ハムスターの病気

ハムスターの目やにの原因は?綿棒で拭き取るか、目を開けない時は病院へ

ハムスターが顔をかく様子はよく見かけますが、しっかりと見てみてみると目やにや涙が出ていることがあります。初期症状であれば問題ありませんが、目が傷ついていたらすぐに病院に連れて行かなければなりません。

今回はそんなハムスターの目やにの原因や対処方法について詳しく紹介していきます。

ハムスターの目やにの原因

ハムスターの目やに

ハムスターは結膜炎によって目が炎症することで、目やにや涙を出すようになります。

目やにが出る原因は大きく分けて3つあります。

チェックポイント

  • 目にゴミが入った
  • 目が傷ついた
  • ウッドチップなどの床材アレルギー

目にゴミがはいった程度であれば、1日だけ目やにが出る程度ですが、ゴミを取り出すときに眼球が傷つくと、目の内側が赤色に炎症し、しきりに目を前足でかくようになります。

さらに進行すると目を開くことが出来なくなり、どんどんストレスがたまって元気がなくなったり、ぐったりしてしまうので、早めに対処しなければいけません。

ハムスターに目やにが出たときの対処方法

目やにを綿棒や濡れティッシュで拭き取る

目を気にしている様子がなく、寝起きで少し出ている程度であれば、少しゴミが入っただけかもしれません。濡れたティッシュや綿棒の先端を軽く湿らせて、拭きとってあげましょう

水道水が目につくと傷つけてしまうので、塩分濃度9%の生理食塩水を使います。水500mlに対して、塩4.5gをしっかりと溶けるまで混ぜてください。

1週間程度は観察をして、再び目やにが出ないかを毎日観察してください。

床材を交換する

ウッドチップや牧草などの床材は、ハムスターによってアレルギーの症状が出ることがあります。木製の巣箱も同様です。床材が古い場合には、新しいものに交換するだけで治ることがあります。

まずは床材を新品に交換し、目やにがおさまらなければ、紙製の床材に交換してあげましょう。

一時的であればティッシュペーパーや新聞紙でも代用できます。ハムスターの床材で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

病院に連れて行く

ハムスターが目をしきりに気にして、何度もかいているようなら、すぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

病院に連れて行くときは、小動物専用のケージにハムスターを入れます。寒い冬には床材をたくさん入れてカイロで保温しておきましょう。

病院では炎症を抑える点眼薬をもらうことが出来ますので、点眼方法を獣医さんにしっかりと聞いておきましょう。

治療費は診察費で1,000円~2,000円、薬代で1,500円~2,000円ほどを見ておくと良いですよ。

ハムスターの目やにについてまとめ

今回はハムスターの目やにについて紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

床材が多い環境では目にゴミが入ることが多く、目やにになることは多いですが、しきりにかく様子がなければ、そこまで心配する必要はありません。

いつもと様子が違うな?と感じたらすぐに病院に連れて行けるようにしておいてくださいね。

関連記事
ハムスターがかかりやすい9種類の病気について紹介!病気の症状や原因、対応方法はどうする?

ハムスターは床材の交換を忘れてしまうなど、飼育環境が悪化することで病気にかかることがあります。 今回はそんなハムスターの病気の症状と対策について、皮膚、口、目、耳、目、お腹など場所別に紹介していきます ...

-ハムスターの病気

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.