ハチェットフィッシュの特徴と飼育方法!人気種や繁殖方法、飛び出しを防ぐには?

ハチェットフィッシュは銀色の輝くボディに水面をスーっと泳ぐ姿が可愛らしい熱帯魚です。臆病な性格でよく水面を飛び出すところも可愛いです。

今回はそんなハチェットフィッシュの種類や繁殖方法、混泳できる魚、飛び出しの防止方法など飼育方法を詳しく紹介していきます。

ハチェットフィッシュの特徴

ハチェットフィッシュの飼育

ハチェットフィッシュはアマゾン川やペルーに生息しているカラシンの仲間で、熱帯魚の中でも少し変わった体型が特徴的です。正面から見ると非常に薄く、1本の線のように見えるほどです。ハチェットは日本語で「手斧」と言う意味です。形状がそっくりで、空中にジャンプする姿がまるで、手斧を投げているように見えることから名付けられました。

水槽の下層〜中層にいることはめったになく、水面付近をゆったりと泳いでいます。驚くとすごいスピードで逃げたり、空中にジャンプしたりします。臆病な性格なので5匹以上の群泳で飼育することをおすすめします。

ハチェットフィッシュの種類

シルバーハチェット

シルバーハチェットはいちばん古くから知られているポピュラーな種類です。ホームセンターや熱帯魚専門店で一番見かけることが多く、500円前後で販売されています。はっきりとした銀色の体色に、胸ヒレから尾ヒレまでまっすぐに通った黒いラインが特徴的です。体長は比較的大きく、5cmまで成長します。アルビノ個体が販売されていることがありますよ。

マーブルハチェット

マーブルハチェットは体表の大理石模様(マーブル柄)が美しく、ハチェットフィッシュの中で最も人気が高い種類です。2つの亜種が確認されており、マーブル模様がはっきりとしたファスキアータ亜種と不鮮明なストリガータ亜種があります。最大でも3cmほどにしかならないので、同サイズのネオンテトラなどの小型熱帯魚と混泳することで見栄えがとてもよくなりますよ。

グラスハチェット

グラスハチェットは最大でも2.5cmほどで、ハチェットフィッシュの中で最も小型の種類です。別名でピグミーハチェットフィッシュと呼ばれています。小型で群泳がとてもよく似合うので、10匹以上で飼育するととても優雅でかわいいですよ。しかし、まとまって入荷することは少なく、入手は難しくなります。

マーサハチェット

最大で4cmほどになるはチェットデス。この種類も2つの亜種がおり、腹部に網目状になっている種類と、腹部の輪郭が黒くなっている種類がいます。上から見ると胸ヒレが黒く見えるので、ブラックウィングハチェットとも呼ばれています。

トラコカラックスハチェット

トラコカラックスハチェットは大型のハチェットで成魚になると10cmほどになります。別名でトラコハチェットと呼ばれています。腹部は光沢がある銀色になっており、光の角度によってキラキラと輝く豪華な体色をもっています。

レヴィスハチェット

レヴィスハチェットはシルバーハチェットに似ており、間違えてシルバーハチェットの名前で販売されていることがある種類です。シルバーハチェットとの違いは、黒いラインの近くに、黒い斑点がまばらにはいっています。大型で成長すると8cmほどになります。

スポンサーリンク

ハチェットフィッシュの大きさや水槽のサイズは?

ハチェットフィッシュの飼育

ハチェットフィッシュの大きさは種類によって変わってきており、だいたい3cm〜10cmほどの大きさになります。

水槽のサイズは30cm水槽で2匹、45cm水槽で6匹、60cm水槽で10匹が目安になります。

ハチェットフィッシュを水槽に入れる時の注意点

ハチェットフィッシュは水質の変化に弱いので、購入してきた時は慎重に水槽にいれるひつようがあります。その作業を水あわせといいまして、その順序を紹介しますね。

  1. 購入してきた魚を水ごとバケツに入れる
  2. 30分かけて水量が倍になるように水槽の水を入れる
  3. バケツの水が半分になるまで捨てる
  4. 30分かけて水量が倍になるように水槽の水を入れる
  5. バケツの水と飼育水の温度差がないかをチェックする
  6. バケツの水をギリギリまで減らして、水ごと魚を水槽に入れる

ハチェットフィッシュにおすすめの餌は?

野生のハチェットフィッシュは肉食で、水面に落ちた小さな虫や微生物を食べています。飼育下では人工飼料や生き餌などなんでも食べてくれますが、口が小さいため、餌の大きさには注意が必要です。

餌は浮遊性で小さいサイズが理想的です。テトラミンというフレーク状の餌を手ですり潰してあげるといいですよ。浮遊性の餌がない時は水面にゆっくりといれるようにして、すぐに底に落ちないように工夫してあげてくださいね。

ハチェットフィッシュに適した水温、水質、水換えの頻度は?

ハチェットフィッシュの飼育

ハチェットフィッシュに適した水温は20度〜28度になります。冬場はヒーターを用意してあげましょう。水質は弱酸性を好むので、カルキ抜きをした水道水をそのまま使うことができます。

水質の変化に敏感なので、導入初期は水質が安定するまで週に2回、1/3ほど交換してください。慣れてくると週に1回、1/3ほど換水しましょう。

ハチェットフィッシュの繁殖のコツは?

ハチェットフィッシュは繁殖例が少なく、プロでも難しいといわれている熱帯魚です。販売されている個体のほとんどは野生種を輸入してきています。産卵すらも難しい熱帯魚で、抱卵していただけで、熱帯魚情報誌に掲載されるほどのニュースになります。

基本的な繁殖のコツはどの魚も同じく、しっかりと健康的に育った親がいることが大切になるので、餌をしっかりとあげてください。5匹以上を群泳させて自然とペアができるのを待ちましょう。

ハチェットフィッシュと混泳できる魚は?

ハチェットフィッシュの飼育

ハチェットフィッシュは底に落ちた餌は食べないので、水槽の掃除屋として人気が高いヤマトヌマエビやミナミヌマエビ、コリドラス、ドジョウと混泳をしていることが多いです。中層を泳ぐネオンテトラ、グッピー、プラティなども相性がいいですよ。

生活スペースは異なりますが、性格がきついスマトラやベタは避けておきましょう。

ハチェットフィッシュの飛び出しを防ぐには?

ハチェットフィッシュは水槽をコンコンと叩いただけでも、驚いて空中にジャンプすることがある熱帯魚です。水槽の蓋は隙間なくきっちりと置いておきましょう。

密閉された水槽だと夏場は水温が上がりやすいため、プラスチックの蓋にドリルで小さい穴を複数開けたり、網を蓋として上手に設置する工夫を行うといいですよ。

ハチェットフィッシュの寿命とかかりやすい病気は?

ハチェットフィッシュの寿命は3年〜5年です。

白点病にかかりやすく、入荷直後の水質の変化や季節の変わり目の水温の変化に注意が必要です。ヒーターを設置して水温を高めの28度前後にすることで予防することができます。

白点病は感染力が強く、水槽全体にひろがっていくので、発症している個体を見つけたらすぐに別の水槽に隔離しましょう。1週間ほどメチレンブルーで薬浴してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク