60cm水槽用品

アクアリウムにおすすめの60cm水槽を紹介!重さの計算方法や周辺設備は?

60cm水槽はアクアリウムでもっとも一般的な水槽のサイズです。水槽は大きく感じるかもしれませんが、水量が多いため、水質悪化が進みにくく、飼育難易度がかなり下がります。 今回はそんな60cm水槽の重さや計算方法、飼育できる熱帯魚、周辺設備、おすすめ商品など紹介していきます。 ▼タップできるもくじ 60cm水槽で飼育できる熱帯魚飼育数の目安飼育できる熱帯魚例60cm水槽の重さと水量おすすめの60cm水槽水槽セットフレームレス水槽曲げガラス水槽ワイド水槽(奥行き45cm)スリムタイプ水槽ロータイプ水槽ハイタイプ ...

水槽のヒーターの使い方!おすすめ商品や設置位置、電気代、寿命はどのくらい?

水槽のヒーターの種類は多く、特に悩ませてくれるのがW数の多さではないでしょうか。他にもメダカ用や熱帯魚用、温度調節機能、安全カバー付きなどさまざまな商品が発売されています。 今回はそんな水槽用のヒーターについて選び方や使い方、電気代の目安、おすすめ商品、故障の原因など詳しく紹介していきます。 ▼タップできるもくじ 水槽用ヒーターの使い方ヒーターの設置位置温まるまでの時間ヒーターを隠す方法ヒーターはいつからいつまで使う?水槽用ヒーターの寿命は1年水槽の大きさとヒーターのワット数、電気代は?おすすめの水槽用ヒ ...

おすすめの上部フィルターを紹介!水流を弱くする方法や、ろ材を増やしやすい商品は?

上部フィルターは水槽の上にろ過槽を置くフィルターで、60cm~90cm水槽で定番です。 ろ過力高く、値段が安くて設置が簡単な一方で、音がうるさかったり、水流が強いためすべての熱帯魚で使いやすいものではありません。 今回はそんな上部フィルターのメリットやデメリット、おすすめ商品について紹介していきます。 ▼タップできるもくじ 上部フィルターとは?上部フィルターのメリット値段が安い掃除が簡単高いろ過力酸素量が多い上部フィルターのデメリット音がうるさい水流が強いフレームレス水槽に使えないおすすめの上部フィルター ...

おすすめの外掛けフィルターを紹介!エアーレション力や水流の強さは?

外掛けフィルターは熱帯魚の飼育では定番のろ過フィルターで、適度な水流を発生させたり、エアレーションを出したり、ゴミを除去したりと、小型水槽で十分なろ過力を発揮してくれます。 今回はおすすめの外掛けフィルターやメリット、デメリットなどの特徴について紹介していきます。 ▼タップできるもくじ 外掛けフィルターとは?外掛けフィルターのメリットレイアウトの邪魔をしない適度に水流を発生させる十分なエアレーション掃除が簡単外掛けフィルターのデメリット音がうるさい水位が必要ろ材が増やしにくい水草の育成に適していないおすす ...

Copyright© Woriver , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.