ミドリフグの特徴と飼育方法!おすすめの餌や適している水温、混泳はできるの?

ミドリフグはヒレをパタパタとしながら、ゆっくりと泳ぐ姿がとても可愛くて、愛好家がとても多い熱帯魚です。特に稚魚はとても小さなヒレを高速に動かしており、必死に泳いでいる姿がたまりません。

今回はそんなミドリフグについて特徴や水槽の大きさ、混泳、おすすめの餌など飼育方法を紹介します。

ミドリフグの生態と特徴

ミドリフグの飼い方

ミドリフグは東南アジアの汽水域、河口域に生息している熱帯魚で、海水と淡水を半分づつくらい足した汽水を好みます。

皮膚には弱い毒がありますが、体が小さいので、ほとんど無害です。

背部から中央にかけて、輝くような黄緑色に大小様々な黒点が入っています。フグ特有の体型や表情、泳ぎ方の面白さなどもあり、とてもかわいい魚です。人にもなつくのでペットフィッシュとしても人気があります。

ミドリフグのために汽水飼育を挑戦してみようという方も少なくありません。

生息地

東南アジアの汽水域、河口域に生息しています。

体の大きさ

最大で12cmの大きさになる中型の熱帯魚です。飼育下では10cm前後で成長が止まります。

成長スピードが遅い魚なので、2cm〜3cmの幼魚を購入してきて、成長期にたくさんの餌をたべさせましょう。

寿命

平均寿命は5年です。小型熱帯魚と比べると寿命は長いので、愛情を持って大切に育ててあげてくださいね。

性格

ミドリフグはかわいらしい見た目とは裏腹に性格はかなり荒く、もちまえの鋭い歯で他種はもちろん、同種でも噛み合いをし、ヒレの端や肌をボロボロにしてしまいます。

5cm以下の幼魚のときは、喧嘩することが少ないので、群泳していることが多いですが、成長すると気性が荒くなるので、長くは続けられません。

ミドリフグの飼育に必要な水槽と設備

ミドリフグの飼育に必要な水槽と周辺設備について紹介します。初期費用は2万円ほどみておきましょう。

水槽と設備

水槽

ミドリフグを飼育するためには、水槽のサイズは最低でも45cm水槽が必要です。群泳を好む熱帯魚ではないので、この大きさがベストサイズです。

ろ過フィルターは静音タイプやスリムタイプなどインテリア性に優れた外掛け式フィルターがおすすめです。汚れやすいので、2週間に1回は掃除してあげてくださいね。

水槽の蓋は水が蒸発するのを防ぐために必須です。特に冬は水温差で水の蒸発スピードが早く、塩分濃度が変わってしまうので、しっかりと蓋をしておきましょう。

水槽のレイアウト

サンゴ砂

ミドリフグの餌である冷凍赤虫は水を汚しやすいので、水槽レイアウトは掃除が簡単なサンゴ砂だけをいれたシンプルなものが好まれます。

しかし、臆病な性格をしているので、最初は隠れ家になるサンゴ石などもいれてあげるといいですよ。

水草はかじられてしまうので、いれないでおきましょう。泳ぐのが苦手なので水流は弱めにしてあげてくださいね。

水槽の立ち上げ方法

ミドリフグの水は汽水になるため塩分対応の飼育設備が必要になります。ミドリフグ専用の初心者向け飼育セットも販売されているので、初めて飼育するときは利用すると便利です。

立ち上げたばかりの水槽にはフンなどの有害物質を無害な物質へ分解するバクテリアがいないため、実際に魚を飼育する必要があります。汽水になるので、塩分に強いメダカがおすすめです。

最初からミドリフグを飼育するときは、水質悪化が早いため、飼育数は1匹にしておき、餌の量は少なく、水換えは2日に1回する必要があります。

  1. 水槽を置く場所を決める
  2. 水槽台と水槽をセットする
  3. 照明、フィルター、ヒーターをセットする
  4. 底砂にサンゴ砂をひく
  5. 海水の素をつかって水をつくります。塩分濃度はミドリフグを購入したお店と同じにしておく
  6. つくった水を水槽に入れる
  7. フィルターを稼働させて水の濁りをとる
  8. パイロットフィッシュとしてメダカを飼育する
  9. 水質が安定したらミドリフグを入れる
  10. 1週間は餌の量を抑えて、水質の変化と体調を観察する
スポンサーリンク

ミドリフグの飼育方法について

ミドリフグの飼い方

ミドリフグの飼育には汽水が必要なので、淡水飼育と比べると塩分の調整が必要になるので少し手間があります。

しかし、汽水の作り方は難しくなく、ミドリフグ自体は丈夫で飼育しやすい魚なので、初心者でも飼育しやすい熱帯魚です。

値段と販売場所

ミドリフグの飼い方

ミドリフグの値段は500円〜2,000円で販売されています。

購入場所は熱帯魚専門店かネット通販で探しましょう。通販だとチャームがおすすめです。汽水魚は淡水魚よりも飼育が難しいので、販売量は少なくなります。

ショップによって飼育している塩分濃度が異なる場合があるので、確認しておいてくださいね。

元気なミドリフグの見分け方は?

ミドリフグの飼い方

状態がいい個体は黄色と黒点のコントラストがはっきりとしています。逆に体色が黒ずんでいる個体は元気がない証です。

飼育水の水質、水温、餌は十分に食べているかなどチェックしてあげてくださいね。

適している水温と水質

水温計

ミドリフグに適している水温は22度〜26度です。低水温に弱いので冬はヒーターをいれてあげます。高水温にも弱いので、温度が上がりやすい夏場には冷却ファンを用意してあげてくださいね。

適している水質はpH6.5〜7.5の弱アルカリ性です。餌はアカムシなどの生餌が中心となるので、水が汚れやすくなってしまいます。最低でも週に1回、1/3は水を交換してあげてください。

おすすめの餌と与え方

冷凍赤虫

ミドリフグにおすすめの餌は生餌の冷凍赤虫です。他にも貝やエビが大好物なので、入手できたらあげてみましょう。

冷凍赤虫しか食べない個体も多く、人工飼料の餌付けには苦労すると思います。冷凍赤虫だけでは栄養バランスがよくないので、ふぐ専用の人工飼料の餌付けを頑張って行いましょう。

餌の頻度は1日2回、1~2分で食べきれる量を与えてあげてください。

かかりやすい病気と治療方法

ミドリフグがかかりやすい病気は、白点病やアンモニア中毒です。

白点病は多くの熱帯魚がかかる病気で、体中に白い点がでてくる病気で寄生虫が原因です。水温を1〜2度あげて薬浴してあげましょう。

アンモニア中毒はアンモニア濃度が上がることでかかる病気で、呼吸のスピードが早くなり、最悪の場合死んでしまうことがあります。水槽内のバクテリア不足や水換えの頻度が足りないことが原因です。バクテリアの繁殖剤を投入し、水換えを2日に1回のペースで行いましょう。

ミドエリフグと一緒に飼育できる混泳魚はいるの?

ヤマトヌマエビ

ミドリフグの混泳はやめておいたほうがいいです。幼魚のときはおとなしいですが、成長するにつれて縄張り意識が強くなります。ミドリフグ同士でも飼育は難しいです。

強力な歯とつつく習性があるので、攻撃された魚やエビはボロボロになってしまいます。貝類は好物なので、ヤドカリなども殻を壊して食べられてしまいます。

なるべく単独飼育してあげてくださいね。

ミドリフグの飼育は淡水、海水、汽水のどれがいいの?

ミドリフグの飼い方

ミドリフグを元気に育成しようと思ったら、飼育水は必ず汽水にしなければいけません。水質は弱アルカリ性をキープしつつ、海水に近い塩分濃度が必要になってきます。

ろ材にはサンゴ砂を使用し、人工海水の素を規定量いれることで、水を作ってあげましょう。

淡水や海水でも飼育することができますが、すぐに元気が無くなってしまいます。長期飼育するときには汽水にしてあげてくださいね。

適している汽水の作り方

比重計

ミドリフグに適している汽水は海水2/3、淡水1/3ほど混ぜた水になります。比重は1.004~1.008が目安になります。

塩分濃度を計測する比重計が600円〜1,500円程度で販売されているので、これで海水の素の量を調整します。

最初はミドリフグが飼育されていたショップの水の比重に合わせるといいでしょう。

ミドリフグの歯切り方法とタイミング

ミドリフグの飼い方

ミドリフグは前歯が伸びるスピードが早く、伸びた部分はニッパーで歯切りする必要があります。野生のフグは貝を食べているので歯が削られていきますが、飼育環境だとアカムシがメインになるので伸び続けてしまいます。

歯切りは半年に1回必要になります。バケツに水をいれて、濡れたタオルで抑えながら歯を素早く切断してください。歯切りをしたくないときは、スーパーで殻付きのしじみを購入して積極的に与えてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク