メダカ水槽の選び方と立ち上げ方法まとめ!おすすめの砂や水温は?

メダカ水槽の選び方は?

メダカの水槽の選び方
メダカの水槽は飼育の目的に合わせて選びましょう。

飼育数が多いときは水槽の大きさが重要になりますし、インテリアなら容器の形状が大切になります。

基本的にどのような容器でも飼育することが可能なので、どんな容器があるのか学んでいってくださいね。

メダカの飼育数と必要な水槽の大きさは?

メダカの水槽の大きさは飼育数に応じて選びましょう。目安は1匹にたいして水1リットル〜1.5リットルになります。

水槽が大きいほど水質が安定し、酸素も十分になるので飼育が楽になります。過密飼育をするとエアレーションを複数まわして、毎日水換えが必要となることもあるので、注意してください。

2〜3匹
2Lペットボトル
3〜4匹
金魚鉢
4〜10匹
プラケース(虫かご)
10〜15匹
30cm水槽
15〜20匹
36cm水槽
20〜30匹
45cm水槽
40〜50匹
60cm水槽
スポンサーリンク

メダカの飼育によく使われている容器は?

ガラス水槽

メダカの飼育容器
ガラス水槽はもっとも基本的な水槽です。透明度が高く、傷がつきにくいたいめ観察がしやすいため、室内飼育におすすめです。

直射日光が当たる環境だとコケがガラス面に繁殖して見た目が悪くなるので、置き場所には注意してください。重く割れやすいというデメリットもあります。

サイズが豊富にあり、フィルターやライトなどセットになったものが多く販売されています。

プラケース(虫かご)

メダカの飼育容器
プラケースはプラスチックでできた容器で、主に虫かごとして使用されています。蓋の通気性がいいですが、傷がつきやすく、透明度がわるくなっていくので、観賞魚用水槽としては向いていません。形状も特殊で水槽用のフィルターやヒーターが使いにくくなります。

虫かごを使うときは、エアレーションを入れないと思うので、飼育数は少なめにして、水草をいれてあげます。

金魚鉢、ガラスコップ

メダカのインテリア用水槽
金魚鉢やガラスコップは見た目を重視したつくりで、夏場など涼しみたいときにおすすめです。稚魚と親魚を分ける時にもよく使われています。こちらもヒーターやフィルターが使いにくいため冬場の飼育は難しくなります。

発泡スチロール

発泡スチロールは断熱性と保温性が高く、夏でも冬でも飼育することができます。屋外飼育で発泡スチロールを使っている方も多いです。耐久性は低く、数年使用するとボロボロになってしまったり、水を張ったまま移動させるのが難しいです。また上からしか観察できないのが欠点です。

プラ舟

メダカの飼育容器
プラ舟は左官屋さんがモルタルを作成する時に使う容器で、ホームセンターで販売されています。水深が浅く、幅が広いのでメダカの飼育に適しています。水量も多いので、メダカを多く飼育していく方におすすめです。

睡蓮鉢(すいれんはち)

メダカの屋外飼育で一番使用されている容器です。水草をいれたときの雰囲気がとてもよく、庭のインテリアとしても人気があります。水草の隙間からメダカが泳いでいる姿を見つけると心が和みます。

メダカの飼育に必要な器具や道具は?

メダカの飼育に必要になる設備を紹介していきます。

●砂利
メダカを飼育する上で、必須ではありませんが、砂利を敷いているほうが見た目がよく、メダカも落ち着いてくれます。水草を植える時には必須になりますよ。

●水草
水槽に入れておくと見た目が涼しげになります。繁殖を狙うときには、産卵する場所に必要になります。水草は育成が難しいことが多いので、はじめは飼育が簡単なものを選びましょう。

●フィルター(ろ過装置)
フィルターがなくても飼育できますが、準備しておくと水が悪くなるのを予防できます。

●エアレーション(ぶくぶく)
水中に空気を送るためのポンプで、水槽内にメダカの数が多い時に酸素欠乏を予防することができます。夏場は水中の酸素が減りやすくなるので、準備してあげるといいでしょう。

●水温計
なくても問題ありません。繁殖を狙う時には水温を18度〜30度にしないといけないので、管理用にあるといいでしょう。

●あみ
メダカを移動させる時に使います。メダカの体は傷つきやすく、生まれた稚魚をすくったりもするので、柔なくて目が細かい網を選びましょう。

●ライト
室内で飼育する時は準備しておきましょう。水槽内が明るくなってメダカを観察しやすくなります。繁殖には日照時間の長さが重要になってくるので、狙うなら用意しておきましょう。

●ヒーター
なくても問題ありません。冬場は水温が低くなるのであまり活動しなくなりますが、保温することで年中元気な姿を観察することができます。

メダカの砂利の選び方は?

