スポッテッドガーの生態と飼育方法!成長スピードや大きさ、規制について紹介!

スポッテッドガーは口先が長く伸長し鋭い歯が並ぶ、いかにも肉食魚という姿とくりくりのつぶらな瞳にギャップを感じさせるかわいい熱帯魚です。

今回はそんなスポッテッドガーについて生態や飼育規制、成長スピード、大きさ、おすすめの餌など飼育方法について紹介していきます。

スポッテッドガーの生態と特徴

スポッテッドガーの飼育

スポテッドガーは恐竜が地球上に存在していた2億年前から姿が変わっていないガーパイクの仲間です。ガーパイクは多く分けてレピソステウス属とアトラクトステウス属に分かれており、スポッテドガーは小型種が多いレピソステウス属にはいります。

ミシシッピ川やメキシコなどの中南米に生息しており、河川や沼地で水の流れが遅い場所を好みます。

ポリプテルスと同じガノインと呼ばれる非常に硬い鱗と長い吻(口)をもっています。体色は15cmの稚魚の時はうっすらと黒い模様があるだけですが、そこから銀色の体色をベースにした黒色のスポット模様がはっきりと出てきます。

寿命

とても長寿で平均で寿命は20年、うまく育てると30年は生きてくれます。最後まで面倒を見れるようにしっかりと準備しておきましょう。

スポッテッドガーの大きさと成長スピード

スポッテッドガーの飼育

スポッテッドガーはオスで50cm、メスでも60cmとガーパイクの中では小型種にあたります。

それでも餌食いが抜群で、幼少期にしっかりと餌を与えることで120cm近くになる個体もいますので、用意できる水槽サイズに制限がある時は注意が必要です。

成長スピードはかなり早く、1ヶ月で20cmを超え、3ヶ月目に40cm、5ヶ月目に成長はゆるやかりなり、止まりはじめます。

スポンサーリンク

スポッテッドガーの飼育規制について

スポッテッドガーは体の大きさと寿命の長さから飼育しきれなくなった人たちが川へ放流し、寒さにも強いことから日本の環境に帰化して生態系を破壊する問題がおきていました。

そこで2018年4月からガーパイク全種が特定外来生物に認定されました。それ以前にスポッテッドガーを飼育していた人は2018年の10月までに環境省へ申請書を出すことで、飼育を続けることができますが、それ以降では購入・譲渡などが禁止され、新しく入手することは一切できません。

とても悲しい話ですが、すでに違法した逮捕者も出ており、入手出来る話をもらっても、受け入れないようにしましょう。

スポッテッドガーの飼育に必要な水槽の設備と環境

スポッテッドガーの飼育

スポッテッドガーの飼育に必要な水槽サイズや器具を紹介していきます。大型の水槽が必要となるため初期費用では8万円ほどみておきましょう。

水槽の大きさ

スポテッドガーは体が硬いので、Uターンするための奥行きがとても大切になります。最低でも体の大きさと同じ長さの奥行きがの大きさの水槽を選びましょう。

また、臆病な性格で、捕食も下手なので、広すぎる環境はストレスを抱えてしまいます。成長に合わせて水槽サイズを変えていくことも大切なポイントです。

大きさが10cmの時は30cm水槽、15cmで60cm水槽、20cmになったら最終サイズの120cm(横幅)×60cm(高さ)×45cm(奥行き)の水槽に移動させてあげてください。

フィルター

フンの量が多いため、フィルターは物理濾過と掃除がしやすい上部式フィルターがおすすめです。フィルターのスポンジにゴミがよくたまるので、毎週掃除してあげてください。酸素量の多い環境を好むのでサブで投げ込み式フィルターを入れるのもおすすめです。

飼育数が多い時はさらに強力なオーバーフロー式が必要になります。

蛍光灯

光量が強いほどスポット模様がはっきりと出てくるため、なるべく光量が強いものを選んでください。毎日数時間、直射日光を浴びさせるのも効果的です。

ヒーター

水槽の大きさと必要になるヒーターのW数、毎月の電気代の目安です。

60cm水槽
150w 1000円
90cm水槽
300w 2000円
120cm水槽
500w 3500円

水槽のレイアウト

スポッテッドガーは暴れることが少ないため、レイアウトとして大きな葉をもっている水草をいれることができます。そのときはたくさんの砂を入れてしっかりと根付かせてください。

反対に流木や石は口先を傷つける原因になってしまうので、いれないでおきましょう。

スポッテッドガーの飼育方法について

スポッテッドガーの飼育

スポッテッドガーは水質と水温の適応力が高く、とても丈夫な熱帯魚で、金魚やメダカよりも飼育は簡単といわれています。しかし、体の大きさや寿命の長さ、旺盛な食欲などお金や手間のかかる生き物です。

値段と販売場所

当時は3,000円〜5,000円前後の値段で販売されていましたが、現在はどのような手段でも入手することは禁じられています。

販売や譲渡は法律で禁止されているため、見つけても手に入れるようなことはしないでくださいね。

適している水温と水質

スポッテッドガーに適している水温は23度〜27度、水質は中性を好んでいます。

15cm以下の子供の時は水温に注意して欲しいですが、大人になると10度にを下回らない限りは死ぬこともなく丈夫な熱帯魚です。それでも全く動かなり危、消化不良や大きなストレスを抱えてしまうため、冬にはヒーターを入れて26度前後を保つようにしてください。

肉食魚は掃除を怠っていると水槽のphがどんどん下がってしまいます。丈夫な魚と油断せずに、週に1回は新鮮な水に水換えをしてあげてくださいね。

おすすめの餌と与え方

スポッテッドガーの餌は成長期のときにしっかりと生き餌を与えて、大人になると人工飼料に切り替える方法がおすすめです。

20cm以下の時は体の大きさに合わせて冷凍赤虫、メダカ、金魚と切り替えましょう。捕食が苦手なので、夜間にちゃんとたべれているか気にしてあげてください。

20cmを超えると浮上性の人工飼料であるクリルやカーニバルを餌付けしていきます。人工餌は5日ほど絶食させてから与えると食べてくれやすくなります。同じ餌ばかり与えていると飽きてくるので、バリエーションを多く準備しておきましょう。餌は金魚、ドジョウ、スジエビ、牛ハツ、ワカサギ、ピンクマウスなどが候補になります。

与えるだけ食べてしまうため、餌の量は2日に1回、人工飼料なら3〜5個を目安に与えてくださいね。

混泳について

プレコ

スポッテッドガーが温和な性格をしており、同じ大きさの熱帯魚と混泳をすることができます。反対におとなしすぎるため気性が荒い相手とは混泳できません。

おすすめの混泳相手は同じガーパイクの仲間であるロングノーズガーや下層で生活するプレコ、淡水エイなどになります。アロワナやオスカーなどは個体によって気性が荒いことがあるので、相性次第になります。

ロングノーズガーについてはロングノーズガーの特徴と飼育方法!値段や寿命、おすすめの餌、成長速度は?で詳しく紹介しています。

かかりやすい病気と治療方法

●背曲がり
最も多い病気で、水槽が狭すぎることと栄養バランスが悪いことが原因です。少し曲がっているかな?というレベルでの初期症状なら完治する可能性があります。水槽の奥行きは足りているか、餌のバリエーションを増やすなどして対応してください。

●目が白くなる
水質悪化に強い魚ですが、水の交換を全くしていないと酸性化が進み、目の白濁したり尾びれが溶けたりします。急に水の交換をすると水質変化に適応できないので、毎日1回のペースで1/5ほど水を交換していってください。

スポッテッドガーについてまとめ

スポッテッドガーはとても飼育しやすい肉食魚で、比較的小型でガーパイク特有の野性味を味わえることができるため、人気のある熱帯魚でした。しかし、すでに飼育している人以外では入手することができなくなってしまいました。

非常に残念でありますが、すでに飼育している飼育者さんや水族館でその姿を目に焼き付けておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク