ホンソメワケベラってどんな海水魚?海の掃除屋、性転換、高い知性など不思議な生態と飼育方法を紹介!

ホンソメワケベラは他の魚についた寄生虫を食べる海の掃除屋として知られており、水族館の大型魚用水槽でもよく見られる生き物です。その姿をよく見てみると、綺麗でかわいい顔をしており、観賞魚としても人気があります。

今回はそんなホンソメワケベラの生態や特徴、そっくりな偽物、天敵、値段、餌など飼育方法について紹介していきます。

ホンソメワケベラの特徴

ホンソメワケベラの飼育

ホンソメワケベラはスズキ目ベラ科カンムリベラ亜科に分類される海水魚です。英名ではLabroides dimidiatusでラブロイデスディミディアトゥスと言います。

生息地は太平洋やインド洋の広大な海域に分布しており、どこの海でも見かけることが出来ます。

幼魚の頃は黒色をベースに青色のラインが入っていますが、成長すると白色をベースに黒色のラインへと変色していきます。

ブダイの仲間と同じように、寝るときにはサンゴや石の隙間に入り込み、体の周りを薄い粘膜で包むことによって身を守ります。

全てのホンソメワケベラはメスの性別で生まれてきて、グループ内でもっとも大きな個体がオスに性転換して繁殖することができます。クマノミの仲間も同様の性転換の仕組みがあり、オスのグループで一番大きな個体がメスになります。広大な広大な海域で相手に出会うのが難しいので、このような繁殖形態をとっていると考えられています。

体の大きさは最大でも8cmと小型魚です。寿命は平均して3年になります。

海の掃除屋、ホンソメワケベラの生態

サメ

ホンソメワケベラはとがった口先で、他の魚の体表や口の中についている寄生虫やゴミ、粘膜、粘液を食べることから、海の掃除屋として知られています。

寄生虫を食べてもらうのはとても気持ちよく、他の魚もそれを知っているので、食べられることは無く、天敵はいません。獰猛な肉食魚であるウツボやサメの口の中でも関係ありません。

本種と似ている偽物の魚にニセクロスジギンポという魚がおり、ホンソメワケベラモドキと呼ばれることがあります。ホンソメワケベタに擬態して他の魚に近づくことで、ヒレや皮膚などを囓りとって食べてしまう肉食性の魚です。

違いはホンソメワケベラは口先が前を向いていますが、ニセクロスジギンポは下を向いているので、注意深く観察することで見分けることが出来ます。

スポンサーリンク

ホンソメワケベラの高い知能

生物の知能を測るためにミラーテストと言われる、鏡に映った姿を自分と認識できるのかの実験を行います。

方法は体に今までついていなかったマークをつけることで、それを触ろうとしたり気にする様子が出てくるかどうか観察する方法です。

サルの仲間やイルカなど高い知能があると知られている生き物しかその行動をとりませんでしたが、ホンソメワケベラも鏡を見ながらマークを気にする様子が観察されました。

寝るときに粘膜を張ることから、体に寄生虫がついているかどうか気にする能力があると考えられており、魚でも高い知能があると判明し、新たな研究が進み出すきっかけを作りました。

ホンソメワケベラの飼育方法について

ホンソメワケベラの飼育

ホンソメワケベラは人工餌への餌付けが大変ですが、病気などにもかかりにくく、そこさえクリアできれば飼育は難しくありません。

複数の海水魚を飼育している水槽で、掃除役として入れるのがおすすめです。

飼育に必要な水槽と器具

ホンソメワケベラは小型の海水魚ですが、遊泳力があるので、横幅で最低でも60cmの水槽が必要になります。他の魚と混泳させることが多いので、90cm水槽か120cm水槽での飼育が一般的です。

ろ過フィルターは60cm水槽だと上部式フィルター、90cm以上の水槽ではオーバーフロー式を使いましょう。蛍光灯は光量が強い2灯式のものを使うと、綺麗で鑑賞が楽しくなりますよ。

水槽からの飛び出し事故が多いので、隙間がないようにしっかりと水槽の蓋をしておいてくださいね。

・水槽
・ろ過フィルター
・ライト
・海水魚用の底砂
・水槽の蓋

水槽のレイアウト

ライブロック

ホンソメワケベラは寝るときに岩の隙間に入り、体の周りを膜に覆う習性があるため、ライブロックやサンゴなどをいれて寝床を作る必要があります。

水槽内をせわしなく泳ぎ回るので、水流は強めにしておきます。

値段と販売場所

ホンソメワケベラの値段は500円~1500円で販売されています。

人気の海水魚ではないので、販売しているお店は簡単には見つかりません。海水魚に力を入れているペットショップか、なければネット通販を利用しましょう。

餌付けが大変なので、最初から人工餌に餌付けされている個体を購入しておくと、その後の飼育が楽になりますよ。

適している水温

ホンソメワケベラに適している水温は22度~27度と低めの水温を好んでいます。

冬は水中用のヒーターを設置して、30度を超える夏は冷却ファンで水温を下げてあげましょう。

おすすめの餌と給餌方法

ホンソメワケベラの餌付けは大変ですが、慣すことで他の海水魚と同じように人工餌を食べてくれるようになります。

口先が小さいのメガバイトレッドなど小さい粒状の餌を与えましょう。食べてくれないときは冷凍餌であるホワイトシュリインプなどのエビ類のものが食いつきが良くおすすめです。

同居している海水魚が多くても、餌不足になりやすいため、しっかりと餌を与えるようにしてください。

餌の頻度は1日2回、朝と消灯の1時間前に与えてくださいね。

混泳について

キイロハギとクマノミ

ホンソメワケベラは他の魚からも掃除屋として認識されているので、小型魚から大型の肉食魚までどのような相手とも混泳することが出来ます。

特に中型魚の飼育数が多い水槽では魚の体を綺麗にしてくれるクリーナーフィッシュとして重宝されています。

しかし、体が8cmとまあまああるので、クマノミなど小型魚と混泳すると、主役を奪うほど存在感が出てきてしまいます。どの魚を主役にするのかは決めておきましょう。

ホンソメワケベラについてまとめ

今回は海の掃除屋さんとして知られているホンソメワケベラについて紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

掃除屋だけではなく、性転換、寝るときに粘膜を張る、高い知能を備えているなど、珍しい力をたくさん持っている不思議な生き物です。それを真似する偽物まで出てくるほど・・

観賞魚としても一般的で、他の魚の体を綺麗にしてくれるクリーナーフィッシュとして飼育されることが多いです。

餌付けが難しいので、餌不足で餓死してしまわないようにだけ注意しておきましょう。

すでに海水魚を飼育している方にとっては最高のタンクメイトですので、興味を持たれた方はぜひ飼育に挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク