ハムスターの温度管理

ハムスターの冬の寒さ対策を紹介!床材の量、動物用ヒーター、エアコンを使い分けよう。

2019年10月3日

冬にハムスターの寒さ対策をするとなったとき、何度くらいから対策をはじめなければいけないのでしょうか?暖房を入れれば簡単ですが、なるべく電気代は節約したいですよね。

今回はそんなハムスターの冬の寒さ対策や寒さを感じているときの行動など詳しく紹介していきます。

ハムスターに適している温度は?

ハムスターの寒さ対策

ハムスターに適している温度は18度~27度と、日本の冬の寒さと夏の暑さのどちらにも適応することは出来ません。

野生のハムスターは冬に温度が10度を下回ると冬眠を行いますが、飼育下では栄養をたくさん摂取させて太らせておくなどが出来ないため、準備不足で死に至ることがほとんどです。

そのため、冬は冬眠を防ぐためにも寒さ対策はしっかりと行う必要があります。

飼育難易度が上がるため、冬から飼育し始めるのはおすすめできません。春から始めるのが一番おすすめです。

温度が低くなった時の行動

ハムスターは寒さを感じると震えたり、巣箱に床材を敷き詰めて、出てこなくなります。

こうなると危険な状態の一歩前ですので、早めにヒーターや暖房を入れるなど、寒さ対策が必要になります。

何度になったら寒さ対策が必要?

20度を下回ると寒さを感じるようになります。冷え込む夜間の温度に注意をしておきましょう。

室温とケージの温度は異なりますので、ケージ内の温度管理は徹底して行い、天気予報も忘れずにチェックしてくださいね。

ハムスターの冬の寒さ対策

それでは、ハムスターの冬の寒さ対策について紹介していきます。

紹介する寒さ対策

  • 手作りで緊急対応
  • 床材を厚めに敷く
  • 小動物用のヒーターを設置する
  • エアコンを使う
  • ケージを金網ではなく水槽にする

急激な温度の変化には弱いので、電源を切った時に温度が急激に下がるこたつの中やストーブの前、短時間しか暖められないカイロや湯たんぽの使用はさけておきましょう。

手作りで緊急対応

急に冷え込んできて、ヒーターなど冬対策グッズがそろっていないときは家にある物で工夫をしましょう。

効果的な方法はケージがすっぽりと覆えるくらいの段ボールをかぶせて、上から毛布をかぶせてあげることです。100均で販売されている断熱シートがあると、さらに保温効果が上がります。

靴下やタオルなどの布製品をいれると、万が一にも囓って食べてしまう可能性があるので、いれるのはやめておきましょう。

床材を厚めに敷く

ハムスターの冬の寒さ対策

野生のハムスターは気温が低くなると巣穴にたくさんの葉っぱをいれて暖めようとします。飼育下でも、全身が埋まるくらいまで、たくさんの床材を入れてあげましょう。

ティッシュペーパーや綿はハムスターが食べてしまったとき消化できないため、床材を食べる癖があるハムスターには向きません。

ハムスターの床材についてはハムスターにおすすめの人気の床材を紹介!必要な量や交換頻度、床材にはどんな種類があるの?で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

小動物用のヒーターを設置する

ハムスターなどの小動物向けの保温は、ケージの下にパネル式のヒーターを設置して、床を暖める方法が一般的です。火事の心配はありません。

ヒーターには温度が上がりすぎないようにする機能がありますが、ケージの全面を暖めると暑いときに逃げ場がなくなるため、ケージの半分くらいを暖めるくらいがちょうどいいです。

ハムスターが休憩する巣箱の下を暖めてあげてくださいね。

ヒーターの表面の温度は40度ほどになります。ケージ内の温度は室温+5度くらいに出来ますので、室温が13度~20度の時に使うと良いですよ。

夜間は冷え込むので、毛布でケージをくるんであげましょう。

ハムスターのヒーターについてはハムスターにおすすめのヒーターを紹介!ヒーター別の特徴を知って使い分けよう!で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

エアコンを使う

室温が平均して15度を下回る冬になったら、ヒーターでは対応しきれなくなるので、エアコンを稼働させる必要が出てきます。

少しでも10度を下回ると冬眠して死ぬ可能性があるので、早めに稼働させることを検討してください。暖房なしで日本の冬を安全に乗り切ることは困難です。

ケージを金網ではなく水槽にする

冬の間は風通しがいい金網タイプのケージではなく、保温性が高いガラス製の水槽に移動させるのがおすすめです。

エアコンやヒーターは必要になりますが、保温機能が上がるため、電気代の節約になります。

冬に病院に連れて行くには?

寒い冬にハムスターを外に連れ出すときは、保温性がある紙袋にキャリーケースを入れて、ケースの下には2個ほどカイロを置いておきましょう。

床材もたくさん入れておいてください。

ハムスターの冬の寒さ対策についてまとめ

ハムスターの冬の寒さ対策

今回はハムスターに適している温度と冬の寒さ対策について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

冬はハムスターの状態と気温を確認しながら、床材の量を増やす→動物用のヒーターを入れる→暖房をいれると徐々に対応していってください。

少しでも10度を下回ると冬眠をしてしまい、危険な状態に陥ってしまうので、早め早めに準備していきましょう。

関連記事
ハムスターに適している温度と湿度を紹介!飼育ケージを適温にする方法は?

ハムスターの生息地は日本とは異なり、年間を通して暖かく、乾燥した地域に生息しています。そのため、飼育をするときには温度と湿度の調節が必要です。 今回はそんなハムスターに適している温度や湿度を紹介し、温 ...

-ハムスターの温度管理

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.