パロットファイヤーの飼育方法!寿命や混泳できる魚、かかりやすい病気は?

パロットファイヤーは丸々とした姿と真っ赤な体色がかわいい熱帯魚です。初めて見た人は大きな金魚?と思ってしまうくらい、金魚にそっくりです。

今回はそんなパロットファイヤーの寿命や混泳できる魚、繁殖、病気など飼育方法を詳しく紹介していきます。

パロットファイヤーってどんな熱帯魚なの?

パロットファイヤーの飼育
パロットファイヤーは野生には生息しておらず、人間がフラミンゴシクリッドとシンスピルムを交雑させて作った改良品種です。どちらの種類も中型シクリッドで、シクリッド特有の喧嘩っぱやさや大食感の習性を引き継いでいます。

大型魚と混泳できる大きさでありながら、鮮やかな体色に華を感じられるので、混泳相手として人気がありますよ。

パロットファイヤーは人になつく?

パロットファイヤーの飼育
パロットファイヤーは人になつく熱帯魚であり、ペットフィッシュとしても人気があります。

半年間も飼育すると飼育者の顔を覚えて喜んで近づいてくるようになります。さらに慣れてくると水槽に手を入れた時に寄り添ってきて撫でてあげることができますよ。

ペットフィッシュとして飼育したい時は単独飼育してあげましょう。

スポンサーリンク

パロットファイヤーの種類

パロットファイヤーには体型に注目して品種改良された種類がいます。

キングコングパロットファイヤーはさらに巨大化させた種類で、体長は30cmになります。もともと肉厚と体高のあるパロットフィッシュの迫力が1回り大きくなった魚です。値段は3,000円〜になります。

キャンディパロットフィッシュは小型化した種類で、体長は10cmになります。見た目はそのままですが、体色は白く、とてもかわいらしいパロットフィッシュです。30cm水槽で飼育することができます。値段は500円〜になります。

ハートテールパロットファイヤーは背びれと尾びれの隙間が小さく、見た目がハートの形をしています。ヒレが立派に成長しているので、泳ぐ姿が優雅です。値段は2,000円〜になります。

パロットファイヤーの大きさは?

パロットファイヤーの飼育
パロットファイヤーは最大で25cmの大きさになる中型の熱帯魚です。水槽飼育だと20cmくらいで成長が止まります。

体高があり、15cmくらいまで成長します。このおかげで大型魚にも負けないくらいの存在感を出してくれます。

パロットファイヤーの飼育に必要な設備

パロットファイヤーの飼育に必要な設備を紹介します。特に珍しいものはなく、一般的なもので飼育することができます。

水槽

水槽の大きさは単独飼育だと60cmから飼育できます。群泳する時は90cm水槽で4匹ほどいれてあげます。

蛍光灯

発色を良くするために光は強めにします。2灯式がおすすめです。

フィルター

糞量が多いので、物理濾過に優れている上部式フィルターがおすすめです。フィルターのスポンジにたまったゴミは週に1回掃除します。

保温器具

通常の熱帯魚よりも高水温を好んでおり、泳ぎが苦手なので、温度調整機能と安全カバーがついたヒーターがおすすめです。

底砂

照明の反射を防ぎます。まわりの環境は白っぽいと赤色の発色が悪くなるので、暗めの色がおすすめです。掃除しにくくなるので、量は少なめで2cm程度で引いてあげます。

バックスクリーン

色落ち防止で、まわりの環境を暗くするために使います。色は黒色がおすすめです。

水槽の蓋

水槽の蓋はホコリの侵入や水の蒸発を防ぎます。飛び出しする魚ではありませんが、蓋は動かないように固定しておきます。

パロットファイヤー水槽の立ち上げ方法

パロットファイヤーの飼育

  1. 水槽の置き場所を決める
  2. 水槽台と水槽をセットする
  3. 照明、フィルター、底砂、ヒーターをセットする
  4. カルキ抜きした水を入れる
  5. 各器具の電源を入れる
  6. フィルターを1日まわして水の濁りを取る
  7. パイロットフィッシュを1ヶ月飼育する
  8. パロットファイヤーをいれる

パロットファイヤー水槽の置き場所は直射日光が当たらずに、騒音が小さいところがおすすめです。電源も近い方が楽です。

水槽を立ち上げたばかりの時は糞や食べ残しなどの有害物質を無害な物質へ分解してくれるバクテリアがまったくいません。十分に繁殖させるためにパイロットフィッシュという体が丈夫な魚を飼育する必要があります。

これをしていないと、せっかく買ってきたパイロットフィッシュがすぐに死んでしまうこともあるので、必ずやっておきましょう。

パロットファイヤーの値段と販売場所

パロットファイヤーの飼育
パロットファイヤーの値段は5cmの小さい個体で1,000円、15cmの大きい個体だと3,000円〜5,000円で販売されています。

販売場所は大型魚に力を入れている熱帯魚専門店か楽天やyahooなどのネット通販で見つけることができます。

パロットファイヤーに適した水温、水質、水換えの頻度は?

ヒーター
パロットファイヤーに適している水温は25度〜28度です。低水温に弱いので、冬はヒーターを用意してあげましょう。

水質は中性〜弱アルカリ性を好んでいます。適応範囲が広いので、慣らせば弱酸性でも飼育することができます。新鮮な水が好きなので、週に1回は1/3ほど換水してあげてくださいね。

パロットファイヤーにおすすめの餌

キャット
パロットファイヤーは大食感の熱帯魚で好き嫌いが少なく、人工飼料や冷凍赤虫、メダカなどなんでも食べてくれます。

元々は肉食魚なので、おすすめの餌は肉食魚専用餌のキャットです。たまにメダカなどをあげると喜んでくれますよ。

餌の頻度は1日2回、2〜3分で食べきれる量を与えてください。食べ残しは水質を悪くしてしまうので、見つけたらすぐに取り除いてくださいね。

餌を食べないとき

餌食べないときは体調が悪いことが考えられます。水温と水質をチェックしてすぐに水換えを行いましょう。飼育をはじめて1週間くらいは環境に慣れていないので食べない時が多いです。焦らずに待ってあげてくださいね。

パロットファイヤーを色揚げする方法

色揚げにおすすめのクリル
パロットファイヤーを色揚げするには落ち着いた環境で飼育することが大切になります。

60cm以上の広々とした水槽に単独飼育がおすすめです。近くに魚がいたり、自分よりも大きい魚がいるとストレスを感じて発色が悪くなってしまいます。

弱アルカリ性の水質を好んでいるので、流木はいれずに、サンゴ砂やサンゴでレイアウトを作ります。塩を少しいれてあげると元気になります。

色揚げにおすすめの餌はディスカスバーグやクリル、ブラッドレッドパロットなどの赤色の発色をよくする餌です。ディスカスやアロワナ、フラワーホーンの色揚げに使われている有名な餌ですよ。

パロットファイヤーの色落ちの原因

パロットファイヤーの色の濃さは個体差がありますが、体調によっても変わってきます。

購入する時は赤色がはっきりと出ていて、色の濃い個体を選びましょう。

水質が悪化していたり、酸性に傾くと体調が悪くなって色落ちしてきます。環境を元に戻すために1/3ほど水換えを行ないます。単独飼育の時は1つまみの塩をいれると調子がよくなりますよ。

パロットファイヤーと混泳できる魚

パロットファイヤーとの混泳に向いているポリプテルス
パロットファイヤーは見た目に反して、気性が荒く、喧嘩することが多い熱帯魚なので混泳には注意が必要です。3匹以下で飼育するとつつくことがあるので、混泳させる時は5匹以上にしておきます。

混泳相手はパロットファイヤーよりも体が大きいアロワナ、ポリプテルス、プレコ、淡水エイ、アリゲーターガーなどがおすすめです。

シクリッドやディスカス、オスカーなどの中型の熱帯魚は攻撃されてしまうのでやめておきましょう。狭い水槽だとパロットファイヤー同士でも喧嘩しやすいです。

見た目が似ているという理由で金魚と混泳させることがありますが、口に入らない大きさなら興味を示さないため、混泳がうまくいくことがあります。

パロットファイヤーは繁殖できる?

パロットファイヤーは繁殖することができません。健康な親魚がいればペアができて、産卵までは簡単にできますが、卵が孵化しません。

理由は交雑種のためオスの生殖器が十分に発達していないからです。市販されている個体は全てフラミンゴシクリッドとシンスピルムをかけ合わせて作られています。

とても残念ですが卵を見つけたらすぐに取り除くようにしておきましょう。

パロットファイヤーの寿命

パロットファイヤーの寿命は5年〜7年です。長く生きる熱帯魚なので、最後まで責任をもって飼育できるように、しっかりと準備しておきましょう。

パロットファイヤーのかかりやすい病気

パロットファイヤーは丈夫な熱帯魚なので、あまり病気にかかることはありません。しかし、薬に弱いので一度病気にかかると治療が大変なので、予防が大切になります。

購入してきたばかりの個体だと白点病をもっていることがあります。白点病は全身が白い点々に覆われる病気で、感染力が強いのですぐに治療しなければなりません。

まずは水温を28度まであげて、ひとつまみの塩を入れて1週間ほど様子を見ます。治らなければ規定量の1/5に薄めたメチレンブルーで薬浴します。

体調が悪くなると色が白っぽくなるので、こまめに観察してすぐに気づけるようにしてあげてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク