ウーパールーパー

ウーパールーパーが成体(大人)になる条件と飼育方法を紹介!上陸後の注意点は?

2019年6月25日

ウーパールーパーは成体になると、かわいい姿はどこにいったの?と思うほど気持ち悪い見た目に変身してしまいます。ただ、通常の飼育環境で成体になることはほとんどありません。

今回はウーパールーパーが成体になる条件や成体の飼育方法など詳しく紹介していきます。

ウーパールーパーの成体の特徴

ウーパールーパーの成体

ウーパールーパーはエラがついている幼体のまま繁殖ができる特殊な両生類です。この生態系をネオテニー(幼形成熟)といいます。

ネオテニーには一切変態をしない「完全ネオテニー」、自然下では変態しないが人工的に変態させられる「通性的ネオテニー」、自然下でもまれに変態する「偶発的ネオニテー」に分類されます。ウーパールーパーは通性的ネオテニーです。そのため自然と成長して大人になることはありません。

成体へ成長するとエラや水かきはなくなり、体はツルツルとしてイモリのような見た目になります。好みにもよると思いますが、幼体の頃のかわいさはどこにいったのやら・・と思うほどの気持ち悪さがあります。

ネオテニーになると陸に上がり、肺呼吸をするようになります。

カエルルで例えると、幼体の頃はオタマジャクシ、成体はカエルと思うとわかりやすいですね。

ウーパールーパーが成体になる条件

ウーパールーパーの成体

ウーパールーパーを成体にする方法を紹介していきます。偶発的になることが多く、確実に成体にする方法はありません。もともと成体になる生き物ではないので、変態することで寿命は短くなると思っておきましょう。

成体を狙うときはホワイトやマーブルなど基本種にしておきます。ウパルパやショートボディなどはそのまま死ぬ危険性が高いですよ。

水にヨウ素をいれる

両生類は脳下垂体がホルモンを分泌し、甲状腺に蓄積されることでサイロキシンという物質を作り出され、その量が一定以上になると変態(大人になる)が行われます。

そのため、サイロキシンという物質の生成を促するために、理科の実験でよく使われるヨウ素を水中に入れて、吸収させる方法が効果的です。ヨウ素はアマゾンやホームセンターで販売されていますよ。

水槽の水を徐々に減らす

確率はとても低くなりますが、水槽の水を徐々に減らして陸地を増やしていくことで、成体になることがあります。水が少なくなる過程でホルモンの分泌が進んでいきます。

ウーパールーパーの成体の飼育方法

ウーパールーパーの成体

ウーパールーパーは体は成体で生きていくことに適していないため、飼育はとても難しいです。飼育環境自体はカエルなどの両生類と同じです。

成体の販売

ウーパールーパーの成体は販売されていないので、幼体を購入してから、自分で変態させる必要があります。

幼体は気温が暖かくなる4月ころからホームセンターなどで500円~1,500円で販売されていますよ。

ウーパールーパーの値段についてはウーパールーパーの種類別の値段はどのくらい?販売場所や飼育にかかる費用を紹介!で詳しく紹介しています。

飼育に必要な物

ウーパールーパーの成体を飼育するための環境は、幼体のころと比べると陸地が必要になるので、たくさんの床材と陸地を暖めるヒーター、陸地での隠れ家が必要になります。

反対にろ過フィルターは必要ありません。

初期費用では1万円もあれば十分ですよ。

必要なもの

  • 45cm水槽
  • 蛍光灯
  • シェルター
  • ヒーター
  • 床材
  • 水槽の蓋

水槽のレイアウト

レイアウト

※レイアウトはカエルを飼育する環境と同じです。

ウーパールーパーの成体は陸地と水中の二つが必要です。陸地にいることがほとんどですので、床面積の2/3ほど占めるようにしておきます。

陸地にはミズゴケやソイルなど保湿性の高い床材を入れ、水の水位は泳ぎが苦手なので、顔を簡単に出せるくらい浅くしておきます。

適している温度

ヒーター

ウーパールーパーの成体に適している温度は幼体と同じく18度~26度です。

成体は陸地にいるため、爬虫類用の飼育で使われるパネル式ヒーターなどをケージの側面に貼り付けて、空気中を暖める必要があります。

おすすめの餌

コオロギ

ウーパールーパーの成体はコオロギやミミズなど小型の昆虫を食べています。変態すると食生活がわかり、肉食性が強くなるため、その頃に食べていた餌を食べてくれるとは限りません。

飼育下での餌は爬虫類ショップやネット通販で販売されているSサイズのコオロギを与えましょう。固い足は嫌がるので、与える前には取り除くようにしておきます。

慣れてくると人工飼料も食べてくれるので、ふやかしてから与えてみてくださいね。

ウーパールーパーの成体についてまとめ

今回はウーパールーパーの成体の特徴や飼育方法について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

成体の見た目はなかなかに気持ち悪く、そのショックは今でも忘れることが出来ません。ただ、成体に自然となることはないので、心配する必要はありません。

大人になることに適している体ではないので、飼育はとても難しく、キモカワイさが好きな人であれば、狙ってみるのもいいかもしれませんね。

-ウーパールーパー

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.