メダカを観賞魚として飼育するときの砂には、飼育環境に合わせた砂から、水質に影響を与える砂まで数多くあります。おすすめの砂利を紹介していきます。

大磯砂(おおいそすな)

大磯砂(おおいそすな)
大磯砂は黒っぽい色のもっとも基本的な観賞魚用の砂で、室内でのガラス水槽でよく使用されます。丸く角がないのが特徴ですが、粒の大きさで数種類あります。水質の影響がほとんどなく安価のため、初心者におすすめの砂利です。

ソイル

ソイル
ソイルは土を焼き固めた砂で、水草の育成に効果的です。草の根がはりやすく、栄養が豊富なので育成が難しい水草には必須の砂です。水質もメダカが好きな弱酸性に保ってくれます。

高価なメダカを観賞魚として飼育するときに使われます。

珪砂(けいしゃ)

珪砂(けいしゃ)
珪砂はやや白っぽい茶色の砂利で、細かいものと粗いものがあります。粗いものは表面がザラザラしておりバクテリアが繁殖しやすいため、水質が安定しやすくなります。

川砂
目の細かい砂利です。屋内飼育でインテリア用の水槽の時にで使用されます。メダカは流れのゆるやかな水場に生息しており、それらの環境に一番近い砂です。メダカ本来の姿を観察することができますよ。

赤玉土

屋外でプラ舟などで飼育している方がよく使います。コストパフォーマンスが良く、栄養が少なく苔が生えにくいです。表面がザラザラしているので、バクテリアが繁殖しやすく、水質が安定します。

園芸用の土

園芸店やホームセンターで購入することができます。ビオトープ用におすすめで、屋外の植物飼育に向いています。

メダカに適した水質や水温は?

メダカの水槽の選び方
メダカは中性から弱酸性で25度くらいの少し温かい水を好みます。適応能力が高く、慣らすことで海水でも飼育することが可能になります。

水質の急激な変化には弱く、いきなり新鮮な水を大量に入れるとショック死してしまうことがあります。水換えの量は1/3以下におさえておきましょう。

別の水槽に移動させるときは、移動先の水をコップで少しづつ今住んでいる飼育水にいれて、慣らしていってくださいね。

メダカの水の作り方は?

メダカの水の作り方
メダカの水は水道水から作ることができます。水道水には消毒用にカルキという塩素が入っているため、これを無くさないといけません。

カルキは中和剤を使うか、バケツに水を入れて1日太陽の下に置いておけば、抜くことができますよ。

メダカ水槽のフィルターの役割は?

メダカの水槽の選び方
メダカの糞や残った餌で水はどんどん汚れていってしまいます。そこでゴミを取り除くことができるフィルターが水質悪化の予防に効果的です。

他にも水中に酸素を送り込んだり、メダカが運動できるように水流を作ることができます。

フィルターには小型水槽用の底面フィルター、中・大型水槽用の上部フィルター、強力なパワーがある外部フィルターがあります。

メダカの飼育数や水草にあわせてフィルター選びましょう。

水を安定させるためにバクテリアを繁殖させよう!

バクテリアは水槽にたまったフンが有毒物質になるまえに無害な物質に変えてくれます。バクテリアがいない水槽は水がどんどん酸性に近づいていき、魚が住めない環境になります。

新品の水にはいませんが、1週間ほど魚を飼育していると徐々に増加して、水質が安定していきます。新しく水槽を立ち上げる時には、魚を飼育していた古い水や砂を使うと、効率的にバクテリアを繁殖させることができますよ。

メダカ水槽の立ち上げ方は?

メダカのアクアリウム
メダカの水槽の立ち上げ方法を紹介します。屋内飼育でも屋外飼育でも立ち上げ方は変わりません。

注意点として、立ち上げたばかりの水槽にはフンなどの有害物質を無害な物質に変えてくれる、バクテリアがいないので、水質悪化が早くなります。最初の1ヶ月は飼育数を1〜2匹に抑えて、水質が安定するのを待ちましょう。

  1. 水槽の置き場所を決める
  2. 水槽を設置する
  3. 砂利を洗う
  4. 砂利を水槽に敷く
  5. フィルターとヒーターをセットする
  6. カルキ抜きした水を入れる
  7. 水草を植える
  8. フィルターの電源を入れて水の濁りを取る
  9. メダカを入れる

メダカ水槽のレイアウトのコツ

メダカ水槽のレイアウト
メダカの美しさを引き出すために、メダカが一番目立つようにレイアウトを作りましょう。群泳を好みますので、中央に広い遊泳スペースをつくってあげます。

基本は背丈が低いものを手前に持ってきて、水槽の後ろに向かって背丈を高いものを植えていきます。

日本の河川をイメージして石や流木を多めに配置したレイアウトもおすすめです。

水流はどうするの?

メダカの水流
メダカは泳ぎが苦手のため、水流は弱くしてあげましょう。

水流があると、落ち着くことができずに、ストレスを感じてしまいます。石や流木をうまく組み合わせて水流がない場所を作ってあげてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク