ダンゴウオ(フウセンウオ)はどんな魚なの?詳しい特徴や生態、飼育方法を紹介します。

ダンゴウオは小さくてかわいい姿と泳ぎ方からダイバーや水族館のアイドルとして親しまれている海水魚です。

今回はそんなダンゴウオについて特徴や生態、飼育方法を詳しく紹介していきます。

ダンゴウオ(フウセンウオ)とは?

ダンゴウオ

ダンゴウオはカサゴの仲間で、丸い体が団子のように見えることから名付けられました。和名ではフウセンウオとして呼ばれています。

体には小さな突起があり、背びれが2つあります。左右の胸びれは一つになっており、大きな吸盤になっています。泳ぐのは苦手ですが、この吸盤で石にくっつくことで流れの速い場所でも生息することができています。

可愛い見た目と赤、青、黄、緑、ピンク、紫、茶、白色など豊富なカラーバリエーションが特徴的です。特に赤ちゃんの頭部には白い輪のような模様が入っており、天使の輪と呼ばれているんですよ。

ダンゴウオの生態

ダンゴウオ

ダンゴウオは低水温の環境でしか生きられないため、冬から春のかけて寒い時期にしかみることができません。ダンゴウオの仲間は10種類もおり、日本の各地域でそれぞれのダンゴウオを観察することができます。生息地も幅広く、浅瀬から水深20mの暗めの場所でも生息しています。

夜行性のため昼間は日光の当たらない岩場やコンクリートの隙間、海藻の近くに隠れており、夜になると捕食のために泳ぎだします。泳ぎは苦手なので、海藻や底砂など何かにくっつきながら滑るように泳ぎます。

かわいい顔に似合わず、結構な肉食性でワレカラやヨコエビなど1cm以下の甲殻類を食べています。

スポンサーリンク

タンゴウオの大きさと寿命

ダンゴウオ

人気のあるダンゴウオの大きさは最大でも4cmです。成魚では平均すると1cm〜2cm、赤ちゃんだと3mm〜5mmのとても小さな海水魚です。

寿命も短く平均で1年〜2年しか生きることができません。長生きさせるためには食いつきのいい生き餌と水温の維持がかかせません。

巨大になる種類もおり、ランプフィッシュと呼ばれるダンゴウオの仲間は最大で60cmを超える中型の海水魚になります。

ダンゴウオの飼育方法について

ダンゴウオ

ダンゴウオは低水温を好む特殊な生態から、飼育がとても難しい海水魚です。低水温を維持する設備はないため、独自で作成する必要があります。

値段と販売場所

ダンゴウオの生体の値段は1万円前後で販売されています。飼育の難しさから販売されている量も少ないので、時期によってはまったく見つからないこともあります。

販売場所はチャームや竜也などのネット通販で探してみるといいですよ。

水槽と周辺器具

ダンゴウオは体がとても小さいので最小の20cm水槽から飼育することができます。なにかにくっつくと落ち着くので、ライブロックやフジツボなどの隠れ家を1個は置いてあげましょう。

まわりの環境に合わせて体色を変えるので、赤色にしたいときは周りの環境も赤色にしてあげましょう。

夜行性のため、蛍光灯は昼光色ではなく、光量が小さいブルーライトがおすすめです。観察したいときは周りを暗くして、小さな灯りで照らしてあげましょう。

適している水温と水質

ダンゴウオ

ダンゴウオに適してる水温は15度〜20度であり、低すぎても高すぎても元気が無くなってしまいます。

水槽の冷却に最も適しているのは水槽用クーラーですが、最大でも5度くらいしか下がらないので、夏場にこの水温をキープすることはできません。

冬だけなら問題ありませんが、年間を通してダンゴウオを飼育するためには小型の冷蔵庫を改造して、前面をガラスに、中に水槽を入れることで水温を保つ必要があります。

おすすめの餌と与え方

ダンゴウオは肉食性が強いので、人工飼料を食べることはほとんどありません。

基本的には小魚やエビなどの生き餌が中心になるので、海水魚専門店で入手する必要があります。慣らすことでオキアミやホワイトシュリンプも食べてくれることがありますが、食いつきはよくなく衰弱してしまうため、生き餌が必要になってきます。

混泳について

ダンゴウオは低水温で生活しているので、その環境に耐えられる魚は少なく、泳ぎが苦手で餌を奪われることが多いので、混泳向きではありません。

とてもおとなしい性格で群泳することはできるのでダンゴウオを複数入れてあげましょう。

まとめ

ダンゴウオ

ダンゴウオはとても可愛い姿で自分でも飼育してみたい!と思う方はたくさんいますが、その難易度から踏み切れる人は多くはいません。

相当な電気代や手間をかける必要があるので、まずは冬から飼育を始めて、ダンゴウオ愛を高めていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク