30cm水槽用品

2020/1/5

水槽のヒーターの使い方!おすすめ商品や設置位置、電気代、寿命はどのくらい?

水槽のヒーターの種類は多く、特に悩ませてくれるのがW数の多さではないでしょうか。他にもメダカ用や熱帯魚用、温度調節機能、安全カバー付きなどさまざまな商品が発売されています。 今回はそんな水槽用のヒーターについて選び方や使い方、電気代の目安、おすすめ商品、故障の原因など詳しく紹介していきます。 ▼タップできるもくじ 水槽用ヒーターの使い方ヒーターの設置位置温まるまでの時間ヒーターを隠す方法ヒーターはいつからいつまで使う?水槽用ヒーターの寿命は1年水槽の大きさとヒーターのワット数、電気代は?おすすめの水槽用ヒ ...

2019/12/23

底面フィルターの仕組みと使い方を紹介!おすすめ商品やろ材、水流の強さは?

底面フィルターは底砂をろ材として使うことが出来るので、非常に高いろ過力を発揮してくれますが、外掛けフィルターほどの知名度はないように感じています。それぞれにメリットとデメリットがありますので、飼育環境によって使い分けられるといいですよね。 今回はそんな底面フィルターの特徴や仕組み、使い方、おすすめ商品などを詳しく紹介していきます。 ▼タップできるもくじ 底面フィルターとは?底面フィルターのメリット砂がろ材になるので、ろ過力が高い稚魚・稚エビを吸い込まない水位が低くても大丈夫底面フィルターのデメリット水流が ...

2020/1/19

おすすめの外掛けフィルターを紹介!エアーレション力や水流の強さは?

外掛けフィルターは熱帯魚の飼育では定番のろ過フィルターで、適度な水流を発生させたり、エアレーションを出したり、ゴミを除去したりと、小型水槽で十分なろ過力を発揮してくれます。 今回はおすすめの外掛けフィルターやメリット、デメリットなどの特徴について紹介していきます。 ▼タップできるもくじ 外掛けフィルターとは?外掛けフィルターのメリットレイアウトの邪魔をしない適度に水流を発生させる十分なエアレーション掃除が簡単外掛けフィルターのデメリット音がうるさい水位が必要ろ材が増やしにくい水草の育成に適していないおすす ...

2020/1/14

おすすめの30cm水槽とキューブ水槽を紹介!水量や重さはどのくらい?

30cm水槽は小型水槽と言われており、小型の熱帯魚を数匹ほど飼育することができます。水量が少ないことから飼育難易度は高くなりますが、慣れてくると非常に複雑なレイアウトも楽しむことが出来ます。 今回はそんな30cm水槽で飼育できる熱帯魚やおすすめの商品、水量や全体の重さについて紹介していきます。 ▼タップできるもくじ 30cm水槽で飼育できる熱帯魚30cm水槽の飼育数の目安おすすめの30cm水槽安価に揃えるなら水槽セット美しいインテリアになるフレームレス水槽奥行きがあるキューブ30cm水槽迫力があるハイタイ ...

Copyright© Woriver , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.