ミッキーマウスプラティの人気種と飼い方!繁殖と出産のコツや水温、混泳できる魚は?

ミッキーマウスプラティは飼育が簡単で初心者におすすめの熱帯魚です。カラーバリエーションが豊富で自分が気に入った1匹を見つけることができます。

今回はそんなミッキーマウスプラティについて寿命や混泳、適している水温など飼育方法を紹介していきます。

ミッキーマウスプラティの特徴

ミックーマウスプラティの飼い方
ミッキーマウスプラティはプラティの品種改良で、卵胎生メダカの仲間です。尾の黒い部分がミッキーマウスの頭を横にしたような模様からミッキーマウスという名前がつきました。

体長は5cmほどと小さく、小型熱帯魚の人気種です。性格はプラティと同じく、温和でとても飼育しやすい魚です。混泳にも向いており、色彩がカラフルなので水草でレイアウトした水槽にもぴったりですね。

繁殖が容易なので、稚魚を飼育する楽しみ方もできます。同種のプラティと繁殖させることで、自分好みの模様や色をつけていくことができますよ。

ミッキーマウスプラティの種類

ミッキーマウスプラティはプラティ同様に品種改良がさかんで、カラーバリエーション豊富な種類がいます。

ベースは同じプラティなので、交雑することも可能で、両親の色が混ざり合った子供が生まれてきますよ。

レッドミッキーマウスプラティ

基本種のプラティはオレンジ色をしており、それに一番近い種類です。別の色と交雑していない純粋なオレンジ色はとても綺麗ですよ。

ゴールデンミッキーマウスプラティ

オレンジ色が輝いており、白っぽい金色の体色に見える種類です。いい個体はとてもキラキラしているので、プラティで群泳している水槽でも存在感を発揮してくれます。

レッドトップミッキーマウスプラティ

口先から腹部までが白く、腹部から後ろは真っ赤になる種類です。赤と白のメリハリがはっきりとしており、人気があります。

ホワイトミッキーマスプラティ

全身が白く、ミッキーマークだけ黒色になっている種類です。血が濃い個体は本当に真っ白になるので、上品で美しいですよ。

ハイルフィンミッキーマウスプラティ

ヒレが長い種類のことをハイルフィンといいます。ヒレの長い遺伝子は弱いので、子供もハイルフィンになるとは限りません。別種と交雑すると高い確率でヒレが短い個体が生まれてくるので注意しましょう。

スポンサーリンク

ミッキーマウスプラティの値段や販売場所は?

ミッキーマウスプラティの値段は300円前後で販売されています。

多くの販売店で扱っており、お近くのホームセンター、熱帯魚専門店やネット通販で簡単に見つけることができますよ。

ミッキーマウスプラティの飼育に必要な水槽の大きさ

水槽
小型熱帯魚のため30cm水槽から飼育することができます。

飼育数の目安は30cm水槽で3匹、45cm水槽で7匹、60cm水槽で15匹になります。

ミッキーマウスプラティに適した水温は?

ヒーター
ミッキーマウスプラティの適温は24度〜28度と高い水温を好みます。丈夫な魚なので低水温にも強く、15度〜32度の幅であれば生きていけます。

水温の変化には弱いので、年中同じ水温で飼育できるようにしておいてください。25度以下は病気にかかりやすいので、27度前後がおすすめです。

冬は10度を下回るので、ヒーターを用意してあげましょう。

ミッキーマウスプラティに適した水質と水換えの頻度は?

ソイル
ミッキーマウスプラティは弱酸性の水質を好みます。適応力があるので、とくに神経質になる必要はありません。

弱酸性を保っていると体にツヤが出て、元気になります。余裕があれば流木や底砂には土でできたソイルを使ってあげてください。

水換えは週に1回、1/4ほど行ってあげましょう。

ミッキーマウスプラティにおすすめの餌は?

テトラプランクトン
ミッキーマウスプラティはフレーク状、粒状の人工飼料から生き餌でもなんでも食べてくれます。

おすすめの餌はテトラプランクトンなどの栄養バランスのいい人工飼料です。口が上向きで水面付近を泳いでいる熱帯魚ですので、浮遊性の餌だと食べやすいですよ。

大食いで肥満になりやすい熱帯魚なので、餌の与えすぎには注意してください。餌の頻度は1日2回、1〜2分程度で食べきれる量が目安です。

ミッキーマウスプラティにおすすめの混泳相手

ネオンテトラ
ミッキーマウスプラティは温和な性格のため、多くの熱帯魚と混泳させることができます。

おすすめの混泳相手は同じく温和で、飼育が簡単なネオンテトラ、アカヒレ、グラミーなどになります。水槽の掃除役として有名なコリドラス、ヤマトヌマエビも人気があります。

攻撃性が強いベタやエンゼルフィッシュはやめておきましょう。また、同種の卵胎生メダカだと交雑してしまう可能性があるので、メダカやグッピーもさけておいたほうがいいですよ。

ミッキーマウスプラティの性別の見分け方は?

ミッキーマウスプラティのオスは尻びれ付近にゴノポティウムという少しとがった生殖器がついており、メスはなにもない尻びれなので簡単に見分けがつきます。

一部のミッキーマウスプラティはソードテールの遺伝子をもっており性転換することがありますが、そのような個体はほとんどいません。繁殖を狙う時はオスとメスを購入しておきましょう。

ミッキーマウスプラティの繁殖時期

ミッキーマウスプラティは水温が暖かくなる春から夏の時期に繁殖を開始します。水温27度前後がもっとも繁殖しやすくなります。

繁殖期になるとオスがメスの体に沿わせるよう、追いかける行動が増えます。いつも以上にくっつているなと感じたら繁殖のタイミングが近いと考えていいでしょう。

またオス同士はメスをめぐって縄張り争いやつつき合いを行うようになります。弱いオスは一方的にやられてしまうので、注意してあげて下さいね。

ミッキーマウスプラティの繁殖方法

ミッキーマウスプラティの妊娠画像
メスは繁殖期になると卵をお腹に抱え、オスから生殖器を挿入されることで受精します。そのまま稚魚が孵化するまでお腹の中で大切に育てます。

メスは出産直前になるとお腹がパンパンになり、水草や水底、水面付近であまり動かなくなります。

出産周期は長く、受精してから25日〜30日前後で稚魚が生まれてきます。産卵してから1ヶ月以上出産しない時は、受精していないことが原因なので、オスの数を増やして様子をみてください。

繁殖に必要な飼育数

メス2匹に対してオス3匹の計5匹いると安定して繁殖を行います。水槽は45cmのものを用意します。喧嘩が起きないよう、隠れ家になる水草をたくさん植えておいてあげてくださいね。

何匹生まれてくるの?

最初は10匹程生まれてきますが、回数を重ねるごとに増えていって最終的には20〜30匹は産んでくれるようになりますよ。

繁殖しない時

繁殖しない時は、親魚が成熟していない、水温が低い、水質が悪く元気がない、混泳魚が多くストレスを抱えているなどが考えられます。水換えを行なったり、隠れ家を作ったり対策をしていきましょう。

ミッキーウスプラティの稚魚の育て方

ブラインシュリンプ
ミッキーマウスプラティの稚魚は3mmほどであり、親を水槽から隔離をしないと食べられてしまいます。しかし、水槽の数が足りない場合などは隠れ家になる水草をたくさん植えておくことで、隔離しないでも十分に育てていくことができます。

成長速度は早く、生後1ヶ月で体長2cm、2ヶ月目で3cm、5ヶ月目で親魚として産卵できるようになります。

稚魚の餌は栄養価が高く、食いつき抜群のブラインシュリンプがおすすめです。用意できない時は、親魚の餌を食べやすいようにバラバラに潰して、稚魚の近くにおいてあげてくださいね。

ミッキーマウスプラティの稚魚が死ぬ原因は?

ミッキーマウスプラティの稚魚が死ぬ原因で一番多いのは、親魚や他魚に食べられてしまうことです。生存率をあげたいときは必ず別の水槽に隔離しましょう。

また、体が小さく急激な水質の変化に弱いので、なるべく飼育水は交換しないようにしておきましょう。他にもフィルターに吸い込まれていないか、餌は食べられる大きさかなど確認しておいて下さいね。

稚魚の色や模様はいつから出てくるの?

ミッキーマウスプラティの稚魚は生まれたばかりは色が無く、地味な体色をしています。

生後1ヶ月くらい経ってから色がつきはじめて、2ヶ月ほどで模様がみれるようになります。親と同じ色や模様が出るかどうかは、親の血の濃さに関係してくるので、成長するまではどうなるかわかりません。ミッキー柄の血が薄い時には元のプラティに戻ってしまうこともあります。

自分好みの体色を作ることもできるので、お気に入りの親同士を交配させて、挑戦してみるのも楽しいですよ。

ミッキーマウスプラティの寿命

ミッキーマウスプラティの寿命は1〜2年になります。販売している個体は生後3ヶ月ほどなので、短いと9ヶ月ほどで寿命がきます。

長い個体だと3年は生きますが、基本的には短命で繁殖を繰り返して生命を繋いでいく熱帯魚です。大切に育ててあげてくださいね。

ミッキーマウスプラティがかかりやすい病気

丈夫な魚なのでなかなか病気にかかりませんが、水換えを怠ると元気が無くなって病気にかかってしまいます。

白点病

熱帯魚がもっともかかりやすい病気で、体が白い点々で覆われます。寄生虫が原因で、水質の急激な変化で魚が弱っている時にかかりやすい病気です。感染力が強くあっという間に他の魚も感染するので見つけたらすぐに対処しましょう。病気の個体を別の水槽に移動させてグリーンFで1週間薬浴してあげてくださいね。

松かさ病

ウロコが松ぼっくりのように逆立つ病気で一度かかると治療するのが難しい病気です。水質悪化で繁殖した細菌に寄生されることが原因で、治療にはグリーンFで1週間ほど薬浴させてくださいね。予防が大事な病気なので、水換えをしっかりと行なって下さい。

尾ぐれさ病

尻ヒレや背びれなどが溶けてなくなっていく病気です。こちらも病気をみつけたらグリーンFで薬浴してあげましょう。

腹水病

最初に食欲を失い、痩せていきます。次に腹部が膨張して、呼吸の回数が増加、白い線状の糞をだすようになる病気です。内臓へダメージを与える病気で、2段階目の症状で一つでも確認できたらすぐに薬浴してあげましょう。治療は難しく、発見から3日程度で死んでしまうことが多いです。ストレスや水質悪化が原因ですので、隠れ家を用意したり、こまめに水換えを行なっておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク