが理想とされています。

メダカたちは春になったら自由に繁殖をし、冬になったら越冬のために静かに過ごす。餌は水槽内に自然に発生するプランクトンや微生物を食べ、フンや水の汚れはバクテリアが分解したり水草が栄養分として吸収してくれます。

ふと水槽を見てみると、群れで仲良く泳いでいたり、赤ちゃんがいたり。まさしく自然の池が身近にあるように感じることができますよ。

スポンサーリンク

メダカにとってビオトープはいいの?

メダカのビオトープ
メダカは室内飼育よりもビオトープの方が飼育が簡単です。

屋内で飼育しているとなかなか産卵してくれなかったメダカも繁殖をし、稚魚を簡単に育てることができます。

これは太陽の光がメダカの繁殖をうながし、稚魚の餌になる植物性プランクトンを発生させるからです。さらに、水を綺麗にしたり、酸素を出してくれる水草が元気よく育つので、メダカにとって良い環境になるんですね。

メダカのビオトープと水槽の違いは?

メダカのビオトープ
ビオトープの魅力は自然環境を楽しむことができることです。ほとんど手を加えなくても水が綺麗に保たれて、メダカも元気に泳いでくれます。人が近くと驚いて隠れてしまうのもいいところです。反対に冬は観察することが難しいのが残念ですね。

水槽だと冬でも飼育を楽しむことができます。しかし、ビオトープに比べると人に慣れたり、野性味が失われたりします。観賞魚としての楽しみ方なら水槽がおすすめでしょう。

メダカのビオトープにおすすめの時期は?

ビオトープの立ち上げ時期は気温が10度を超える春がおすすめです。4月頃が目安になります。

気温が低い時期に作業をするとメダカに負荷をかけてしまいます。また、越冬する時は飼育者と魚がビオトープでの生活に慣れておく必要があるからです。

10月までは元気な姿で泳ぐ様子を見ることができますよ。

冬のビオトープはどうするの?

メダカのビオトープ
メダカは低温に強いので、冬でも問題なくビオトープで飼育することができます。ただほとんど動かずに、水底でじっとしているので観察には適していません。

落ち葉などに身を隠して温めるので、入れてあげてください。入れすぎると水質が酸性に傾くので注意しましょう。

水全体が凍ってしまわないように水深15cm以上の容器に移して水量には注意してくださいね。簡易のビニールハウスを作るとこで水温の下がりすぎを防止することができます。

他にも水温が暖かくなる春から夏はビオトープで飼育して、秋から冬は室内飼育にすると、ずっと鑑賞を楽しむことができます。

ビオトープにおけるそれぞれの役割は?

ビオトープをより自然に近づけるために、それぞれにどのような役割があって、水の維持に役立っているのか紹介します。

水草

水を綺麗にしてくれたり、酸素を供給してくれます。日陰ができるので、水温の上昇を防ぎます。メダカの隠れ家や休憩場所になります。

水槽内の水を増やしてくれます。夏場はとくに水が減りやすいので、雨が降らない時は足し水をしてください。反対に大雨が降るとメダカが流されてしまうので、蓋をしておきます。

底砂

水質の維持に必要なバクテリアが繁殖してくれます。メダカも自然の環境に近くので落ち着きます。

メダカ

ビオトープに繁殖しやすい蚊の幼虫などを食べてくれます。メダカの糞は水草の栄養分になります。

タニシ

ビオトープで発生しやすいコケを食べてくれます。

メダカのビオトープに必要なもの

ビオトープでの飼育は簡単ですが、最低限のものを揃えておかないと水の維持が困難になります。ここでは必要なものを紹介します。

  • 容器
  • 水草
  • あみ
  • スコップ
  • 園芸用はさみ

ビオトープの容器の種類と選び方

プランター

底にフタをして、水をためられれば使うことができます。ベランダなど狭い範囲でやるときに便利です。

発泡スチロール

ビオトープで最もおすすめする容器です。耐熱性と保温性に優れており、夏場や冬場の水温対策が楽になります。欠点は耐久性が低いので、容器を移動させることが難しいことと、5年ほどすると新しい容器に移し変えなければならないことです。

プラ舟

プラ舟
ホームセンターで販売されています。丈夫でビオトープに使われることが多いです。庭など広い場所が必要になります。

ひょうたん池

ホームセンターで売られているプラスチック製の池です。雰囲気がよく、庭に埋めて使うことが多いです。

スイレン鉢

睡蓮鉢
睡蓮鉢は屋外でメダカを飼育するときに使う代表的な容器です。横幅が狭いですが、高さがあるので、冬の全凍結を防ぐことができます。水量も比較的多いので、水質の維持が簡単です。欠点は水草を入れると観察するスペースが少なくなってしまうことです。

インテリアガラス水槽

インテリアガラス水槽
円形や楕円形のおしゃれな小型水槽が販売されています。水槽でなくとも大型のコップやお皿でも代用できます。これを上手に使って室内飼育のミニビオトープを作ることができます。手軽に涼みたいときにおすすめです。

水量が少ないので、寒くなる秋や冬は通常の水槽に移動させてあげてくださいね。

メダカのビオトープの作り方

メダカのビオトープ
ビオトープの作り方はとても簡単で、一般的な水槽の立ち上げ方と同じです。

立ち上げたばかりの水槽にはフンや餌の食べ残しなどの有害物質を無害な物質へ分解するバクテリアがいません。最初は生体の数を1〜2匹に抑えて、週に1回は換水します。2週間経過したら徐々に飼育数を増やしていきます。

  1. ビオトープの置き場所を決める
  2. 土を入れる
  3. 水草を植える
  4. 水を入れる
  5. 水の濁りがおさまるのを待つ
  6. メダカをいれる

ビオトープ水槽の置き場所は?

ビオトープ水槽の置き場所は水温差と水の蒸発を避けるために、直射日光が当たらない日陰においてください。

あまりにも暗い環境だとビオトープに大切な水草が成長しないので、適度な光も必要です。

場所はベランダや庭、ガレージ、窓際などどこでも置くことができます。

ビオトープにむいているメダカの種類は?

クロメダカ
より自然の環境を目指すのであれば、日本の野生種であるクロメダカがおすすめです。

オレンジ色のヒメダカでも十分に飼育が可能ですよ。他の種類はビオトープでの飼育に向いていないので、さけておきましょう。

ビオトープにおすすめの飼育数は?

メダカのビオトープ
飼育数は水5リットルに1匹を目安にいれてあげましょう。

自然に繁殖していくので、最初は多くても5匹程度におさえておくといですよ。

メダカをいれよう!水合わせの方法

メダカのビオトープ
ビオトープの準備ができたらメダカをいれましょう。

入れる時のコツは、ビオトープの水に慣らしてあげることです。買ってきた袋にビオトープの水を少しづつ入れて、1時間ほどかけてゆっくりと慣らしていきましょう。

メダカのビオトープでの餌のあげ方

メダカの餌
メダカのビオトープを立ち上げたばかりの時は、餌になるプランクトンが発生していないので、1日1回は市販のメダカの餌をあげます。

1ヶ月も飼育していると容器に苔が増えてきて、プランクトンが発生するので、餌の頻度を落としてかまいません。

だいたい週に2回、1〜2分で食べきれる量をあげるといいでしょう。飼育数が少なければ餌なしでも大丈夫です。

メダカのビオトープにおすすめの水草は?

ビオトープにおすすめの水草は、飼育が簡単で日当たりがあるとしっかりと成長して酸素を出し、水中の養分を吸収してくれる種類です。ここではそんな水草を紹介します。

スイレン

スイレン
メダカと一緒に飼育されることが多い代表的な水草です。きれいな花が咲くので、人気が高いですが、日当たりがとても大事になってきます。

植え方は株が土から5cm〜10cmは埋まるようにしてください。寒さに強いので水が凍らなければ越冬することができます。

浮き草

浮き草
田んぼや小川によく浮いている小さな水草です。2〜3個ほど採集してビオトープにいれておくと爆発的に増加してくれます。

アナカリス

アナカリス
非常に丈夫な種類で成長も早いので、水槽に溜まった栄養分をどんどん吸収して育っていきます。そのため水の洗浄力はかなり高いです。

屋外飼育だと十分な日光があるので、かわいい花をつけてくれることがありますよ。こちらも越冬できる水草なので、冬にもいれてあげくださいね。

ビオトープで一緒に飼える生き物は?

ビオトープだとどの種類も積極的に繁殖を行うので、なるべくメダカだけで飼育してあげるのがおすすめです。まれにヤゴが侵入することがあるので注意してください。

ここでは春〜夏にかけて混泳が可能な生き物を紹介します。

ドジョウ

ドジョウ
水底で生活するので、メダカとかぶらずに相性がいいです。また大きくなってもメダカが食べられる心配がありません。

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ
コケ取り用として入れられることが多いです。元気なメダカを襲うことはありませんが、弱っていたり稚魚だと注意が必要です。ザリガニはどれだけ小さくても入れないようにしてくださいね。

タニシ

メダカのビオトープでもっとも多く入れられている生き物で、冬を越すこともできます。あまり多く入れると水草をかじるようになるので、1〜2匹ほどに抑えておきましょう。

メダカのビオトープの掃除方法

メダカのビオトープにはほとんど掃除は必要なく、1年は水足しだけで問題ありません。

水草や苔が生えすぎると、水草に光が届かなくなるので、たまにコケを掃除したり、増えすぎた水草を間引いてあげましょう。

底砂に溜まった糞は水草が栄養として吸収してくれるので、取り除く必要はありません。

立ち上げて2年ほど経過したら全換水を行いましょう。全換水の方法はとても簡単です。

  1. メダカ飼育水ごとバケツに移動させる
  2. 水草を取り除く
  3. 砂利を水道水で洗う
  4. 水草や石を水道水で洗う
  5. バケツの飼育水を1/3ほど戻す
  6. カルキ抜きした水道水を容器に入れる
スポンサーリンク
スポンサーリンク